« パソコン | トップページ | オーストリアの思い出 »

ワックスと中華

二つは関係が無いんですがお暇の方はお読みください。

午前中涼しかったので、前回冨士天で使った、うろこスキーに、ワックスを塗りました。

エッジも軽く浚いました、どの鑢も切れなくて参りました。

切れない鑢でも捨てがたいですね。

ワックスは手製のワックスを丁寧に時間を掛けて焼付け?ました。

どのくらい染み込んだかは見えません。

1-2本滑ってみて、どうですかね?

あまり期待は出来ません。


久しぶりに府中伊勢丹へ。家内のスラックスが目的ですが、

コック長に合う目的も有ったので、「桃源酒家」に入りました。

店の方に「髭が来ています、とお伝えください」「分かりました」

その内に昔から居る女性店員さんが出てきて、「前の料理長は退職なさいました」「久ぶりだったもので」「今の料理長に来ていただきますか」
「いやどうしましょう」「今の料理長は、先々代の料理長時代からおられた方で、お客さんのことはよくご存知ですよ、料理の事を好く聞いていたことも」『そうですかなら紹介してください」

かくして前々代の料理長時代からここに勤めていた方が、現在の料理長らしい。

先々代の料理長時代から居ると言う、現在の料理長近藤さんにも「又聞くことがありますからよろしくね」渡りをつけました。

この方、現れた印象が、イケ面の若い料理長「お若いですね」戴いた名詞にはもちろん年は無い、「もう44歳です」私から見ると若かったのです。

近藤秀明さん。

頼んだ料理は、チンジャオロース、鳥とカシューナッツ炒め、豆腐と海老の旨煮、五目チャーハン。

これにOOで乾杯。

食べすぎ、でも今日は中食抜きだった。

満足して帰りました。

先先代の料理長から聞いた、カシューナッツの温度と、最近聞いた

ワックスの温度120度が同じで、今度の近藤さんもナッツの話は聞いていましたと言う事で、いくらかつながったかな?

|

« パソコン | トップページ | オーストリアの思い出 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワックスと中華:

« パソコン | トップページ | オーストリアの思い出 »