« スイスから戻りましたー6 | トップページ | スイスから戻りましたー8 ワックス »

スイスから戻りましたー7

更にカメラがこちらを向くように、髭だけではなく、衣装でも呼び寄せたい物です。
今回は髭と紫の美津濃のレーシングウエアでしたが、向こうで気に入ったのが、女性用の「スパイダー」のウエアでした。
これです。有ればの話ですがね。

Img_6570jpg

これを着て北海道に挑みたいですがね値段が高そうです。

この方私と同じくらいの背丈ですが腰は彼にはかないません。

生地によって値段に開きがあるようです。

彼女に背中のサイズを見せていただきましたら、レディース、ジャパンXLと書いてありました。

Imgrisaizu__6599

多勢のレーサーの中でひときわ目立ちました、有ったらこれを着て北海道に望みたい物です。

ガラに有る、どピンクのライン色に、ヘルメットを染めたら更に目立つのでは。

夢見る爺ですから。

もちろん足前も後60日は磨きますよ(笑)

下の写真は

キャンプの講師の彼らが要求していて、ミーテイングで手本に出すスタイルがこちらです。

私には到底及びませんが。

小学生低学年の子供たちにも、これを要Img_6579jpg求します、旗には僅かしか触っていません

私などは10日滑っても2センチほどしか腰が下がりません。

旗の下バまでは1メートルに決まっています。

私の場合特の急斜面では、スキーの前後差を抑えるために、前に掛けますから、姿勢が高くなります。

前後差の修正はテレマークの要領ですから。

それを横に倒して、低くなるには、「至難の業」です。

傾斜がゆるい時には、いくらかは腰が下がりますが。

年寄りが出る幕ではないかも。?

Imgrisaizu__6574

左、人懐っこい、イランから来ていると言う娘さんらと21歳と言う前般に習ったコーチのアリー。

父親がオリンピック選手、私は孫に習っているようなもの。

ここから立ち上がって次のターンに入るのですが、反対に着雪するときには、この姿勢に入ります。

尻と雪が5センチほどです。

よくスピードがあれば出来ると言いますが、出来たらワールドカップに出られます。


オーストリアもスイスも朝のゴンドラ前はごった返します。

Img_6553

ゲレンデに出ると、思ったより空いています、時期にも寄りますが、

リフトはサースフエーの方が込むようです。

我々も大変ですが、小さな子供たち、何が入っているのか大きなザック、にスキーを抱え3本のゴンドラを乗り告ぐのは、かなりのアルバイトで、毎日が筋肉トレーニングをしているような物で、かなり大変です。

ゴンドラの乗り継ぎのたびに押し合いへし合い揉まれます。

ゴンドラに腰掛けて行こうと大変なんです。

帰りのゴンドラはばらばらですから、らくらく乗れます。

ゴンドラからホテルまでは、ホテルの車が3台が往復しますが市の無料バスも1時間に1本ほど出ています、バードホテルまでは徒歩

20分程ですが、荷が有ると大変です。

一度ですが、ホテルからタラタラランニングで往復した事がありますが、筋肉のしこりがほぐれると思いきや、疲労が加算されて、芍薬甘草湯

を二袋飲んでも疲れが翌日まで取れませんでした、懲りました。

それでも朝早くおきて、柔軟体操を我々だけやります、若い人たちはみんなで軽いランニングをやります。

今回は病み上がりなので、シャクヤクカンゾウトウはかなり持参したんですが一日に2回飲んだので、足りなかったです。

今までは疲れた夜だけ飲んでいたのですが。

それ程今回は毎日足や腕の筋肉痛になりました。

帰りにゴンドラ1本分を滑って降りることが出来ますが、かなりの中斜面の距離があります、この下半分が未熟物の私は、腐れ雪のぼこんぼこんに疲れるんです。

筋肉トレーニングのつもりで、15日間降りました。

出来るところは逃げないで、太股強化に努力?しているんですよ。(笑)これでは練習が出来ないので、壇登りをまじめにやろう。

大抵の強いと思われるスキーヤーは、夏季別のスポーツもやっています。

スキーなのに腕もザックを背負う時などつるほど疲れますよ。

|

« スイスから戻りましたー6 | トップページ | スイスから戻りましたー8 ワックス »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイスから戻りましたー7:

« スイスから戻りましたー6 | トップページ | スイスから戻りましたー8 ワックス »