« 息子から車が来ました | トップページ | ジャムとカブトムシ »

登高会(くら)の30周年でしたが

昨日は山岳会の30周年記念パーテーでした。

Imgrisaizu__6513

下の写真、大好きな会長?の松元邦夫さんの挨拶。Imgrisaizu_6514

この会にはあまり知っている人は居ないんですが一人だけ会長の松元邦夫さん只一人、所が大変お世話になっています。

行って見ると、何人も顔なじみが来ていました。

この山岳会の名前が、私には問題なんです、読めないんです、くら、ですがね、山を書いて下に品と書くんです、これを出すには山編で引けと言うんですが、さて(;ω;)

山辺も山冠でも簡単には出ませんね。
その内に

調べ方は、“部首”や“総画数”などのオーソドックスなものから、例えば、「魚」に「虎」と言った“使っている漢字のパーツ”や、「轟」のように“車×3”のような調べ方もできます。

ちなみに本アプリは、漢字のデータベースを内蔵しておりませんので、漢字の検索には通信環境が必須となります。ご注意ください。

と出るのです、そこで通信環境なるものが何たる物か、これが分からない  。

結果は簡単には、引けないんですね。

グーグルで引いたんですよ。

再挑戦、分からないので娘に探してもらった所「同じグーグルで。

『山冠に品』で引いた所、今度はヤフーで「くら」とも出ました。

ベストアンサーを読むと、岩と出ました、所が単語の登録が出来ない、早い話コピーはしたんですが、ツールが開かない、単語の登録が出来ないんですね。

何故ツールが開かないか?これは娘には分からないので、息子の出番と相成りますが、まだまだ返事は来ません。

既に30分の大汗をかきました。

分からない字は即ち、わたしに言わせたら単なる記号。

これなら私のパソコン能力では落第と言う事です。

言えば今まで分からなかった字を「マイ辞書」に登録した事がない、と言う事です。

所がまだ私は言われればパソコン操作が出来ますが、パソコンを持たない山人もいるのでは。

漢和事典で字画で探す人は少ないのでは、引いたことが無いのは私だけかな?。

と言う事は、特に関係の無い人は、触らぬ神に祟りなし。
になるのでは?帰りにいただいた引き出物にはたる酒のおすそ分けが入っていました、私には料理酒になりますね。

Img_6517

所がですね、私が入っているスキークラブですが、これまた分からないのです。


無学な私はどうしてこのような名前にいくつもぶつかるんですかね?

大阪のスキークラブなんですが、読めますか?「雪花菜」ですよ。

読めますか?

かなり学のある方が命名したのでしょうがね。

得策ではないと思うんですよ。

気軽に声を掛けたくても、アノー、、、、ともし間違えたらばつが悪いとか、確信がないと、声は掛けにくいですよね、例えば、南さんですか。

これは良いですが、まさかユキカナの南さんですか?とは聞けない。

ならば、南が分からなければ、黙って話さない。

ゼッケンの番号で呼ぶわけにもいかないでしょう。

この会の名前は何と「きらず」ですよ(笑)笑っている場合ではないですがね。

ひらかなでは意味が分からない、もっとも漢字にしても意味が

分からない、意味は「おから」だそうです。

スキーには関係が無いですがね、なにかあるのでしょうに。

既に25年経っているとか、今の会長が付けたのではなく、前会長が付けたとか。

亡くなったので、そのまま引きついでいるそうですが、名前を付けたこの方、スキー界の大物らしいですが。

このような人がスキー界をリードしていたんですから、、、、、。

関係が無いかな?


私は分かりやすい会名の山屋でよかった、誰でもが「雲稜の南さんですね」と声を掛けられる。

大抵は一緒に写真をといわれる、もちろん握手で分かれる、時にサインも頼まれる、声かけられは悪くは無い物ですよ。

競技スキー暦は未だ浅いですが「きらずの南さんですね」は今の所一回もりません。

スキーでは赤いボルボの南さんですね」と軽井沢や、三叉神樂では声を掛けられる。

所が今度は車を変える。

ですからせめて車の番号は、3733にしようかと。(笑)

所が肝心の車を何にしようか車種を迷っています。


もっとも未だ役所からお金のOKが出ませんが。

難しい漢字は読めなくても、6年や7年は、取りハグレ?は無いと思うんですがね、名義は会社ですから、金利は安いですので待ちます。


30周年に戻って、変わっているのが、私は招待なんですが、「2000円の品物をご持参ください」とあったのです。

行って見るとなんと皆さんが2000円の品物を持ってきているのです。

全員に2000円の品物が当たりました。

皆さん会費は払っているのでしょうね?。

私の2000円は、何方に当たったか、「浅田飴のシュガーカット」2本でした、太目の方に当たるとよかったですがね、案外痩せに当たるんですよね。

私が当たったのが、最新のカラビナ繋ぎ2ヶ(ヌンチャク)でした。


このヌンチャクが出なくてね、ボケてきたね、まさかと思ったが家内に「二本の棒を鎖でつないだやつ名前知っている?

知らないよな」

聞いたら、「ヌンチャク」だってにんまり「知ってんだーサンキュー」

Img_risaizu_6519

早い話、私に神がもう少し登りなさいと言う事かな?

前にも書いたように、今度行くグランジャースキー場

「栃尾の道院高原」には岩登りが出来るのです。

励みなさいと言う事かな?
 

|

« 息子から車が来ました | トップページ | ジャムとカブトムシ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登高会(くら)の30周年でしたが:

« 息子から車が来ました | トップページ | ジャムとカブトムシ »