« 富士天から戻りました | トップページ | 新しい?サクランボ »

薬が出てきました

良かったー

3度目の探し物ですが、今度は1発目で出てきました。

裏に落ちて途中で挟まって引っかかっていました。

今回に限ったことではなく、私は手から放して置いたところを直ぐに忘れるんです。

一生の間に探し物の時間が普通の方の何十倍も使っています、この分何かをしたら、何をやってもかなり有効な時間になるのでは。


ワックスに入れているシリコンです。

Img_7346

下は出てきた薬と、わずかなブルーベリー(チャンドラー)の収穫、トマトは順調ですが、今年はブルーベリーはダメでした、もっとも昨年3年苗を植えたばかりです。

夢は孫のブルーベリ狩りでしたが、(笑)。

分からないものです、丸坊主だった大葉が回復してきました。ふさふさと元気ですね。

Img_7345

探し物は家にいるときは先ず家内に聞くんです、家内は殆ど探し物に時間は使いません、暇があると寝ています。

私は普段は寝ないんですが、スキーの時には長い昼寝をします。

滑っても2時間はもたないです。

ここは午後は4時20分までありますし、昼寝が長いほうが、3時半すぎたほうが、日が陰ってきてよく滑ります、ですから、2時過ぎまで寝るんです。

特に夏は体力が持たないですね、10分でも5分でも長く足を延ばして横になります、年寄りのスキーをやる、秘訣ですかね、ほかの年寄りはしりませんよ。

後は昼寝だけではなく、リフトに乗っている時間に、深呼吸をするのです。

普通に言う腹式呼吸ですね、気が付けばやります。

滑っているときはできませんが、ヒマラヤのベテランは、やれと言います、滑って下に降りてフウフウ言っている様ではだめだといいます。


わたしはヒマラヤはトレッキングで1度しか行っていませんが、高度に弱い事をしっていて。

「南さんも、複式呼吸が身につけば、7000メートルまでは行けますよ」

複式呼吸はものすごく高度障害の助けになるという、呼吸を一番大きく5回やると、低酸素運動で自転車を漕いでいて体内酸素がさがっても、『びっくり』するほど血液内の酸素が回復するという。

以後なるたけ気が付けば、ふうふう、やるんです。

人は大げさな、という人もいますが、私は構わない、スイスのスキー場は3600近くありますから。

私は山やのわりに低酸素に弱いんです、日本でも2000メートル越すと、やられます。

私の複式呼吸を「ヨガ」という人もいます。

「南さんスキー場でヨガをやるんですか?」と聞かれましたから。

複式呼吸をヨガと言いますかね。

こっちは決まった時間で、人より1本でも滑られたらと思ってやっているんです。

まー,

年を取ってくると分かりますよ、きっと。

今回のプラスノースキーでも同じです。

吸い込む時に大きく空を見ます、吐くときは、お腹を折って下を見ます。

ところが、空を見ることが多いと、リフトの背中もたれに背中があたっていたいんです、仕方なく複式呼吸のために、最近は背中にパットを当てています。

腰のサポーターにつないだんです。

ここでのリフトは約5分、半分はやります。

 
疲れてくるとまず足に力が入ら無くなります。

80過ぎて若者と同じにはできませんが、みなさんいうには私に強いといいます。

みなさん知らないでか、やらない、複式呼吸のせいでしょう?。


忘れ物と探し物、無駄な時間がまいります。

さすがに家ではカメラと薬は探しませんよ。

でも外食の時には帰ってから薬は飲み忘れてしまいすね。

名前もなかなか覚えられない、困ったものです。

|

« 富士天から戻りました | トップページ | 新しい?サクランボ »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬が出てきました:

« 富士天から戻りました | トップページ | 新しい?サクランボ »