« コンドロイチン | トップページ | 鮭 »

仙台には早々と佐藤錦。南部風鈴。

東京よりかなり寒いのにね。

はとバス満席5台。
松島旅行に行ってきました。

我が家の佐藤錦はやっと、花が何個か咲いたところですが。

今度行った「宮城」にはサクランボが沢山お店に並んでいました、やはり佐藤錦は高く、例のパックで、えりすぐりでしょうが「8500円しています。

宮城では桜が満開でした。

ならばサクランボの花はこれからのはず。

それが完熟のやつが、沢山出回っているのです。

ビニールハウスでしょうね。

あの値段は、やはり先日買った、『佐藤錦の』小苗、が楽しみですね。

今は未だ鉢植え。(笑)

鉢でも来年は生りますように。


これ「買って帰るか」?と言うと、家内が袖を引っ張りました。

  

仕方なく「笹ダンゴ」を買いました。

笹団子は、関越のパーキングのものと思っていたら、宮城でも売っていますね。

元は新潟と思っていました。

食べてみると、やはり、新潟の日本海と言う銘柄が上ですね。

ヨモギの量が違います。


高い「復興税金」を払っているのですが、何か協力?を。



何か東北の津波の力になりたいと、思っていたんですが、今は何処の物を売っているのかわからないですね。

笹カマボコと牛タンは、仙台ですが。

ゆず入り笹かまぼこは買いましたが、牛タンは入れ歯用では無いです。



私なら柔らか加工しますがね、さすがの、あみやき亭は、焼き肉に「柔らか加工肉」と有りますよ、やっぱり津波ではなく、商売で1部上場にヤラレマスね。


かまぼこ屋で中食を食べたんですが売店で、「昆布」を安く売っていました。

家の近くの生協の5分の1?で売っていました、買いましたが、「日高産」と有りました。

それでも安く売っても、いくばくかのもうけは此処におちるんだろう?


2080円分買いました、今私はカリュームが大事ですから、「塩分排出効果」、このくらいは夏に?無くなります、だいたい生協の、5分の一程ですから、8500円のサクランボはやめましたが。

どうせ買う昆布に手が出ました、落とした値段は下がりました。


東北に貢献と言うほどではないですが、現金の寄付は好きではありません、現金は自分で稼ぐもの。
取られる復興税だけでも、大変ですし、高速代も戻ってしまいましたからね、確か復興予算にすると言ってましたよね、政府の言うことは当てにならない。


困った時のための、貯金?でしょう。
何かが起きてからでは、国家は当てになりません、だいたいがお金がたりないんですから。


松島では津波の爪あとは、全く感じませんね。

青葉城公園も見てきましたよ。

政宗の銅像前で写真は撮りましたが、絵にはなりませんね。



松島の商売はこんなものです、これで寄付金は無いでしょう?


南部風鈴は買ってきました。

目的が有るんです。


一軒目のお店は、三五〇円、ところがいくら呼んでも、誰も出てきません。

渋谷では、ありえませんね。

よーく、商品を持っていかれないものですね。

これでは貯金ができませんね。


仕方なくもう一軒寄ったら、同じものが六五〇円、行ったり来たりが面倒なので、どうせ東北の応援の心算だから、六五〇円のやつを、しぶしぶ買ってきました。



南部風鈴は、屏風岩の初登攀で下げてきたやつの、復元用です。

ミニチャーのアルミ3段鐙とリングボルトつきです。

全く同じものを作る予定です。


第2登の人が、叩き切って、記念だからと言って、持って行ってしまった。

現物は、有れば博物館ものですぜ。

復元した、奴は、出来たら、高尾山荘に置く予定です、リングボルトつきですぜ。

現物は誰も見ていない。


僕が死んだらお終いですからね。

分からなくなってしまう、写真でもあればまだ分かりますが。

記録には書きましたよ、確か岩と雪です。


 
登りに行く前にわざわざ作って、一番登りが辛所に。

登攀用ボルト以外にわざわざもう1本脇に、これ用にボルトをもう1本打って。ぶら下げてきたんです。

ですから、すでに打たれている、ボルトを頼りに登って、記念に、貰っていく。

第2登とは、問題にならない、腕の差があるというものです。

見ると分かりますが、壊さなければ取れない様に作っておいたんです。
 
壊してまで持っていく人はいないと思ったのですが、なんと私の心を裏切ったのが第2登攀者でしたね、残念。

 こっちは余裕ですかな、打つのと引っかけるだけでは。

10倍の差が有ります、プラス心の余裕ですよ。

ボルトを1本余計に打ったと、簡単に書きましたが、オーバーハングで、ボルトを打つために穴をあけるのは、打った人でなければ分からない、大変な労働なんですよ。

だから話だけは皆さん知っています。

困難な初登攀にでも後続の皆を楽しませようと「遊びを入れた」これが楽しい岩登りですがな。

本来なら、穂高屏風岩での全ルートのどこかでビバークしたら、夜中に、かすかな音が、南部フーリンの音が楽しめたはずでしたのにね。

こんな私の気持ちが分からない。

|

« コンドロイチン | トップページ | 鮭 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台には早々と佐藤錦。南部風鈴。:

« コンドロイチン | トップページ | 鮭 »