« 薬が出てきました | トップページ | スキーワックスはスイスで目覚めた »

新しい?サクランボ

昨日は、目新しいさくらんぼを買いました。

生協に立ち寄ると、目新しいさくらんぼが、目に入りました。

すぐ脇に、佐藤錦が40パーセント引きの札が目に付きました。

いつもは佐藤錦天国なのに、よほどの自信作ではと、思ったからです。

つい手がでました、二パック買いました、アメリカ産です,何時ものアメリカチェリーは糖度がいまいち。

佐藤錦にはかないません。

Img_7347
あまり聞いたことがない名前でした。
 
粒の大きさに惚れました。

問題は糖度ですが,酸味がほとんどなく、糖度はまあまあでした。

糖度は佐藤錦にはかないませんが佐藤錦も結構酸味は強いのがあります。

アメリカ産はいずれも果肉はしっかりしていますので、食べ応えはあります。

軸はかなり枯れていますので、収穫からは、残念ながら、かなりの日にちがたっているようです。

これなら合格ですね。

Img_7348

これから出回るでしょうから、時期的には、かなり遅いくちですね。

佐藤錦の大玉にはかないませんが、値段にもよりますね。

これだけ輸出が多いということは、花は同じ桜でしょうから、日本だけが桜の花見で実は求めない、

日本の桜見の桜ぶん実が生れば、逆輸出が可能ではないか、ふと思いました。

サクランボの花も花だけを見る桜も、大して変わらない、同じ?花です。
 

というのは私の田舎は昔サクランボ農家が近くにあり、家の庭にも大きなさくらんぼの木が

4-5本あって、食べきれず町に売りに行ったものです。

ですからソメイヨシノは見たことがなく東京に来てから。

桜の木の下で御座を引いて宴会するんだ。

サクランボ農家の近くで育った私たちは、実を求めない花見に考えさせられました。

ニューヨークに桜の木を送った日本は何を考えていたのか。

実のない桜も好いですよ、かな。

ヨーロッパでもサクランボは沢山ありますが、花見をするのかな?。
 
一度南フランスで買ったことがあるんです。

地元物で、リアカー売りのおばちゃんからでした

かなり前ですが、500円買ったら、帽子1パイありました、「ゴッホの跳ね橋」を描きに行った時でした。

ドイツに爆撃されたといっていました、ドイツもやっかみでしょうか?変なところにも爆弾をおとすものです。

南フランスには可なりさくらんぼ農園が有るようです。

野菜屋さんには山盛りになって売っています、「どうぞおえらびください」というしぐさ。

皆さんも一つぶずつ選んで買っていました。

この売り方はいろいろ考えさせられますね。

下からひっくりかえして 買う人もいませんね。  

|

« 薬が出てきました | トップページ | スキーワックスはスイスで目覚めた »

「エッセイ」カテゴリの記事

コメント

しばらくぶりです。

いつも読んでいただいてありがとう。

先ほどかんかん照り用のワックスの残りにシリコンを足してみました、残りを溶かすと、底のほう1センチ程にフッ素がたまっていました。

パラフィンより、かなり重いんです。

打越式の時は、平たいいれものでした

投稿: | 2014/07/19 21:03

こんにちは。

さくらんぼいいですねぇー
しかし、日本のさくらんぼは
超高級食品ですね。

アメリカンチェリーがいいですね。
安くておいしい。・・

私と同じ名前のがブランドのようですが
がはは。

投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2014/07/19 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい?サクランボ:

« 薬が出てきました | トップページ | スキーワックスはスイスで目覚めた »