« 明日で20年乗ってきたボルボとお別れ | トップページ | 息子から車が来ました »

主の居無くなったガレージ

6月19日

ガレージから車が無くなりました。

ぽっかり開いた空間。

あっさりしたような、今まで空気の様に有った、赤いボルボが、いまは無い。

思ったより広い空間、殺風景なコンクリーや濡れたようなブロック。

彩りは、赤いボルボだった。

色の主役が無くなった。

寂しさが無いといえば嘘になる。

明日は水でも蒔いて、石張りの、いくつかある、赤い石でも、目立つ様にしてみよう。

こんな空間がヨーロッパに出かけるまで私に何かを考えさせるのでは。

パーキングを作ってから、何年も立っていないが、車事態は20年私の目を楽しませてきたんだからね。

分かっていない主人に20年もつかえてご苦労さんでした。

思えば昨年12月初め、ここに有った赤いボルボにカメラを探しに来た時に、突然手が動かなくなった。

脳梗塞の始まりだった、幸い冷蔵庫に有った古い納豆を食べて、寝る頃には、何とか手が動き出した。

コーテイングワックスを掛けた時等は、ここに置くと、綺麗だなーと目を楽しませてくれたものだ。

後部ハッチを閉めようと、手を一杯に伸ばした瞬間だった。

暗いここだった、手に持ったライトが、握った手を忘れたように、下のコンクリーに、思ったより大きな音を出して、ここに落ちたのだ。

あの音は今でも耳に残る。

今は其処には後部ハッチを開いた車は無い。

ブロックジャングルの中で、赤い光物、こんな落差が好きダッタンだなー。

|

« 明日で20年乗ってきたボルボとお別れ | トップページ | 息子から車が来ました »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、

先日はご苦労さんでした、下で帰るとか言っていましたが、何時に付きましたか?

ハイルーフは高速代が高いと聞いて「ぎくり」

とりあえず秋は、栃尾、長岡からかなり入ります。
湯沢で降りて後は下ですかね?疲れるね。

打越さんが下を走る訳が読めてきました、8ナンバーかな(笑)

話では銀行?は見積もり以外オプションは出しませんね、高めのオールオプション見積もりが良かったですね。

後の祭り。

「渋谷でどうして寒冷地4駆がいるんだ?」と、つめよられたぜ、、、、。

金利が安い役所はそんな物だね、これでは景気が好くならないね。

うちの「資産」でも余裕に樂には貸さないね。

400万貸せば400万使うのにね。

350万なら350万ぎりぎり使う。

ベッドとキッチン用台は、ボルボの値段、誠意しだいかな?(笑)。

高めに貸せば、「そちら」にも回るのにね。

投稿: HM。 | 2013/06/20 11:41

おはようございます。

先日はお邪魔しました。

長い間相棒だった愛車ですね。
ボルボも幸せな車ですね。

責任をもって、次の道を模索
バトンタッチします。

次の相棒は、グリーンの
ハイエース。
ボルボと同等か、それ以上に
活躍してくれそうですね。

期待大。!。

投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2013/06/20 05:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主の居無くなったガレージ:

« 明日で20年乗ってきたボルボとお別れ | トップページ | 息子から車が来ました »