« やってきましたジンジャエール | トップページ | 成人の日前夜 »

焼き果物で10歳若返るを読んで

先日岩原さんからのコメントで、ゆずの種の黒焼き、という漢方の事が気になり。

焼き果物で10歳若返るの本を買ったのです。


83歳の末期癌患者が10歳若返る事も無いとは思いますが。

でももう少し広く焼いて滋養が伸びるのであれば、読んでみる価値が有るのではと、

読んでみた訳です。

Img_0056

最後に100字で感想文を募集が有りましたので、何か書いて送ろうかと思ったのです。

何故なら、読んでいる途中に本以外のことも頭に浮かぶんです。

書きたいことがいくつか出てきたからです。


そこで自分のブログなら、200字でも300字でも書ける訳ですから、一旦思ったことを書いてみたいと思ったのです。

先ず焼いたら美味しくなる。

此れは解りますが、本では黒焼きと言いますし、果物のしょうを残すと有るんですが、

程度が判らない、有る時は、炭化された炭が不純物を体内から吐き出すと有りますが、炭なら熱帯魚に入れる炭でも何でも同じ効果では?ここに疑問が有ります。

例えばリンゴでなければ、この効果は出無い、だから焼きりんごは良い」でなければ。

ドレを焼いても同じという効果に成るのでは。」ここは説明が無いのです。

更に本の主文が、ミカンの焼きミカンです。

ミカンを焼いて皮の部分に有る養分を実に写そうとしていますが、焼いて皮ごと食べるなら中に養分が写らなくても良い。

焼いたら皮が食べやすくなるなら、一つのほうほうですが。

更に温州ミカンについてはかなり、詳しく述べていますが、他のかんきつ類との比較が無い、大昔ならともかく、現在は少なくても10数種類は有るのですから。

4書類ぐらい代表的な品種の比較が欲しかった、グラフが有れば、自分で選ぶことができます。

かんきつ類の苦みが良いようですから、何が1番苦いか、グラフが有ればすぐに解ります。

今一つ。
焼いてもミネラルは変わらない、ともありますが、鉄や亜鉛などの金属は変わらないでしょう、同じなら何故焼くの、の疑問がわきます、変わらないなら焼くことは無い。

焼いて何かが増える、此れは見逃せますん。

此れは比較が有ります。

でもここにも落とし穴?が有ります。

水分の問題です。

当然焼けば水分は無くなりますが、だから養分が増えたは無いでしょう。

「増えたのではなく水が飛んだ」だけです。

養分は何グラムにいくらと図りますから、軽いものが有利です。

1個の生と同じもので焼いたらこうなった。ここで大きく変化すれば、焼いた価値はあります。

此処も分からない。

例えばですよ。

本では出ませんが、玉ねぎの皮と実を比較すると、皮に沢山の養分が有ると言いますが、実を乾かして皮と同じ水分にしたら、実の方が養分が多いのでは?更に他に皮には無い他の養分が有れば更に、食べる量次第です。

本では測り方のグラムが出ていない。

乾いた玉ねぎの実と皮の比較でなければ分かりません、目方が違いますでは、、。

これでは皮を食べることは無い、実を沢山食べれば事は足りる、訳です。


本には出ませんが。太陽乾燥は良く言われます、此れは生の養分より、天然乾燥した方が、何倍も養分が増える、1枚の魚1枚のこんぶ。又はキノコお米。

同じもので養分が増える又は美味しい。

同じもので人口乾燥と太陽乾燥でどのくらい変わるか。ここでしょう知りたいのは、

お米だって天然乾燥は値段が5-6倍でも売れるんです、2倍では無いですよ。

買う方は良く知っているという事ですよ、

御飯を炊くだって、今はひとり者用で5万は高い方では無いんですよ、友人が使っています。美味しいと言っています。

天然乾燥のお米ですが。
こればかりは数に限界が有るので1年先では買えない、と言います、案外近くですよ、販売は我々に関係のある、石打スキー場ですから。

10キロいくらか聞いてごらん、スキーの帰りでは間に合いませんよ。

来年の分で頼んでおかないとね、ネギッたら買えませんよ(笑)

