« 鮭 | トップページ | 箱庭に近い畑 »

デルモンテのトマト苗

4月27日は夏の様な日差し。

いよいよ連休突入。

私はスキーにも行かず、昨年は今頃、早朝キャンプでポールを潜っていましたのに今年は

気が抜けています。

ホームセンターに行ってきました。

園芸売り場は、かなりの人出でした。

レジに行列ができていました、後ろに並びました。

トマトの苗を買いました。

298円×3本、買いました。

思ったより良い苗でした。

フルーツトマト中玉2本と、接ぎ木苗フルーティーカ、これも中玉ですが。こちらは写真の色が黒っぽいです。 

人参のように色が強い方が「カロチン」が多いのでは?と見たんですが、オレンジ色のミニトマトも売れていましたね、私の知らないカロチン以外で何かありそう。 

作りやすく沢山収穫できるのかな?売れているななぜオレンジか、聞けばよかったな。

地植えではなく、いずれも,鉢植えとプランターですから。

中玉を買いました。

さてどうなることやら。
 

いずれも風には弱いので、適当な棒を立てます。



前に買った、サクランボと、杏は今のところ順調です。

杏は6個実が付いています、沢山ついていましたが、まだ木が幼いので、6個にしぼったのです。
来年は⒛個は生るのでは?欲が深いですからね。

今度はトマトが3本仲間入り。 

やがて連休後に人参も蒔きます。

待ちきれずに月が明けたら蒔くかもよ。

関西に人気の、金時人参は7月蒔きですからね。

甘太郎と、黒田5寸は今から蒔いても大丈夫です。



低い高山植物の「姫舞鶴草」も順調で花芽が100本ほど上がっています。

でも昨年の感じから行くと、ほとんど実は尽きません、今年は何個付くか?

もっとも幾ら実が付いても食べられません、コケモモなら食べられますが。

同じ様な大きさの実です。

ただコケモモの様な丸い実は食べられなくても可愛いです。

私は大好きですが鑑賞ようです。


だいたいが葉を眺めるんです、一応1000メートルほどの所の、半日陰にあります。

私が見かけたのは、1時間ほど日が当たって、湿っていて水はけがよさそうなところに見かけます。 

高尾山は600メートルですが、見た事はありません。

高尾は舞鶴草には乾燥しすぎか何かあわないようですね。

 

暑さに弱いので、連休過ぎたら半日陰に置き、夏を越すのが問題です。

肥料は腐葉土を鉢の下に厚めに引いています。

オーガニクスですがな。

今日の様に日が強いと葉が黄色に焼けてしまいます。 

今置いてあるところは、幸い?ブルーベリーや小さな方のサクランボなどの日陰になって、

助かっています。


以前鉢いっぱいに育ち有望だった、「日本桜草固有種」が何故か消えてしまい、諦めていたんですが、昨年わすか一株出てきたんです、今年も諦めていたところ、よわよわしく、二株出てきて、そのうちの一株に花が付きました。

濃い目の素晴らしい花でした。

以前はもう少し色が淡かったように思いますが、現在は紫ランと同じぐらいの強い色です。

何とか来年も、増えてい戴きたいものです。

この桜草は、清里のペンションから株分けしてもらってきたものですし、姫舞鶴草は、
、 
私のは山からではなく、大国玉神社の植木市?で7000円のやつを買ったものです。

昨年3年目には2万円ほどに育ち、今年の出来では多分、3万では出ないでしょう、(笑)

人参の種は未だ蒔いていません。

能書きを読むとかなり難しいようです。

種に土を掛けると発芽しないとか、10日ほど、土を乾かさないとか。


人参もトマトも、買った方が安いですが、有機栽培,(低)農薬野菜は、思ったよりは高いですよ。

でも息子が押し進めている、『オーガニクス』野菜を私も気に入っていますから。


今はコーヒーも、有機栽培コーヒーが出ていますが、値段は高いです。

ところが売れるんですね。

この年齢になると、値段より、健康志向ですから、コーヒー用のわずかな砂糖も、有機栽培砂糖が出ています、ですから出来るものは、自分で作ったら間違い無いということですが、まさか砂糖は作れません。 

田舎では、メープルシロップは楓から自分で作りましたよ。


育てる楽しさもありますしね。

うまく育ったらの話ですが、トマトは3本わずか1000円で秋まで楽しめます。

勿論有機さいばいですよ。



移動出来る様に鉢植えですから、中玉がよいのではと。

なんと言っても、無農薬?収穫の楽しさも味わえます。

 
驚いたのは苗や沢山の土を買う方が思ったより多いのです。

彼らも有機栽培では?
 

連休は出かけないで、あの方達は庭いじりですね、プランタならば、風さえ止めればマンションノベランダでもできますからね。
、 
皆さん苗の数より有機培養土の量が多いですよね。

今出て来ている人は。

旅行プランを横目に、今に見ておれ、有機トマトの収穫期、あははーでしょうね。

わずかの量でも自分で作ると、後は買っても有機栽培野菜を買うようになります。

|

« 鮭 | トップページ | 箱庭に近い畑 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デルモンテのトマト苗:

« 鮭 | トップページ | 箱庭に近い畑 »