« 今日のアマちゃんに思う | トップページ | 19日実は今夜からスキーに行く予定だったのですが »

ブルーベリー、チャンドラーがやってきた

1週間待った、チャンドラーが付きました。

少し狭っ苦しいが植えました。

前に買った2本と比べると、3年ものと有りますが、一回り小さいです。

もしかすると前の2本は4年物かも?

縁日や、園芸センターでは、花が無いと売れないのでは?したがって3年物ではなく、4年ー5年の苗が出ているのでは、高いのは5500えんもするんですよ。
でもその年にいくらかでも、収穫ができる、送ってきた3年ものでは今年はまず収穫は出来ません。

Img_6488

花が3-4個咲いている物も、これに比べて前の2本は、しっかり?花は付いています。

納品書には3年ものと書いてあります、実が付くのは来年ですね。


柔らかなポットから抜くと、やや根が回っていて、しっかり固まっていて。

用土は100パーセントピートモスで、大変軽くて驚きました。

殆ど水分ガ有りません、それでも葉の先までピンとしていましたから、結構乾燥には強いのかも。

直感ですが、これなら根付が好いのでは?

送り先は。


土浦市、今泉、『大関ナーセリー』からでした。

Img_6487

苗3本しめて、込み込みで9000円払いました。


前の2本と比べると、苗は小柄だが中々良心的なお店ですね。

出来れば育て方のポイントのチラシが欲しかったですが。

水をやらずに済みますから、手抜きでも来年が楽しみです、今年植えておかないと、来年

実が欲しければ、4年物を買うことになります。


縁日で買った苗は土がえらい重かったので、鉢植のピートモスは使っていません。

もしかすると縁日で買ったやつは、地植えから掘り出したのかもしたがって今年が何年になるか分からないのでは、ましてや苗卸やからきたのでは訳が分からないのでは。

黒い重い土でした。

チャンドラーは実が大きいと言いますし後から調べると、やはり人気がたかいようです。

ですから買ったんですがさてさて来年のお楽しみ。

昨日息子が来て、車の話をしたら。

「お父さん高くてもね、ハイエースだよ」

多分90歳迄乗ったとして、最後の車になるよ。


「どうして」と聞くと「結果的には安上がりに成るよ。

たくさんの友人が仕事で使っていて、

「皆さん先に安いのを買って、失敗して次はハイエースになる。

プロは、維持費が掛かっては仕事にならないからね。」


「それではやっぱりハイエースにしようかな」


「お父さんが好きだと言う車、色は、三叉神樂のレークサイドロッチでもグリーンを買ったよ」

駅の送迎用に買ったらしい。


ここのご主人は私も知っているロッジの、前のご主人の「ゴリさんのロッジ」

あの娘と同じ色が好きだとはね。

その親父は元山屋で両足先を凍傷で切断していて、やはり昨年私が習った、鈴木さんが競技スキーを教えたらしい。


今はなく亡くなった当時の主人です。

今はゴリさんの娘さんが仕切っています。


客はポールの方が多いようですが、私は車拍ですから、。

息子は時々行くようですし、「成田さん」もレークサイド杯のセッターにここに行くんです。

鈴木さんも車拍以外はここを使っていたようです。

|

« 今日のアマちゃんに思う | トップページ | 19日実は今夜からスキーに行く予定だったのですが »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

えみちゃんこんにちは。

えらいカンペキな資料有難う。

実は昨日マルチ用用土を買ってきたところです。
ピートモスも大二袋買って来ました。

今日は天気も好いしこれから作業にかかります。
2500円ほど掛かりました(笑)

投稿: HIRO。 | 2013/05/19 11:49

別のサイトより、マルチ(マルチング)の説明

>土壌は排水性と保水性の相反する条件が要求される。団粒構造になっていなければならない。

植物の根も呼吸している。養分だけでなく酸素も必要なので土の粒と粒の間に空間が必要となる。

この空間は肥料の分解に役立つバクテリヤの棲家でもある。肥料三要素のほかにミネラル分が必要であり、砂混じりの土は好ましいと言える。

 植栽する前に悪い土壌だと分かっていれば、良い土と入れ替えればよいが、既に植栽してから、土壌改良したい場合「有機質マルチング」により改良することが可能である。

幹を中心に樹冠の3分の2以上の大きさの円形に高さ10cm程の土手を作りその中に有機物を5cm以上の厚さに敷きこ込んで水をたっぷり吸わせる。水は一度だけでよい。利点は、

