« 忘れた財布 | トップページ | 仙台には早々と佐藤錦。南部風鈴。 »

コンドロイチン

数日前、ネットで、偶然見たんですが、その後いくら探しても、出てきません。

出ていたのはコンドロイチンではなく、対抗?サプリメントです。

私が飲んでいるのは、第3種医薬品の、ゼリア新薬なんですが、たまたま関節痛で膝が痛く

5年も前から飲んでいます。

今は薬を飲むほどは痛くないんですが、黙っていても痛くて,階段が登れなかったのに、

まさしく、コンドロイチンのおかげで、日常生活には支障がなくなったんです、それどころかスキーも出来るようになったんです。


65歳以降、食べ物には変化はないんです、有るとすれば、数年前に「脳梗塞」をやってからは、できる限り「塩」を控えていることです、コンドロイチンには、関係がないですが、

カリュームも取る様にはしています。

 
サプリメントを飲まなくても、痛くなるんだから、ここで飲まなくなったら又痛くなる可能性が怖くて、現在も飲み続けているというしだいです。

さて。

ネットで見たというのが「グルコサミン」です。

発表は確かイギリスの大学の研究室?と思いました。

少なくても、日本の研究室では無くヨーロッパでの発表です。


>グルコサミンを、60匹の2歳の鼠に与えたところ。

与えなかった60匹のグループより。

驚くなかれ平均、人間換算で、10年長生きしたと書いてあるんです。

グルコサミンの何が効いたかは分からないともありました。

グルコサミンの回し者ですかね?まさか。

たまたまですが、私も見たんですから、沢山見た方はいるはずです。


簡単に言えば「軟骨成分?」を与えたらと言うことです。

私が思うには、効いたのは「コンドロイチンではないか?。

私は都合の良い方に解釈します。

振込詐欺にやられる口ですかね。


コンドロイチンだとすると、グルコサミンよりは、コンドロイチンZSの方が、はるかに含有量が高いんです。

グルコサミンはいつから発売か知りませんでしたが、コンドロイチンは発売が案外古いんですね、30年近く前ですね。


値段も高いですが、友人のすすめで飲みだして、整形の医者は効かないと言いましたが、友人と同じに効きだした。

高くても、グルコサミンに変えられないでしょう。



問題は、鼠に効いたのがグルコサミンにも含まれる、コンドロイチンと願いたいものです。


以後私は、今毎日飲んでいるコンドロイチンを。

関節の薬と思わず、長寿薬と呼ぶようにしています。

長寿薬飲むの忘れた、というと、家内が笑いますが。


現在は関節は痛くないから予防のためなんです。



説明の中に2歳の鼠は、人間にすると60歳に相当すると有りました。

鼠も人間も、関節が痛くなると、早死するのかな?野生のライオンも、足の怪我が、

命に係わると、言われていますが。


中国4千年の王達も長寿薬は探したらしい。

私の場合まさに、棚からぼたもちで、関節が治って、予防に飲んでいた薬で、命が伸びれば、コンドロイチンが安くなった様なもの。

関節の予防薬で命がのびる、うまい話ですね。

10年は話半分としても5年、定めより、長生きできれば、その分スキーが楽しめる年数が長くなるというもの。

82になって、5年は大きいですよ。(笑)


せっかく収めた年金は、長生きしただけ戴きというものです。


癌だって5年持てばと言いますから。


再び出てきたらコピー貼り付けしようと思うんだが、以後出てこないんですね。

痺れを切らして書きました、もっとも出てきたら、はりつけます。
 


そうそう、長生きと言えば、先日、野口種屋に、赤い、色の濃い人参の種を頼みました。

昨年は安納芋で失敗しましたので、今年は、カロテンの多い京人参?を蒔いて見ようと

頼んだところです。

せめて10本でも、有機人参の京人参が取れれば?。


ブルーベリーの、1メーター×2メーター程の庭畑でも欲が深いですからね。

プランターよりは良いのでは?

本当に蒔きたい金時人参は、夏蒔きですって。

仕方なく夏まで待てずに、黒田5寸で妥協しました。

ついでですから、長くならないゴボウの種も頼みました。
 
目的は素人栽培可能?大根をいれての、有機根采野菜汁です。



明日から松島旅行です、昨年も行った、銀行での企画ですが、それ程銀行には入っていませんよ。
投資信託には多少ありますが(笑)


それでも、生活には困りませんから、自作有機栽培カロテンたっぷりの人参食べて、

長生きがしたいですね(笑)沢山採れたら、高尾山荘ででも売りますかね。

|

« 忘れた財布 | トップページ | 仙台には早々と佐藤錦。南部風鈴。 »

「エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンドロイチン:

« 忘れた財布 | トップページ | 仙台には早々と佐藤錦。南部風鈴。 »