« 昨日9月4日早めに引き上げました | トップページ | MRIとヘルストロン »

デットリゲティ

昨日息子が来て、

デットリゲティのUチューブをダビングして、お気に入りに入れて行ってくれました。

見るほどに素晴らしい、私の滑りは、何なんだ?。

素晴らしいGSで解説もついています。

スキーは雪面に対して垂直、スキーの滑走面ですよ、私とはまったく比較にはなりません。

ならば見ても仕方がないか?


所が私はオーストリアのレーシングスクールに10日程ですが入ったことが有るんです。

世界中から、色々な人たちが集まっていて。

夜は全員でミーテイングをやるんです。


此処には小学生も、20人程きています。

中学生ぐらいの方も居ました、200人程の人が集まってきています。


この人たち(子供)が大半を占めています。

スライドでは無く、ワールドカップ?での「ビデオも流します」スロー、コマ送り、停止、戻し有りで。


その度に、子供たちからの、質問に、丁寧に英語で答えます、私は英語が分からないですからただ、聞き流しているんですが、画面を指して説明しますので、指示先で協調部分が分かります。

約2時間やります。

オーストリアでは、子供レーサーに、しっかり,リゲテーのワールドカップビデオを分解しながら説明しているんです。

スキーレーシングは形から入るんだよ?と思える、指導法を取っています。

前の時間帯に、グループごとに、自分たちのビデオを丹念に一人一人流して止めながら説明していきます、私が習った日本でのスクールでは、駒止しての説明は有りません。

此れは1対1の説明に成ります。

この時が大事で、言葉は分からなくても、自分の理想のスタイルをしめして、ビデオを止めて、比べながら、聞き込みます。



部屋を変えて全員、の此の後です、リゲテーの滑りを分解しながら、納得いくまあで、聞き込むのです。

小学生小学年からリゲテーの滑りで、勉強しているのです。

彼らは恥ずかしがることなく、国は色々ですが達者な英語で聞き込みます、

うっかりしていると、小学校3年生ぐらいの女の子に、「ユースピークイングリシュ」と声を掛けられます。



日本では有りえませんね。

さてそこで、私の滑りと、オリンピック?のリゲテーの滑りでは問題には成りませんが。

何度も何度も、見ているうちに、子供たちと同じに、なにかを掴んでいくと信ずるのです。

(笑)

皆さん同じ考えですから、カウント数が何万にもなるのです。

スキーの教育方針がまるで違いますね。

それ程高くはないですが、お金を払う事だけありますね。

小学生から此れでは日本は勝てないな?

子供達の、?指導法が全く違います、根性論や、体力作り論は」出ませんでしたね、第一が楽しく、第二が形でしたね。

後で、声を掛けてきた女の子はフランス人と聞きました。

小3ぐらいの彼女たちは英語の会話を身に着けて、自信満々ですね。

私がいくらかでも、会話ができるなら、なんと答えれば好いのでしょう?

私は首をかしげて「リトル」と言いました、「何だつまんないの」と言う優越感に満ちた顔をして行ってしまいました。

この様なことがたまたま有って頭に浮かんだので、中1ですが孫の英研4級に御ほうびを出したのです。

出来ることなら海外留学の費用も出してあげたいぐらいです、出すとはいいませんよ。

ホームステーは結構思ったよりは高いようです。

|

« 昨日9月4日早めに引き上げました | トップページ | MRIとヘルストロン »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デットリゲティ:

« 昨日9月4日早めに引き上げました | トップページ | MRIとヘルストロン »