« 花見の記事にスキーの手を入れる | トップページ | ミヤマ舞鶴草 »

韃靼蕎麦、-その2

雨の日が近ずきます。

先ほど韃靼蕎麦を検索したところ、妙な記事がありました。

参考までに、貼り付けます。

>ルチンを活かす技術革命
ダッタンそばにはルチンが豊富に含まれていますが、同時にルチンの分解酵素(ルチナーゼ)も持っています。この酵素は水を加えると活性化し、ルチンを瞬時に苦い成分「ケルセチン」に分解してしまいます。

ダッタンそば粉で麺やパンをつくろうと水を加えると、すぐにルチンが苦味成分ケルセチンに分解されてしまい、できあがった段階ではルチンがほとんどない代わりに苦味の多いものになってしまいます。

この問題を解決するには、ルチンをケルセチンに変えてしまう分解酵素ルチナーゼの活性を失わせる必要があります。長年の研究の結果、日穀製粉はこの分解酵素を活性化させない方法を発見し、

特許を取ることができました。ついに苦味が少なくて香ばしい、おいしいダッタンそば製品がつくれるようになったのです

この会社は、「日本穀製粉」 0120-25-4157


と有りました。


この間食べた「車屋」の蕎麦は お店で石臼引きと聞きましたが、蕎麦の色もそれほど黄色には見えませんでしたし、「次回は両方取って見ます」まったく苦味が無かったんです、色は更科蕎麦のような白ぽくは無かったのです、むしろ普通の蕎麦に近かったように思いました。

今度2度目に行ったときには、その当たりを聞いてみます。

ここが他の人と違うところなんですよね。(笑)


近くのそば屋に話すと、首を傾げていました「人のところにとやかく言うことは出来ないですがね」

現在私が蕎麦茶用に買っている、そば粉は、中国製と有りましたが、色はやや薄い緑色の、町田にある製粉?屋か問屋のものらしいですが、色は薄緑で合ってます。

味はまったく苦くは無く、煎りましたので、とても美味しい香ばしい味です。

只の韃靼そば粉で買ったんですがね。

苦味がなかったところを見ると、ケルセチンではないですね。

苦味はまったくありませんよ。(笑)さて、、、、、


所が「ケルセチンを検索すると、次に貼り付けます。



>ケルセチンの 【おもな働き】

*
強い抗酸化作用、抗ガン作用
ビタミンCの吸収を助ける
脂肪吸収を抑制する
抗炎症作用
check point :
ケルセチンといえばタマネギ。リンゴやソバにも。

ビタミンEより強い抗酸化 過酸化脂質・動脈硬化・血栓症・血行促進・心臓病
出典:

ケルセチンの【効果】

薬効成分としての効果説明 Web情報

ケルセチンは生活習慣病の予防・改善効果

  • 高脂血症(高コレステロール、高中性脂肪)動脈硬化
  • 高血圧
  • 血栓予防

活性酸素除去効果

プロポリスやイチョウ葉エキスの薬効成分のひとつ

ケルセチンは慢性の非感染性前立腺炎の治療に経口摂取で有効性が示唆されている。



この様に出ます。

と成ると「ルチン」と余り変わらない様にも思えますが、多くは玉ねぎの皮に含まれている様で、ちょっと手が出しにくい様な気がします。

乾燥させて煎じるんですかね?。皮なら既に乾燥しているのにね。


さて、ルチンが殆ど無くなるというけれど、どうして1日に80グラムの韃靼蕎麦で4週間でものすごい効果が、出るのでしょう。

ルチン効果ではなく、ケルセチン効果ですかね、これでは西洋医者は

進めないね、

結果的に効果が有れば良いのですがね?


プロポリスとは、ペニシリン相当以上の物で、蜂の巣?から取れるという。
以上と言うのは、悪玉菌は殺すが善玉菌は殺さないし、ペニシリンのように、聞かなくなる菌が出てこないと言う。

|

« 花見の記事にスキーの手を入れる | トップページ | ミヤマ舞鶴草 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韃靼蕎麦、-その2:

« 花見の記事にスキーの手を入れる | トップページ | ミヤマ舞鶴草 »