« 低カリュウムレタスだってさ | トップページ | 無糖 苺ジャムと豆乳ヨーグルト »

姫舞鶴草ー第2弾

山登りが大好きな、今はスキーですが、私は

植物も好きなんです、特に ケチなせいか、実が成る庭木が好きなんです。

例えば柿です、富裕柿という甘がきです、木で熟すまで生らせておくと、スーパーで買う柿とは比較にならない、糖度に成ります。

所が、鳥も食べにやってきます、早めに取らない限り、毎日鳥との争奪戦になりますが朝寝坊の 私たちが不利です、毎年20ヶは軽く鳥にやられますがまーまー150ヶは毎年収穫します。


最後の30ヶ程は孫が来て、ぜんぶ取っていきます。

孫なら、「取っただけあげるよ、全部持って行きな」。

おぼつかないかっこうで、脚立に登って、もぐのを脚立を抑えて手伝います。

一度なんか、暗くなって夜に来てね、下からライトで照らしながら採って行きました、ちゃんとあじを覚えていてね、「美味しかったでしょう」と聞くと「うん」あごを引きます。



柿はこの枝は伸ばしたくないと思われた枝には 5個も6個も実をつけてあります、この枝は伸ばした方が良いという枝には実を付けません。

沢山生らせた、こんな枝は孫のために何本か残しておきます。

この枝は元々切る予定ですから、孫にハサミをかして、ごっそり切らせて持ち帰らせます。

5ヶもなっている枝を切り落とすと、彼らにはかなり重いのか、目を丸くして喜びます。

と言う事で、柿だけではなく、ゆずも使いきれない程成りますし、食べないですが

金柑は完全に全部鳥の餌になります、金柑は今が旬ですかね。

それほど広い庭ではないですから、鉢植も好きです。


どうも旨く行きません。

スキーのせいですかね、鉢植えは夏の水が問題ですね、10日ずつ何度も家を空けますからね、特にスイスは2年間でしたが25日は家を空けます、

今年も航空券頼みました。


鉢植の夏は毎日水が必要ですから、頼んでは行くんですが、宛には出来ません。

特に私は高山植物が好きなので、難しいですね、日陰においてある鉢を見逃すんですね。

毎年挑戦する、高山植物があります、白根青い、です、日光の白根山が名前の元です。

これも難しいですね

一番長持ちしたのが3年でしたが、大抵次の年は、芽が出ません。

白根山は夏ブラッシングスキーに行く、丸沼ですね。

植木屋で売っては居ますが、育てるのは難しいですね、スキー仲間で水上で育てている方も居ますが、水上でも難しいです。

何かコツがありますね、どなたか東京で上手な育て方教えてください。

本当はもっと好きな花があるのです。


ブルーポピーですね、元はヒマラヤの高山植物で。これも時に売っていますが、何度挑戦しても駄目です。

売っている植木屋は色々言いますがね、全て失敗です、家内はソロソロ辞めなさい、と言いますが、あきらめ切れません。

後は色々挑戦するのですが、だいたい駄目です。

中でも、簡単だという、日本桜草これも、八ヶ岳のペンションから本物のやつをもらって来た

ものがあって大変良く5倍くらいに育ったのですが、3年でなぜか一気に消えてしまったんです。

否地するんですかね?。


所が今年の春、種がこぼれていたのか、たった1本芽が出て来ました。

花芽を、まさしく目をつぶってつみました、どうなる事やら。


そこで何とか強い?姫舞鶴草です。

Img_6426



此の花も強いとは限りませんが、今のところ4年目で何とか育っていますから私のところでは今年の夏を越せば長い方です。


山のあちらこちらで見ますので、なるたけ同じ条件に合うようにがんばっています。


ある時、S君らと山へ行ったときのことです。


何本かの舞鶴草を見つけ。

「大菩薩にはな舞鶴草のすごい大群落があってな、それはそれは見とれていたわけさ、」「ふーん」S君らはまったく興味を示さない、

もちろん花の名前も知らない、彼らにしてみればちっぽけな葉っぱが数枚。


「そのときは素晴らしかったぜ、鶯やホトトギスが鳴いていてよ。」

ここで知ったかぶりをして、ホトトギスの鳴き声って知っているか?」もちろん知る由も無い。鶯は知っているだろう」「それは幾らなんでも知っているよ、ホトトギスって如何泣くの?」「ホトトギスはな、 トウキョウト、特許、キョカキョクって泣くんだよ」

