« 夕べのNHKスペシャル | トップページ | やってきましたジンジャエール »

膠とゼラチン

小さなカプセル、サプリメントを包んでいるのが、ゼラチンです。

ゼラチンの精製前が膠という事でしょう。

古代エジプト、5000年前の書物に、書いてあると言います。膠はやはり接着剤に使っていたと有るそうです。

中国敦煌の莫高窟の壁画が日本画の始まりと言いますから、どっちが古いか解りませんが。

私にとって、膠もゼラチンもいささか関係が有ります。

サプリメントのカプセルがゼラチンです。

日本画の接着剤がにかわです。

膠がゼラチンです。

がん料を膠で壁などに接着したと有れば、まさしく日本画ですね。


そこで何時も思うんですがね、現在は可なりの量のゼラチンを日本でも作っています、2トンぐらいは作っています。

現在は建築のフローリングの接着に使うらしいです、化学物アレルギーを避けるためと有ります。

我々に関係した所では、書の墨が膠でカーボンを固めたものですが、思いがけ訛ったのが弓を作る時に竹を張り合わせる、ノリに結構膠を使っているようです。

ゼラチンは殆ど膠ですね、冷やして乾かすと固くなり、水と温度で柔らかくなる、写真の感光材にもゼラチンは使っていましたね、水をはじく礬砂と言うのも有って紙などにつか鱒が日本画でも礬砂は使います。

サプリメントのカプセルも今はゼラチンですが。

健康に良いと言われている「植物繊維」ですがね、水溶性植物繊維が欲しいんですね。

カプセルにゼラチンでは無く、寒天を使えないんですかね?

日本でゼラチンが遅れたのは、寒天が有ったからと言いますから、可成り似たような使い方をしていたのでは、?

いま私は可なりの量のサプリメントを飲んでいますので、これらのカプセルが全て水溶性植物繊維で出来て入れがカナルの量の水溶性繊維が自動的に取ることになります。

勿論何らかの栄養素が入って居れば、それはそれでよし、カルシュウムとか、ビタミンCとかね。

作れないんですかね。

|

« 夕べのNHKスペシャル | トップページ | やってきましたジンジャエール »

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 膠とゼラチン:

« 夕べのNHKスペシャル | トップページ | やってきましたジンジャエール »