« 1月3日は | トップページ | 岩っ原さんあっぱれ »

お知らせしたい下仁田葱

お昼はマルちゃんの醤油ラーメン。

所が私たちは汁は飲みません、蕎麦に付いてくるだけはお腹に。

スイスのスキー場でお昼に、誰かが持ってきたマルちゃんラーメンを食べたんです。

ところが、お昼休み、ラーメン用の葱を買おうという事で、スーパー(スイスの)を覗いて、有ったわ。

これだ。

手にしたのが、何と、形は下仁田葱の小型版。

これは行けそう。

喜んで使った訳。

スイス産でも柔らかくて美味しかった。


今日の家の昼食もマルちゃんでしたが、ネギが無いので、近くのファミリーマートへ。


まーまーのやつは有りました。

ついでにモヤシも。

もやしラーメンも旨い。


作っていたら、スイスの事を思い出して「確か下仁田葱の小型版だったぜ。」


下仁田の元祖はスイスかもよ?と言う話になった。


鶏だって天然にいくらでもいる。

娘曰く、「ネギはね、たぶん中国でしょう。」と言うので、調べてみる事になった。

私も天然葱はヒマラヤの登山道近くに有るので云々、という報告文を読んだ覚えが有って。

だって天然という事は、人間の文化以前に有ったと見るべきだからだ。


元種はヒマラヤかもとは思った。

だって山に自生していると言うんだから。


ラーメンを食べてから、検索してみた。

中国西部および中央アジアと出た。

そこからヨーロッパに広がったが、アメリカには最近だそうで、あまり食べられていないとも出ていた。



栄養も効能も調べてみた。

一番気に入ったのが何と、緑の部分が白い所より格段の栄養が有るとも出ていた。

ビタミンは元より、問題のペクチン、ポリフェノール他。

所が。

私はかなり昔から、長ネギは青い所の先まで食べていて、買うときにも、なるたけは葉の先まで食べられそうな奴を選んで買うのだ。

青い所が傷んでいるものや、先を切っている奴は、なるたけ買わないことにしている。



サバイバルの神様、横井さん、この方が言った、。

「だいたい葱は、青い所も全部食べます。」

これを聞いてからだろう、俺もサバイバル人間のはず。

以後、根っこ以外、すべての部分を食べている。

特にチャーハンやマーボ豆腐などは、青い方が見た目も綺麗だし、味も美味しい。

勿論、正月に食べたすき焼きも、青い所も端迄すっかり食べている。


所が今度初めて長葱の検索で、圧倒的に青い方が栄養価が高いとあった。

それより下仁田葱だ、他のネギより現在は3倍の栄養価が有ると出ていた。

あまり口にはしないが、さすがに人気が有る訳。

スイスで見た下仁田ネギもどきも栄養が高いのかな?

青い部分の長ネギは殆ど薬草並の栄養と有った。

ポリフェノールもバッチリと有った。

長ネギは下仁田葱の青い部分に限る、とさ。

長ネギが癌に効くとは書いていないけれど。

ゆずの種は、癌に効くと書いてあるよ、しかも『驚くべき』と有った。

|

« 1月3日は | トップページ | 岩っ原さんあっぱれ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お知らせしたい下仁田葱:

« 1月3日は | トップページ | 岩っ原さんあっぱれ »