« 久々にスキーの話新しいゼッケン | トップページ | Netの皆さん みつけましたよ »

スキーの話が無いので息子サッカーの話

一昨日新宿に出た帰りに、例の京王の京料理、光悦で2ヶ月振りに食事をしました。

時々孫たちと焼肉など食事はしますが、息子と家内3人での食事は、珍しいことです。

話はパソコンの話にはならず、孫の話になりました。

もちろんサッカーの話です。

私はコーチをしていると言う、話が面白く、根ほりはほり聞くんです。

どうも技術指導でもやることはやるんですが、マネージャのようです、底辺組織が大きく、会場設定交渉や、

移動の車の配車、20人以上いると、移動は車だけでも5台は往復確保しなければならず、グランド以外の仕事が多く、

大人が何人か協力しないと、クラブが成り立たないのです。

もちろん練習もするんですが、組織を動かす仕事が結構多いようです。


どんなスポーツクラブでも、強くするには『マネージメント』がだいじなんですね。


この人材が、一番不足している、審判が出来れば、小手先ではない、強くなると思うんです。


例えばライン引き用の石灰だけでも、「3袋は持って行け」など(笑)


息子のはまり様に驚いたのが、未だ参加して半年も経たないのに、

「審判試験を受けようかな」と言いながら試験問題集を見せるのです。

私にはチンぷんカンプンですが、チラッと目を通したんです。


テストは、4級と言っても相当なものです、やはり一番足りないのが、子供たちの

試合の、「公認審判」が足りないことだそうです。


かれも1年ほど様子を見てからと思ったそうですが、受けてみようと、勉強を始めた

といいます。



先ほど電話して「あのテストメモのコピーを送ってくれないか」と言ったところ。

「そんなのは検索で出るよ」と言うことで。


「サッカー4級審判試験問題、、、」で検索してみたんです。


10問ありますが5-6問題だけで、わずかですが貼り付けて見ますか。

サッカーファンの貴方は分かると思いますが。

かなりなものですね。

受かると良いですね。

例え趣味でも、人様の役に立つことって、あるものですね。

圧倒的に足りないと言うことは、親はテストを受けてまで、協力しないと言うことです。

受かれば、重宝がられるのでは?。

さて。

問題5 次の反則のうち、直接フリーキックとなるものは「直接」を、間接

フリーキックとなるものは「間接」を選びなさい。(2点×10)

 (1)相手をける、またはけろうとする。


 (2)相手をつまずかせる、またはつまずかせようとする。


 (3)危険なプレーをする。

 (4)味方競技者によって意図的にGKにキックされたボールを手で触れるか
手でコントロールする。

 (5)相手に飛びかかる。

 (6)GKが保持していたボールを離した後、ボールがハーフウェイラインを

越える前に、または相手側によって触れられるかプレーする前に、味方競技者から
ボールを受ける。


 (7)肩によるものも含めて、相手をチャージする。

 (8)相手につばを吐きかける。

 (9)自分のペナルティーエリア内のGK以外が、相手がボールをキープして

いるときに、スライディングタックルをする。

 (10)自分のペナルティーエリア内のGK以外が、ボールを手で意図的に扱う。

問題6 次の反則のうち、イエローカードのものは「Y」を、レッドカードのものは
「R」を選びなさい。(2点×10)


 (1)相手競技者あるいはその他の者につばを吐きかける。

 (2)意図的に手でボールを扱って、相手チームの得点あるいは決定的な得点の
機会を阻止する。(自分のペナルティーエリアにいるGK以外)

 (3)繰り返し競技規則に違反する。

 (4)著しく不正なプレーを犯す。

 (5)反スポーツ的行為を犯す。

 (6)言葉または行動によって異議を示す。

 (7)コーナーキック、キックイン、フリーキックまたはゴールクリアランスでプレーを
再開するとき、規定の距離を守らない。

 (8)主審の承認を得ずピッチに入る、または復帰する、あるいは交代の手続きに
違反する。

 (9)攻撃的な、侮蔑的な、あるいは口汚ない発言をする。

 (10)フリーキックあるいはペナルティーキックとなる違反で、ゴールに向かっている
相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する。




子供たちにサッカークラブに入れれば強くなる、そうではなく問題は不足人材をいかに
確保できるかが、子供たちを強くできるか?の決め手になる。


これを目のあたりにしたときに、

「俺がやらなければ」と使命感?が沸いてきたようです。

毎週の土日、祭日、学校の休暇日。並みの勤め人では出来ないのです。ボランテア
ですからね。


人任せでは子供は強くならないのです。


私の場合は、自分でコーチを見つけます、当然何がしかの、お金は掛かりますが、
できる限り、掛からないしかも良い?コーチをつかむかです。

私なら強そうな人を見つけて頼み込むんです。

度胸は無料ですから、話しかけると嫌う人もいますが、何日か滑っているうちに、
大抵は、向こうから、私を強くしたいと言う気持ちが伝わってきます。

これは髭の生えた大人ですし個人競技ですから、できるんですが。

子供はむりですし、クラブごと強くするのは、やはり人材です。


サッカーファンの方、テスト100問パスできる方、子供たちの試合の数が1回でも増えますから

あなた一人が名乗り出れば、その分今までの方が手がすき。

余裕がもとるチームになります。

簡単だと威張る前に、例え月一度でも決まって出られれば、どんなに親、子供たちが喜ぶことか。

いくらパスできる力があっても、試験にパスしなければ、出来ないも同じです。(笑)



3-4ヶ月やってみて圧倒的に足りないのが「公認審判」と見たと言うんです。

これは日本中何処のチームでも同じでは。

東京で足りないんですから、地方ではなお足りないのでは?



息子は子供のサッカーを見はじめたのが、昨年秋のことです。

せめてゴールデンウイーク過ぎて受けた方が受かる確立が高いのではないか?(笑)

必要せまっての受験でしょうから、がんばってもらいたいですが。


私は記憶が駄目ですから、試験と聞いただけで逃げたいです。

えらくはまったものです、本気ですね。



サッカーのサの字もしら無いのに、いくら娘がやりだしたからといって、
「足りない審判」の試験に挑戦しようと言う、根性は『すごい』と思います

子供を褒めるのは、くすぐったいが、率直に認めたいです。

|

« 久々にスキーの話新しいゼッケン | トップページ | Netの皆さん みつけましたよ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキーの話が無いので息子サッカーの話:

« 久々にスキーの話新しいゼッケン | トップページ | Netの皆さん みつけましたよ »