« 83歳の前立腺癌は | トップページ | 鶏のクリスマス »

ビカルタミド80

現在私が飲んでいる薬

検索しているうちにいろいろ出てきますね。

前立腺癌には一般的に使っている、ホルモン剤のようです。

この様に有ります。


適応となるがん
前立腺がん

前立腺細胞の男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体に対するアンドロゲン結合を阻害し、抗腫瘍作用を示します。

通常、前立腺癌の治療に用います。

主な副作用
重大な副作用としては肝機能障害、白血球や血小板の減少、間質性肺炎などがあります。一般的は副作用としては、男性ホルモン低下による乳房のふくらみや痛み、勃起力の低下、ほてりや関節痛などが起こる場合があります



他にもいろいろ出ますが。

取りあえずの心配は肝臓ですね。

|

« 83歳の前立腺癌は | トップページ | 鶏のクリスマス »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビカルタミド80:

« 83歳の前立腺癌は | トップページ | 鶏のクリスマス »