« 明日から野沢です、 | トップページ | 回転のスペシャリスト »

野沢の手土産

暫くでした。

今回は野沢で大阪府の、スキー大会に行ってきました。

実はその前に行った8日間の志賀成田キャンプで頑張って、家に帰って3日目から怪しいセキが出て、風を引いた感じになりました。

その内にセキは止まったのですが、直りかけたのでさすがは医者と思っていたんですが、野沢での川端キャンプで血タンが出たんで、ちょっとびっくり。

隣に掛けていた、川端さんもびっくり?「あら、、、」

3日ぐらいで血痰は出なくなったんですが。

「大丈夫かいな」と思いながら、大阪の大会に臨んだんです。

運がよかったのか、スキー足前が強かったのかは分かりませんが。

結果は1位でゴールドメタルを戴きました。


1昨年はじめてこの大会に出た時には第3位で胴メタルでした。

昨年は脳梗塞でまったく駄目。

スキー自体も夏までは駄目でした。


夏からの巻き返しで、10-11月と12月の練習で、2階級特進?は出来過ぎでは。

技術はまだまだ、やらなければならないことが出来ていないのに。

自分としては此れからが上手くなるのに。

でも結果は大阪府では1位でした。

しかも大阪では75歳以上での私82歳で戦った結果でした。

全日本は80歳ー84歳で出るのです。

我々のクラスは9人程居ました。

Img_7095

嬉しい、写真を出しますね、

私の1昨年からの目標タイムは1分10秒台の1分20秒ですが。

もちろん色々な条件変化は有りますが、ここカンダハーでのタイムは1分20秒を割りたいんです。


このタイム(20秒を切りたい)は1っ昨年に我が大阪の会の方に言った目標です。

と公言していました、ですから、あと7秒15.

かなり近ずいたことになります。

全コース滑った体感速度では、技術を満足していませんから、

来年には20秒切りたいですね。(笑)

目標はあと7秒15を詰めたいのです。

スタートからゴール迄の感覚では何とかなりそうですが、さて。


1昨年の全日本アッピ大会では、4秒つめる事ができると、1位争いになるんです2位と4秒差、同じならですよ。



とにかく大会でゴ-ルドメダルは生まれて初めてです。


初めての大きな優越感を味わいました、優越感は、岩壁の初登攀と似ています。

こちらは既に50年以上も前の事です。


「一度咲かせた花は、何度でも咲かせなさい」この言葉は、八重の桜での、会津城の家老に「作家」が言はせた言葉です。


スキーに対する私の考えは、「まだ伸びそう」正直な感想です、スキーの競技暦は1年休んで4年目ですから、(賞味3年)まだまだ新米です。

でもまだ壁にはぶつかっていません。

後は健康問題です。


来週は南関東の大会です。

3月が全日本の大会で北海道です。

頑張ります。



前の記事で。

まさか読まないだろうな?と思っていたところが、一昨年習った廣井法代さんが、しっかり読んでいて、野沢の川端さんに連絡したと言う、

川端さんが話していました。

例の手土産の話でした(笑)。

廣井法代さんは現在は、昔私がやっていた、ロッククライミングを始めているとも言っていました。

人生と言うのは面白い巡り会ですね。

怪我無しで頑張って欲しいですね。

|

« 明日から野沢です、 | トップページ | 回転のスペシャリスト »

スキー」カテゴリの記事

コメント

お早ようございます

今起きた所です

生まれて始めての金メタルは82年立っていました。

廣井サンは引き出しにザックリお持ちでは?

健康ならば何度でも花を咲かせられるのでは?

私のスキーはまだまだ基本?ができていません。
強い反発力が来ません。

頭と同じに切れが来ません。

グレンジャー?は大きな反発力が来ます。

お尻が出てしまいます。


ポール手前での撓りに、全力錯誤したいのですが。

早くなるには、先ずはここでしょう?

クライミングは鉄棒の蹴上がりができると、

利用できます(私はですよ)

後は股関節の柔軟性かな?私は苦手でしたが。
応用力でごまかしました(笑)

投稿: HIRO。 | 2014/01/15 10:38

優勝おめでとうございます。今回お会いできず残念です。

お土産まで頂きまして・・・。お気持ちだけ頂戴いたします。

私も南さんに負けないよう、クライミングを頑張ります。
(5.10aを外でリードできれば。低い目標ですね)

また、どこかのゲレンデでお会いしましょう。

投稿: 廣井 | 2014/01/15 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野沢の手土産:

« 明日から野沢です、 | トップページ | 回転のスペシャリスト »