1)地表に蓋をするので乾燥防止・日よけ・の効果がある。

2)土壌はいつもしっとりと適度に湿っているので毛細管現象により地下水の吸い上げも期待できる。

3)地面に接している部分から序々に分解し、これを餌とするミミズ等の小動物・バクテリヤが殖え土壌改良される。団粒構造になり、ふかふかとした土になり、根から養分吸収しやすくなり、樹木が元気になります。

4)日光をさえぎるので雑草が生えにくくなる。もし生えても容易に抜ける。

5)施肥は穴を掘らなくてもマルチング材の中に混ぜ込む程度でよい。この場合化成肥料でも構わない。有機質は充分あるので特に有機質肥料は必要としない。

有機質肥料の必要な訳は、バクテリアの餌として必要なもので、最終的に植物の根から吸収されるには窒素・燐酸・カリに分解されるからである。

化成肥料を多少多めに施したとしても、有機質マルチングが緩衝作用を持っているので肥料焼けの心配が無い。

 有機質マルチングは森林の自然生態系がモデルになっている。農業で不耕起栽培という方法がある。

家庭菜園でこの方法を取り入れたら耕さないのに土が良くなった経験がある。この経験を植木に応用したところ結果がよくお客様からも喜ばれている。

マルチングの材料は、私の場合剪定屑をチップ状に砕いたものを使用しているが、入手できない時は有機質のものならば何でも使える。

昔は稲わらを畑に敷いたものです。

その他に芝の刈り屑・雑草・落ち葉などが使えますが、大きなものは見かけの問題もあるのでハサミ等で細かくする必要があるでしょう。

投稿: Emiko | 2013/05/19 10:58

では、サイトより一部貼り付け


>ポット苗の植え付け方法


・11月~3月ごろが植え付けの適期です。


・日光が半日以上あたる場所。                   

・ポット苗は、花芽をすべて剪定し、根を少しほぐしてから植え付けてください。


・植え付けたあとに、たっぷりと灌水をしてください。


・ブルーベリーの根は浅根性です。

特にハイブッシュブルーベリーは乾燥に弱いので、必ず樹元にマルチをしてください。

投稿: Emiko | 2013/05/18 20:37

お早うございます。

ここのサイトは日本語です。

オーナーも日本人の「大関さん」です。

どなたでも直接読む事が出来ます。


読めば、例えば基本的なことでは、図で見る限り、

縁日や園芸センターで購入した『ラビットアイ』系は、苗の姿が全体的に細長く、

後で購入した『ノーザンハイブッシュ』系は、苗の姿がずんぐりとしている事が判ります。


同じ3年物でも、苗の背丈が違うのは、このためと思われます。


地植え時の土の適性PHと、そのPHへの合わせ方や、

肥料の種類と与え方、効率的な実のならせ方、

苗の育年に合わせた剪定方法、非常時の農薬の種類、

近年開発された新しい品種等、ブルーベリーを育てている方なら、

興味深い記述が惜しみなく公開されています。


ぜひ一度、サイトを訪れてみてください。


投稿: Emiko | 2013/05/18 13:00

珍しい人からのコメント、や苗の手配有難う。

そうなんですか了解です。

何か根本的な育て方が気が付いたら、コメントください。

皆さんも参考に読むと思いますので。

更なるコメント投稿をお待ちしています。

これが今年の最後のチャンスだったかもね。

投稿: HIRO。 | 2013/05/17 22:29

無事到着、良かったです。


やっぱり、配送は、昨日の仏滅(雨)ではなく、

今日の大安(晴れ!)で当たりでしたね。


そのチャンドラーは、OZEKI BLUEBERRY NURSERY.Co.Ltd.の

ネットショップで買いました。


『ブルーベリー苗 大関』で検索するとHPがすぐに見つかります。

ちなみに「チャンドラー3年苗」は、私たちの注文以来「売り切れ」になっています。

本当に最後の3本だったのですね(笑)


HPの最初の画面に「ブルーベリー栽培」の欄がありますから、クリックしてみて下さい。


始めは基本的なブルーベリーの説明ですが、ページの最後(一番下)まで行くと、

その下に、さらに詳しい育て方等のページに行けるようになっています。


今回は、栽培説明も閲覧できるHPから、直接ネットで買っているので、

当然 『紙の説明書はいらない』との考えだと思います。


アメリカに海外研修等もされている、研究熱心な苗業者の方のようです。

投稿: Emiko | 2013/05/17 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーベリー、チャンドラーがやってきた:

« 今日のアマちゃんに思う | トップページ | 19日実は今夜からスキーに行く予定だったのですが »