« 5回目のふじてんから戻る | トップページ | ワックスを更なる開発 »

接触事故

今回の事故で、

気が付いたこと。

事故で気が付いては早い話遅いのです。

でも私は常に後から気が付くのです。

今回何が気が付いたか?


保険料です。

保険料には、いろいろあるが『免責』

と言うのがある。
 
わたしの場合、3万です。

さて今回の事故の場合、使うと3等級下がり2年後に3等級下がっての掛け金が車両を含め、18万高くなるという。


これは下がる等級の問題だから保険に入る前から18万分高くなるのは分っている。

ここが問題で。

もちろん事故の払う金額はわからない。

でも保険を使って(金額には関係なし)で何等級下がるかは決まっていて。

免責を高くしたほうが掛け金はいくらかは安く済む。

同じく今回のように自分で払えば、等級は下がらないし、次回はいくらか安くなる。

特典が出る。


 
たとえば今回の場合、保険を使って、次回高い保険料を払うのか。

自分で払って期限後の次回保険(加算分)?が安くなるのかである。

それなら初めから免責を18万にしておいたほうが、私の場合 得である。

お分かりかな?

免責18万は高いようだが,どっこい(18万までは自分で払う)掛け金は次回も含めやすくなるのである。

私の場合高くなるのが18万だがー20万免責のほうが。

損得からいうと、3万免責よりは、20万免責のほうが同じ?、初めの保険の延長なら間違いなく得である。

20万まで自分で払うのは、高いと思うが、次回の掛け金の差額と変わらなければ、

保険を使っても期限後に等級が下がった分取られることになるのです。

今回は後から気が付いたのですが、自分で払うことにしたのです。

この仕掛けは保険屋さんも知らなかった、事実です。


今回は本田車の代理店をやている富士駅近くの車屋さんでした。

結果は六万八千円の自己負担で解決しました。(バンバー交換)


蝋燭を買うのに100均通いをしている、姿と、あまりにも違いますが、いつも会うスキー友人?の

「早く払って忘れなさい、払ったほうがすっきりしますよ、ラッキーを追う人もいるかも、でもそればかり追えば、いつかアンラッキーが来ますよ」 

この言葉に癒されました。

鈴木さん有難う。

この言葉で不思議にえらく気が楽になるものです。

あの傷でバンパー交換が妥当かどうか、ボールは相手にあるのです。

投げ返されたボールにはバンパー交換とありました、いろいろつければ2倍にはなるといいます。

有難いと思わなければ。

 






 

|

« 5回目のふじてんから戻る | トップページ | ワックスを更なる開発 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 接触事故:

« 5回目のふじてんから戻る | トップページ | ワックスを更なる開発 »