« 車泊族のホームセンター通い | トップページ | 府中成田さんのクリスマスキャンプから戻る »

サンデー毎日の強み

今夜から、志賀高原一之瀬に行ってきます。

30日までの長旅です。

昨日カルフォルニアサンへ行って、バッテリーを1ヶ追加してもらいました。

計補助バッテリー、3ヶになります。

3ヶ並んでみると何か壮観ですよ。

計目方が70キロは越します、1ヶ25キロはあります。

更にエンジンキーに頼らない。

スイッチ系統の移動と、内側に貼るマット止め用のフックをいたるところにつけてもらいました。

フックによってマットをゴムバンドで抑えます。


お風呂用28ミリ厚手マットは、今の所計、15枚になりました。

此れでも運転席両サイドと、ドア1枚は、ポリカーボネートです。


ポリカーボネートがどのくらいの効果かは、今回分かるでしょう。

駄目ならもう一枚重ねます。

何と言っても僅か4ミリですから、いくら中空でも、1枚では駄目でしょう。

隙間の空気が動かないように、運転席両サイドは取り外すので、アルミテープで、これから回りを巻きます。

ややカンペキ?と思うんですが。


珍しく今日は好く晴れています。

戴き物の、ブルーマウンテンを飲んでいます。


お山は雪かな?、韓国製スタットレスの試される志賀になりました。

今回は8日間ホテルは取りませんから、ホテル代が安く上がるはずです。

繰り返す事で、年間経費(年金)が50万は浮く事になります。


元々が山屋ですから、テント泊まりや、食器を洗わない炊事はお手のものです。

車は移動付き、自慢の電子レンジ付き鉄のテントです。


ここが私の強みです、強みは最大に生かさないとね。


私はキャンピングカーではありませんが、バカンスが長いヨーロッパや、アメリカは、想像以上に普及しています。

比べて見ると日本の景気は、『偽者』です。

年間労働時間の長さによって、更に大企業以外の「年金」なし労働の、為の偽景気です。

長期休暇(夏40日)で利用する、キャンピングカーの普及は、今の日本の指導者では、何年先になるでしょう。

働く者全員が、老後暮らせて、「派遣」も、1年でも働いたら、年金をもらうべきです。

自分で私の様に、仕事を起こす事が出来ない人は、国が定めるより手はありません。

年金+の賃金になるべきです。

日本の指導者に言いたいのは。

企業の競争力云々と言いますが、オランダなどドイツ、フランスと年金など景気も比較していただきたい。


と言う事は、私の場合、60年前、働いていた時の年金が僅かですが、極最近になって国民年金に加算されてきています。

頭から引かれる「後期高齢者保険」は痛いです。


ここには4年勤めたんですが、2年で(倒産前)退職になっていると言うのです。

2年間分会社が「猫糞」したと言う事です。

最近になるまで、60年前に厚生年金に入っていたこと自体知りませんでした。

まして、まさか60年目で、いくばくかのお金が「毎月」もらえるなんて夢にも知りませんでした。

認められたのは4年勤めた、半分の2ヶ年でしたが、ここの所毎月加算されてきています。



年間車泊で、溜まったはずのオコズカイは、夏の20日間の海外遠征?の足しにようかなと、(50万では足りないよ)

と言う魂胆です。

でも今年からは、車の分割支払いの月5万が7年付きまといます。

82歳まで生きられた方は、ほんの僅かでは、先に亡くなった方は、

払い損と言う事になります、ここでもらっている人もずいぶん居ると思いますが、この方達の買い物のお陰の、景気も大いに有るのでは。

オランダでは、働く物は、全て賃金系統を同じにしたら、景気が好くなったといいますから、お金は貧乏人がもらえば、景気が好くなり、

お金持ちが更にもらえば、海外で使うことになり、旅行会社が潤う程度になって、生活費は、海外に落ちることになるのです。

ここの所海外にスキーに行く私は、大きなことは言えませんが、

車の400万と税金や維持費は、国内に落ちる事になります。

何とか銭身に付かずというように、悪くなくても、思いがけないお金は3倍は使うものです。(笑)

|

« 車泊族のホームセンター通い | トップページ | 府中成田さんのクリスマスキャンプから戻る »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンデー毎日の強み:

« 車泊族のホームセンター通い | トップページ | 府中成田さんのクリスマスキャンプから戻る »