« 楽しい焼き芋会ー4回目でした | トップページ | 頼もしい絵を買って戴ける方が »

アメリカからIP6がやってきました

米ぬかから選出されて、日本では

足蹴にされた『IP6』がやってきました。

日本では前立腺癌末期には、ホルモン療法のみ(慈恵医大)。

サプリメントオタクの娘が私の為に探し出した「IP6、」値段は3ヶ月?分で1万5千円なり。

一月まあ5千円、此れを抗がん剤免疫力強化のアガリクスで飲もうとしています。

Img_7448
此れですよ、効くか効かないかは、信心しだい。

玄米が良いなら、良いはず。


今日は脳梗塞の医者の日、今は勘違いして自分で買ってきた、強力若本。

此れと医者から出ている胃薬、併用するとべんぴがひどい、脳神経の医者に相談したら。

「若本ですね結構ですよ」もっとも若本は保険が効かない、安いけれどね。


医者は「結構ですよ。癌はどうしたの?」「今の所手の施しようが無いそうです、女性ホルモンだそうですが、3割保険で1回1万5千円、高いですね、、、」

「仕方が無いのでじっとしていてもなんですので、アメリカからIP6と言う、サプリメントを取り寄せて、飲もうとしています、IP6は玄米の成分だそうですがご存知ですか」「知りませんねやっぱり玄米が良いんですかね」、

「材料が糠なのにアメリカに持って行かれた、アメリカでは臨床試験も通したそうです」再び「やっぱり玄米が良いのかね」

彼は知らなかった。(脳神経外科)

帰りに薬を取りに寄った、いつもの薬屋。

「IP6初めてですね、玄米ですか此れは聞きます、所で玄米お召し上がりですか」「入れ歯で食べられないから、ぬかからと言う、IP6なんですが、玄米いくらか混ぜては食べています、時に大麦とか」ニンマリされました。

玄米の方がおすすめなのに、顔に書いてありました。


英語は読めないので能書きは分からない、「カリュム、マグネシュウム」は読めます、

日本語の説明書も無い、最も飲み過ぎても後遺症は無いし無農薬と言うから、懐の限りお飲みなさい、と言う事?らしい。

本来は、IP6は玄米。カリュウムは(がごめ昆布、)マグネシュウムは(牡蠣貝)間違えました、牡蠣貝は亜鉛でした。

思ったよりカプセルが大きく(長さ24ミリ)飲み易くは無いですが、水で飲まないで、私はアガリクス茸で飲んでいます(笑)、今の所カプセルが大きいので1日に2-3錠の予定です。



なぜなら1日分の玄米のぬかの量から考えて、糠の量の二〇分の1ー50分の1と考えるとカプセルの大きさから考えて、

玄米を食べる代わりに飲むんだから、まー2-3錠だろうと考えたんです。

ましてアメリカ人から見たら私は、子供サイズ。


頭の良い医者で分からないアメリカでの臨床試験パスのサプリメント、たのみまっせ。



世界のお金がアメリカに集まるはずです。

最も集まったお金での建設で稼いだお金から、おこぼれをいただこうとしているのが私の投資信託(トリプルストラテジー)、分配金は今の所、年30パーセント越しています。(笑)お金は行ったり来たり。

せっかく読んで戴いている、英語の判る方の為に、写真を2枚。

Img_7449

Img_7451

サムネールで大きくなると思いますので、読めたらお読みください、今一でしたら、コメントください、写真を4枚にします(笑)。


癌にはやられましたが、美味しい人生は早い者勝ち?と応用かな?

|

« 楽しい焼き芋会ー4回目でした | トップページ | 頼もしい絵を買って戴ける方が »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカからIP6がやってきました:

« 楽しい焼き芋会ー4回目でした | トップページ | 頼もしい絵を買って戴ける方が »