「まさかアハハハ」と言う事でチョン。

「ところでこの花何だっけ」と又聞いてみた「いやー忘れた」「だろう」「俺は花の名前や鳥のさえずりはまったく興味が無いから覚える気が無いんだよ、」「ならば忘れない覚え方が有るぜ」

「舞鶴、って言うところ知っているだろう」もちろん知っているよ」その舞鶴の

ガンペキにな、戦後自分の子供が復員してくるか来るかってな、毎日何年も我が子を待ってカンペキに立ち尽くした母がいたんだってよ」とそこまで話したとたん。


「俺は幾ら岩登りが好きだって、そんなガンペキ登りたくないよ」


これを聞いた僕は、暫く口をつぐんだ、その後そうではないよ、ガンペキが違うよ。

と説明しなおしたんですが、彼、この話で、舞鶴草を知ったと思うんです。

ほととぎすの方は信用していない、いやーおれも勘違いかな、駒鳥かも知れないな、ソウだったらごめんね。


と言う話でした、ちょっと面白くないですか。

このS君岩魚釣りが大好きでね、一度一緒にスキーの月山の裏山でしたよね。このときの話も面白いんですよ。

山やスキーの話ではないんですがね、行った事があるんです。


話とんで、岩魚と言えばね。

三叉かぐらに、レークサイドというペンションがあるんです、ご存知に方も居ると思うんですが、ここに自称「ゴリさん」という主人が居て、この方が岩魚ではなく、アユ釣り名人とこれも自称、この方のアユ釣りの話が面白くて良く聞いて、「山と渓谷」にその話を投稿したことがあるんですが。


見事?掲載されたんです、本が見つかったら出しますか?、このところブログ種が無いので。


と言う事は、私のエッセイは、長いと言う人も居ますが、営業誌で使えると言う事ですよね。
(笑)

|

« 低カリュウムレタスだってさ | トップページ | 無糖 苺ジャムと豆乳ヨーグルト »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

Doux blog Je l'ai trouvé en naviguant sur Yahoo Nouvelles. Avez-vous des conseils sur la fa?on d'obtenir énumérés dans Nouvelles Yahoo? J'ai essayé pendant un moment mais je ne semblent jamais y arriver! Merci [url=http://www.optimusdistribution.com/saclouisvuittonpascher.html]sac louis vuitton[/url] sac louis vuitton

投稿: sac louis vuitton | 2013/04/19 15:03

こんにちは 相変わらず朝が早いですね、

健康的ですね。

私は朝の4時半は、白河夜船です。

「俺そんな壁登りたくねえ」大抵のことや名前は忘れるんですが、

鮮明に思い出しますね、自分の名前を忘れても、不意打ちでしたから、忘れませんね。
でもこお言うのは試験に出ませんですたから。

子供達が、つずりかたをきらうんです。

私は国語は大嫌いでしたから。

未だにまちがえますが。

それがブログでの発信が好きになったんですから、読んでくれる人が居る喜びを知るのが遅かったです。

投稿: HIRO。 | 2013/04/17 11:44

おはようございます。 m(_ _)m


柿は私も大好きです。
茨城は柿の名産地でもあるんです。
シーズンになると、道端で
売ってるんですよ。

お孫さんも好きでいいですね。ヽ(´▽`)/

鉢植えは、私は食べれるものが
いいですね。(笑)。
今はブルーベリーですね。  

舞鶴草ですが、
大菩薩嶺にあるんですか。?
峠の茶屋には
以前は、よく行きましたが。
昔の500円札のモデルになった
景色があるとかないとか。・・・・

今度行ったら
見てみたいですね。


投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2013/04/17 04:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫舞鶴草ー第2弾:

« 低カリュウムレタスだってさ | トップページ | 無糖 苺ジャムと豆乳ヨーグルト »