« 種切れでコメントを | トップページ | いよいよ30日 »

いよいよ29日夕べも100点

1日おいて、夕べも100点でした。

10時に布団にもぐって、12時半でした.。

おまけにガスが付いていましたから、これは今夜はダメだな。

ならば、いつもの様に、ここで飲まずに、3時に起きた時に飲もう。

所がですね、寝たらなんと起きたのが、8時でした。

もう120点ですが、殆ど120点では申し訳ないので100点ですね。


私はね、テストで小学校以来70点を越したのは、運転免許試験が初めてです。

体操は良かったのですが、試験はなかった。

得意科目には試験が無くて、他は全部試験が有った。

私にしては不満足の、小学校6年間、中学校5年間の11年でした。

所がね、運転免許の試験で、初めて合格点をとれた。

今回癌になってから、最近、お手盛りですがね。

100点が出た。 この気持ちの良い事。

普通の人は100点でなくてもね、合格点で、この気持ちの良さを、11年以上味わっていたのが、何ともうらやましいですね。


記憶には関係が無い、サプリは単なる応用でしょう。

岩壁登攀で、いくらか優越感は味わいましたが。

山が無かったら、私は惨めな一生でしたね。

自分で付けた100点がこれほど気持ちがいいとはね。


スキー大会での金メタル級の刺激ですよ。

これ等は好きでやるんですが。

学校の試験は、好むと好まざるにかかわらずの試験で、競争でしょう。

競争はね、好きな人だけやればよい。

どんなに頑張っても、頂点は一人。

ここですよ、頑張れば報われると言いながら、一等賞だけ優遇されるのが民主主義なら、私はこんな民主主義には賛成できない。


日本の英語の常識を見ても。

ヨーロッパのオーストリアのウイーンですよ。

ウイーンと発音するのは世界広しといえども日本だけですよ。

こんな英語を学校で教えて、何に成るんですか?

ウイーンならば、『ヴィエナ』が世界、どこでも通じます。


金メダルは一生にたったの1度しか味わっていませんが、2個3個に望みを掛けるのは、今までの劣等感を晴らすためのもの。

老いてからでも頑張ろう、何とか成そう。

強い望みだったんですがね、上手くは行きませんね。

若い多感だったころの劣等感の挽回に期待したんですが。

遅かったと言う事ですかね。


強い劣等感も私にしか解らないでしょう。

今回の、100点120点の嬉しさは、これまた私にしか解らないのでは。

末期癌が素人目には、回復傾向に見える。

本当は癌の回復でないかもしれない。

少なくてもおしっこの感じは、回復に思えるんです。

先輩は『その内に又ダメになるよ。』と思っていられるでしょうが。

悪性の末期癌のレッテルに、歯向かおうと、力の限り、、、は大袈裟ですが。

まーブログ読んで戴いた通りですがね、どのように変化していくか。


いかに安く、いかに効率的に「どうせなら、こうやった方が良さそう。」

競争ではないので、あんまり無理をしない様に。

無理な学習なしで、現在の知恵で、「出来るだけ」やりたいと思っています。

今夜のおしっこはダメ元ですから。



だいたいが、英語の試験でも、日本の学校の試験を100点取れても社会に出たら使えないのでは?

100点取った英語が、極端にいえば、例えばですよ。

オーストリアのウイーンですよ。 日本ではだれもがウイーン知っていますよね。

誰が始めにつけたのか?

ところが海外出張の多い息子いわく、「日本以外の世界では、何処でも通じないよ。」

世界で通じるのは『ヴィエナ』ですよ。

100点が笑わせますよ。これじゃー駄目でしょう。

単なる競争でスキーの金メダルは、好きで参加するのです。

競争で勝ったものが良い思いをすると言う「民衆主義」これはまやかしだと思うんです。

好むと好まざるとにかかわらず、競争に巻き込まれる。

勝っても何時も頂点はたったの一人です。

この一人が特に良い思いをして、好しとするのが日本の民主主義。

落ちこぼれの私は賛成できかねます。

どんなに頑張っても、思うようにはいかない。

こんな人が沢山出て好いのか?

11年間劣等感で暮らした人でなければ、解らない。

100点の嬉しさの大きさは解るまい。

例え、今回のお手盛りの100点でも。

|

« 種切れでコメントを | トップページ | いよいよ30日 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ29日夕べも100点:

« 種切れでコメントを | トップページ | いよいよ30日 »