« 私もサプリメント | トップページ | 癌に成ったら試験管? »

アガリクスが「待ってました」とばかりに

来ましたね。

昨日の午後に郵便局から送金。 翌日、昼には品物が届きました。

ところが、アガリクスは癌を治すのではなく、

Img_7428

Img_7429


免疫力を高めるものだそうです。

がん化学療法の、放射線や、抗がん剤を使用した後で、弱くなった免疫力を補強するもののようです。

ところが、私は放射線はやっていない。 抗がん剤も使っていない。

痛み止めは使っています。


肝臓以外、治療による副作用は無いとみています。

抗がん剤ではなく、ホルモン療法です。

ホルモン剤も効かなくなる時が来るとはいいますが、3~10年後らしい。


テストですが、今日はまだ2粒飲んでいた痛み止めを、止めてみました。

なぜなら、思ったより男性ホルモン制御薬が効いているのか、痛かった右腕が痛くなくなったからです。

元より、医者からもらっている2種類の痛みどめの内、片方は「自分で適宜に飲んでください」と言われていたものです。

もう一つは神経からくる痛みを止める薬です。

これを止めたのは、自分の勝手です。


運転や、運動をすると、痛くなることはあったのですが(ここ3ヶ月の経験)、案外効くので、また痛くなってからでも、間に合うんじゃないかと思えるからです。

でも、今日初めて2つとも絶ったのですから、今晩寝ていて痛くなったら飲むかも。

いろいろと試してみたいのです。

さて、届いたアガリクスですが、キノコを半分にして乾燥させたもので、陽に当たって育った割には、乾燥後も白っぽいものです。

1回に煮出すのは3グラムというのですから、100グラム約1月分?

計算すると1日、450円ですから、安い物ではありません。

初めて1日分、説明書にあった15分間煎じて見ましたが、乾燥シイタケから見ると、キノコ自体は完全には戻っていません。

煎じた色は濃いときと薄いときが有るようです、シイタケの色と変わらないときもあります。

ヤマ勘ですが、1日2本分、4欠け。 これが450円では、心情的にいかにも勿体無い。(笑)

誰かブラジルに知人がいないかな?。

説明では煎じた後(かす)は捨てると有りますが、これなら食べられる?と見ましたが、食べるには前の日から戻してから煮出せば、食べられる。

金額から言えば、皆さん食べているのでは?(笑)


問題は味ですが、シイタケを薄めた感じ、おいしいです。

一つまみのだしの素を入れて飲んでみましたが、めんつゆと変わりません。

味香りだけなら、シイタケの方が優秀です。



私は粉末やカプセルを嫌って、マルのまま取り寄せたんですが、自分なりに納得して、ACHHにも含まれるシイタケの混ぜものを加えて飲めば、目で見た量的には、納得できるのでは?

高い高いと思いながら使うのも、楽ではありません。

いつも飲んでいた神農茶より、よっぽど飲みやすい。

年寄の水分補給にはもってこい(笑)

テスト的に鰹風味を入れても飲んでみました、


とりあえずは、クセのない飲みやすさに、まずは安心したところです。

後で、茎ごと食べてみました。 

シイタケよりは茎も柔らかく、入れ歯の私でも、15分煎じたものは難無く食べれます。

ダシガラのキノコの中には、だし汁の3倍程のうまみが残っていました。

これを捨てるなんてもったいない。

1週間後くらいにアメリカから届く予定のIP6(アイピーシックス)は、免疫強化ではないそうです。

一緒に添加されているイシノトールと一緒に摂ることで、ナチュラルキラー細胞を活性化し、がん細胞の増殖を阻止するサプリメントだという。

頼もしい。 娘が見つけた奴。 これでしょう。

アガリクスで免疫を強化しながらIP6で叩こうという魂胆です、自分で混ぜたシイタケとともに。(笑)

十分な量を摂るには、値段は同じく高いですが、これは通常の3倍飲んだ場合。

病気の場合は多めに飲む事が推奨されていて、多く飲んでも無害であることが証明されているそうです。

飲むからには頼もしいものになることを期待したいです。


IP6は米ぬか(玄米の一番外側の茶色の部分)から採れるそうです。

やっぱり以前、日本人の大学教授が米ぬか内の抗癌物質を開発したことがあったらしい。

けれども、臨床試験が始まる段階まで来たら、臨床試験は理由なく突然中止になってしまったという。

その後、アメリカ人の博士が、研究・開発し、臨床試験もされ、IP6として、アメリカで発売されたと言います。

日本の製薬会社が足蹴にした米ぬかの抗癌物質、効くと面白いですね。

信ずる者は救われる。(笑)

もっとも、皆さん、私を御存じの方が、このブログを読んでいると思うのですが、斜めに読んでいても、明日は我が身ですから(笑)

無意識のどこかに、私の体験の内容がひっかかっていて、何かの助けにならないとも限りません。

以後も、失敗、成功、どちらも忌憚なく、発表していきますので、よろしくお願いします。

このブログの解析を見ると、30~40代の方が、読者の中心層です。

思いがけず、お若い方が多いので驚きです。

若い内から、塩を絶って、玄米に手を出してください、発芽玄米を高圧窯で焚くと美味しいと言います。

私は今の所入れ歯にかこつけて、お金は掛かりますが、余命しれたものですからサプリメントで行こうと思っていますが、半玄米ご飯に戻すかも?。

|

« 私もサプリメント | トップページ | 癌に成ったら試験管? »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アガリクスが「待ってました」とばかりに:

« 私もサプリメント | トップページ | 癌に成ったら試験管? »