« ススッて飲むことの嫌いな白人が1枚上か? | トップページ | 再びジャムに挑戦しました »

私の様に、掛かってから、泣き言を言うよりは

事前の注意がお宜しいようで。

■高血圧になりやすいかチェック

濃い味つけのものが好き
野菜や果物はあまり食べない
運動をあまりしない
家族に高血圧の人がいる
ストレスがたまりやすい
お酒をたくさん飲む
たばこを吸う
血糖値が高いといわれたことがある
炒めものや揚げもの、肉の脂身など、あぶらっぽい食べ ものが好き

チェックの数が多いほど、高血圧になりやすいので、注意が必要です。


私の場合、3ヶ所しかひっかから無いのですが、加齢のせいでか、軽かったのですが脳梗塞に掛かったのです。

野菜もよく食べていたし、運動はやりすぎ、ストレスは0に近い。

加齢と塩ですね。

80にまでは、まだ有るなんて考えていては、そのときからでは遅すぎます。

2年前に坐骨神経痛になったときに、減塩に気が付いていれば、辛くもさけられたのでは?

このブログをお読みの多くの皆さん、濃い味付けに御注意を。

自炊があるなら、出来ることなら、出汁に真昆布を、早い話「カリュウム」を沢山取ると体内から塩が排出されますとさ。

鍋や、味噌汁煮物などには、「そんなに入れるの」と言われても、「投資ですから」と言って笑い飛ばせば、、、、、年金になる前から、めん類の汁は残す事もね。




>体液のナトリウム濃度が高くなると、濃度を薄めようとして水を取り込み体液の量が増えてしまうので血管が圧迫され血圧が上がってしまいます。

「カリウム」にはナトリウムの腎臓での再吸収を抑制して尿中への排出量を増加させることにより血圧を降下させる働きがあります。

また細胞膜にあるNA+,K+,-ATPaseの活性を上昇させて、末梢血管を拡張させることによって血圧を下げる働きもあります。




年金生活になってから、高血圧を下げるには、タバコをやめる2倍の精神力か、月に6千円のサプリメントか薬代を要求されます。

老後の月6千円は払えるは、と思いきや、他に月に1度の検診料が2千円、

これに無駄な待ち時間。

一番大きいのが行動制限。


このお金を真昆布か黄粉に先行投資したら、株よりはるかに儲かります。(笑)私は株も大好きです。

黄粉は砂糖が気になりますがね、カリュウムは結構あります。


メタボ対策と高血圧対策は似ていますね。


薬は特許ですから、大量生産では安くなりません、生産者と国はぐるですから、しっかりやられます。


薬代が2倍に成ります、払った事が無ければ分からないですね、この値段は保険3割でです。

もっとも、薬屋で、処方箋の最初で『ジェネリック』(後発メーカー?)に印を付けると私の場合1000円安くなり、薬を一日1度に飲むと更に300円安くなりますので、先にこれを医者に聞く必要が有ります。

なぜなら、前回までは1度に飲んでいたからです。

今回はジェネリックですが、薬は効いているようです。





私のように、いくらスポーツをやっても、野菜を食べても、週1-2度の外食をやっていると

血圧が上がります。濃い味の好きな方は、7千円出してもオムロン?の血圧計に投資が先ず先決ですね。

薬、サプリメントに頼らず、高い方がいつも『130以下』なら天丼でも、みそラーメンでも、鰻でも安心?では。



濃い味が駄目と気が付いたら、すぐには切り替えられないので、

「真昆布」カリュウムで、まーこれですね。


他においしいカリュウムは「切干大根」ですよ、毎日かなりの量食べますか?。



他にも私のように、無塩パンを食べると現在では、大手パン屋の食パンで3倍取られます。

しかも私の所では、調布から府中まで買出しに出ないと買えません。

これが又外食につながります、悪循環になりますね。


メタボ防衛の砂糖ではなく粉末の「パルスト-イ」でのアベカワも効果的かも。

黄粉にもカリュウムは豊富にあります。

パルストーイは癌誘発の心配がある、と言う方も居ますが、Netでの検索では

出てきません。

むしろ塩と油タバコが、決定的に癌誘発の恐れが高いのです。


スキー仲間で、二人でタバコをやめて、100万の指圧器を買った方も居ます。


私はこのパルスト-イなどの懸念が有ることは確かですから、打つ手は打っています。

その手は、『椎茸を多く食べているのです』

さて。

>ガン予防に椎茸

椎茸の子実体といわれるかさには、エシチンという抗ガン物質があることが発見されました。子実体だけではなく、菌糸体にも、その成分中の多糖類に抗ガン作用があることもわかっています。

レニチナンは消化器等から吸収されないので注射で投与しなくてはいけませんが、菌糸体の抽出液は経口投与でも効果はあります。

またレンチナンはガンの発育を阻害させるだけではなく、ガンの発生を抑える作用があることもわかっています。これら多糖類が直接ガンを殺すのではなく、体の免疫機能を高めるからといわれています。

いずれにしても、椎茸は副作用もなく、ふだんからきちんと食べていればガンを防ぐ特効薬になるといえます。



ですから私達はゼンザイの前後には、なるたけ多く食べています。


朝は100パーセント「無塩パン」ですが、必ず「薄味」オイスターソースで野菜を煮て煮汁ごと食べています。

これにキクラゲか椎茸をいれるんです、時に赤ピーマンも二人で半分入れます。

椎茸は、パルストーイ等の癌誘発のバックNet?のつもりです。(笑)

|

« ススッて飲むことの嫌いな白人が1枚上か? | トップページ | 再びジャムに挑戦しました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の様に、掛かってから、泣き言を言うよりは:

« ススッて飲むことの嫌いな白人が1枚上か? | トップページ | 再びジャムに挑戦しました »