« オーストリアの思いでー2 | トップページ | カナダの旅ー2 »

カナダの旅ー1

昨日18日、カナダ旅行から戻りました。

幸いにも、主催の、さわやか信用銀行の前が工事中で、バスが止まれず、行きも帰りも、家まで銀行の車で、車の付く多摩川団地支店まで。
送り迎えしていただきました、ラッキーでした。

全員で、5班、1班が約40人で計約200人でしたが、1日ー2日ずつ、ずらしての旅行で、各班、殆ど顔を合わせません。

私たちは約40人と言う事で3班でした。


銀行からは徒歩20分かかりますからね助かりました。

銀行の方が二人、現地ガイドが一人、付いての旅でした。

旅費48万は、高くない?全体としては良い旅でした。

何故高くないか?

銀行で頼んだ成田のリムジン、往復で4000円、安いですね、半値です。

含めてのここで48万は安いのでは?。

話が此れだけでは面白くないでしょう、行った事のない人の為に、私はここを見てきました。

何がどう好かったか、思い出すままに写真を入れて書いていきますが今回は写真無しです。


順序が逆になりましが、帰りの飛行機の窓からの話です。

最後の飛行機は、バンクーバー発12時でした。

1枚だけ窓から写した写真がありましたので。

殆ど雲の上ですが、此れは目指すマッキンリーでは無いと思います。

Imgrisaizu__7005

真昼なので天気が好ければ、マッキンリーが見えるのでは?と期待していたんですが、北上するのですが雲も多く、それらしき山は見えませんでした。

大きな氷河を抱えた山は2個ほど有りました。

先ほど調べたんですが、だいたいがマッキンリーはカナダではなくアラスカでした、でも上は飛びました、でもマッキンリーは真上どころかかなり奥です。

今思うとデナリ国立公園ですから北米のアラスカでした。


写真は撮っていません大きな氷河だけが見えたんです。

でもマッキンリーではなさそうでした。

真上を飛んだのなら分かりません。

もっとも事前の勉強が足りなく、バンクーバーからどの方角で、どのくらいの位置にあるのか知りませんでしたから、仕方ないですがね。

でも右側でしたから、事有るごとに見ていました。

ただ、カルガリーからバンクーバーの飛行機で添乗員に聞いてみたんです、

「マッキンリーは見えますか」「この飛行機からは見えません、帰りのバンクーバーからの方が北に飛びますので見えるかも?との返事に期待したまでです。

このおっさんわかっていまいな?ですかね。


バンクーバーには、バンクーバー島という島があります。

所がこの島、南北500キロ幅が100キロですから、四国を潰したより大きいのです。

四国島とは言わないですよね。

500キロは東京ー大阪までですよ。

所が飛行機はこの島について殆ど真北に向かって飛ぶんです。

何処まで北に飛ぶか?「アラスカを越して」、アリュウシャン列島の北を飛びます。

いくらか西に向かい、やがて、カムチャッカの一番細い所ろをつき切って、樺太の西側を南下するんですね。

カムチャッカを、つききった時には、「ここだな韓国の飛行機が射ち落とされたのは」と思って見ていました。

クリュウチェススカヤーは反対の窓らしく見えませんでした、見えると懐かしかったのですがね残念、左側の席からは見えたのでは?

やがて樺太の更に北から、縦てに南に下がってきて、北海道の日本海側を飛んで、

石狩平野の上で、「もし石狩平野なら、石狩川が有るはず」と見ていると有りましたね。

赤い土ろ水の河で、かなりの量、青い日本海を汚して居ました。

20キロ四方ぐらい?

汚れは北のほうに流れていました、だいたい反対に流れたら、小樽に届く範囲です。

もちろん小樽も見えました。

次に覗いた時には、大間半島が美しく見えました、地図で見るよりは美しいです。

はじめに見たときには、前に見たときには石狩の上でしたから、

竜飛岬かな?と思ったのですが、やがて下北半島全体が見え下北と分かって、あれは、大間岬だと分かりました、樺太当たりから、この頃はよく晴れていました。

このあたりの宗谷海峡を上から見るのは例えようが無い美しさです。

太平洋沿岸もよく見えました。

特に福島原子力発電所も覗きこむと殆ど真下によく見えましたし。

よく写真で見慣れた堤防?防波堤かな?更に霞ヶ浦の池?湖や橋もよく見えました。

やがてコの字を二つ、つないだ様に蛇こうするようにしながら、大きく何度かカーブして成田に下りました。


日本は上から見たところゴルフ場と水田が他の国より多く感じました。

此れでは米が余るわ?

カナダではゴルフは安いと言っていましたから、儲からないのでは?

バンクーバーからカナダアラスカは見た限り山又山で多くがこの時期、雪を被っていました。

カナダの半分?東は殆どが牧場ですね、半分西はカナデアンロッキーの山です。

人の数の2倍の牛だそうですが、牧草の牛ですから、白髪の日本人の私には、硬くて合わない牛ですね。

一度行きの機内で出た、「ビーフですかチキンですか」ビーフを頼んだら大当たり。
ビーフシチューは肉が柔らかく、美味しかったですが、こちらのステーキは入れ歯では戴けませんね。

ここまで書くと疲れますね、夕食まで寝ます。

|

« オーストリアの思いでー2 | トップページ | カナダの旅ー2 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、話が帰りからですからやりにくいですが、何とか見えるように書きたいです。
えらい風を引いています、原稿が終わる今日ヤット医者に行ってきました、ものすごいたんとせきです。

投稿: HIRO。 | 2013/09/24 17:41

こんにちは。
良い旅で何よりでした。

機内からの描写見事ですね。
わかりやすく情景が浮かびます。

次回からの写真入りに
期待してますよ。

日本も旭岳に初雪が降ったようです。
いよいよシーズン到来ですね。

体を鍛えなくちゃ。・・・(汗;)


投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2013/09/20 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カナダの旅ー1:

« オーストリアの思いでー2 | トップページ | カナダの旅ー2 »