« 車も入院か? | トップページ | 息子の退院で車を、車のベット材料も,。 »

2回目の冨士天神

どうしても試してみたかった。

手製のワックス、思ったより滑りました。

心配した下の歩き、一発で物の見事にクリアーしました。

リフトの車を過ぎて、この字型のカーブまで滑りました。

リフトのお婦負サン、「寒くなりましたから、滑るんですね」にんまり。



えらい上手な方がいて、例によって声を掛けてみたんです。

「上手ですね、かなり年季が入っていますね」

特に悪びれずに「年季は入っています」


私が知らない方に声を掛けるときは、大抵此れです。

もっとも大抵は、その日で一番上手そうに見えた方、他の方に教えていない方などですが。

次が「何か資格はお持ちなんですか」大体がにんまり

次は、「テクニカル当たりではないですよね」

山を掛けます、外れて元々ですから。

リフトがガラガラでしたが、タイミングを合わせます。

あ、来た来た。

「リフト一緒に掛けて好いですか」「どうぞどうぞ」ときた、捕まえたような物。

相手も一人でしたから、話はしたがる。

「それは持っています、クラウンを受けて落ちましてね、それから競技を始めたんです、はまりましてね」

「あれだけ滑れてもクラウンは駄目ですかね」

「あれから競技をやってなぜ落ちたか分かりました」

「どう分かったのですか、宜しければ教えてください」すかさず突っ込む。

「たわみですねたわみ」「見たところ結構たわんでいましたよ、あれだけたわんでも駄目なんですね」

「いやあれから何年も競技で滑りましたから」

「私もたわませたいのですが、スキーが起きません、私は2級なんです、マスターズは一度出たんですが、、、、」

その内に彼の方から「彼方のスキーは滑りますね何を塗っているんですか」

逆襲を食いました「私ですか、ベースワックスにテフロンを混ぜています」

「アイロン塗りですよね、好く、はがすんですか、うろこが埋まるのでは?」

「ワックスは軽くは落としますが、もったいないので、ここの様なブラッシングでは、あまり落とさないんです、」

かれ「うろこが埋まるのでは?」

わたし「もちろん埋まりますが、元々は普通のスキーは平らなんですから

はげて元々ですので」

私のうろこの本来の目的は、好く滑るのではなく、スキーの滑走面に、溶けた、ブラッシングが、こびりつかない事です。

後はエッジが好く利きます。

早い話好く引っかかります。

うろこの価値が無くなるのではと言いたげ。

とても不思議、不満そう。

「彼方は、何か?」かれしの答えは「ブラッシング専用の国産ワックスです」「なるほど」

私に「彼方もよく滑っているようですね」

こんな事でワックス論議になった。

彼は専用ワックス、私は手製ワックス。

二人は同じ所ぐらいまで滑ってきます。やや彼が優勢か?

で二人だけが、何時も下は殆ど歩かない。

他の何人かは、相変わらず30-40メイトルは歩かされています。

コブコースがあって此れを滑った人はスピードが落ちるので100メートルは歩く事になる。

コブの彼らはスキーを外して歩いてくる。

そこの脇をかすめるのは悪い気がしない、スイスのサース-フエィの逆がここで起きています。

立川の彼の腕は足前かな、では私よりは上だが、下手な方の私が、手製ワックス。

そんなこんなで一日退屈無しで、フリーですが彼を見真似しながら楽しみました。

60才とか、61歳とかマスターズなら60歳クラスは60人は居るよ、

私に「今度の大会は何時ですか」

「多分大阪から出ていますので、一番早いのが野沢でのマスターズ予選でしょう、つづいて大阪国体予選。

後は南関東では?、次は本番です、今年は北海道ですね。」

立川の方とか、名前は伏せておきますが。

「マスターズで彼方の名前を探しますとか言って又ね、と分かれました。

「80歳クラスですよ」



一応ワックスは成功でした、寒さのせいなら、皆さんも滑ってくるはず。


ここからは翌日の文章ですよ。


所が、るんるんで寝たんですが。

夜中に目を覚ましトイレに行った所、あまりの体のダメージに驚き

慌てて、例のツムラのシャクヤク、、、、、を飲みました。

すこしストレッチと思い、ベットに寝ながら足首を伸ばしたり曲げたり

3回もやると、左足首がつり出しました。

いたいの何の。

参りました、いくらか収まって、再び二階から降りてきて、もう1腹。

でも痛さは収まるどころか、腰下全体に広がり、思ったより体は深手をこうむっていることに、体力の無さに夜中になってから、痛感しました。

わずか6時間、それも昼食をはさんでですぜ。

もう少しまじめに「台登」りに励まなくちゃー駄目だね。

心配していた、理想ではないがワックスが利いた事で、調子に乗りすぎました。

ブラッシング専用ワックスの立川の方は上手かった、あのくらい滑られたら、勝てるのに。

スキーはかなり起きて「しなって」いました。

今のすべりなら、クラウン受かるのでは?

でも競技にはまったと言っていましたので、もったいない?。

私はまだ1級は諦めているわけではない、競技に寄り道しているだけ。

数日前、柿を20ヶ程取りました鳥にやられるからです。

鳥は美味しいのは好くしっています。

所が今頃熟すのは、非自然な、熟し方です、多分生り過ぎのやつでは?

直ぐにべとべとになります。

甘味は甘いです。

いつもは鳥に半分以上やられるんですが。

今年は20ヶ程鳥の頭をはねました。

|

« 車も入院か? | トップページ | 息子の退院で車を、車のベット材料も,。 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の冨士天神:

« 車も入院か? | トップページ | 息子の退院で車を、車のベット材料も,。 »