大昔はお米は全て天日干しでしたがね。

この本を読んで焼きの本ですが、読み終わると、「人工乾燥と日光乾燥の違い」の方が本が売れたかも?(笑)

現在でも棚田では天日干しが多いですから、コシヒカリなら、きっと高く売れていますよ。

此れは太陽乾燥が良い。日もち?も良くなる。此れは養分では無いですが。

此れも分かります。まして味が良く変わって来れば、尚です。

我々には出来ない、養分の分析が知りたいですね、有れば買いたいですね。

例えば本には無いですが。時間を掛けて焼き芋の様に、焼けば糖分が増える、此れなら時間を掛けて焼くのでは。

でも炭にはしませんが。

本では「炭では無いですよ」ともある。ここが我々素人には焼く加減が判らない所ですね。


今一つは焼く時間の労力の問題です。

焼いて目方では無く、1個に含まれる、養分が3-5倍に成れば考えますが、2倍で時間を掛けて手も掛けないのでは、早い話二つ食べればよいとなり。生で沢山食べればとなります。
2倍食べなくても、食べようと思えば大抵は2倍なら食べられます。

食べられない所にサプリメントが有るんです。

アガリクスも同じです。食べれば月に1万5千円、サプリなら1500円?まーもっと高いのも有りますがね。費用です。

サプリメントには妥協があるんです。

青魚のサプリを飲んでも、すし屋の中トロは月に2回とか?、だいたい決まっています。5回は行きません。

なぜなら体に良いからお寿司をたべに行くのではなく、美味しいから行くのです、たまたま中トロが青魚だった、に過ぎないのです、意識しても1個多く食べるかぐらいです。

ならば1日4粒を二つぶにしてもサプリメントの養分は一月計算で、平均して取れるのでは?青魚ばかりを食べては居られませんよ。ここですね。

納豆なら食べている方も居ます。

だからと言ってサバや秋刀魚も月に何度かは食べます。

私は平均肉よりは魚が3倍は多いんですが。

此れでは長生き出来ないのでしょうか?長生きと若くなるは違いますがね。

果物を焼いて食べて、焼くことによって何か化学変化で、重要な養分が何倍かに増えれば、サプリメントは止めるのでは?

サプリメントは美味しくは無いですから。


焼いた時の同じものの中の養分を知りたいのです。リンゴなら1個は1こでね。

干しても同じ1パックでの養分の変化がしりたいのです。

そこで焼くか焼かないかは本人が労力や時間とを比べてきめるんです。

専門家は素人では出来ない、知りたい事に挑戦していただきたいのです。

ゆずの種が便秘に良い、博士は「本では無いですよ」


種の周りについている「ぬるぬるが、水溶性繊維だから」

だから便秘に良い、と言いますが、私はまやかしと思うんです。

せっかくのぬるぬるも黒くなるほど焼いてはいかがなものか。水に解けますか?黒焼きですよ。

ぬるぬるは生でもほんのわずかだからです。ジュンサイなら多いですがね。

ゆずの種のぬるぬるを洗い流しても便秘には効果が有るのでは?、と思うんです。

種のぬるぬるだけを焼いて、効きますかね?タネ5-6個では水溶性繊維、耳かきに1杯出ませんよ。(笑)

まだまだありますが、気が付いたら書き足していきます。

本以外の例が多くなりましたが。

投稿には本にこだわって書きます。


本で例えば苦み成分ですが、可成り大事に書かれていますが。

温州ミカンと、他のグレープフルーツの比較又は今私が利用しようとしている、ゆずに含まれる、ナリンギン(にがみ)の量の比較、が知りたいですね。

比べて見ないと判りませんが、我々は味でしか解らない。

私なら温州ミカンを焼いて食べなくても、庭にあるキンカンやゆずで間に合うのではと思うんです。

ただ11月や12月はゆずは本当に苦いです。更に加工しなければ4月からは無くなります。3月いっぱいです。

ただ我が家でも温州ミカンは、12月1月初めまでに二人で40キロは食べますが、栄養は殆ど度返しで美味しいから食べているので、皮は食べません中袋は私は今食べている銘柄ミカンなら食べます。『佐康園』  

早い話、今の時代は、養分が何がどれに、どのくらいか解っていれば。

『良い所取り』

が出きるのでは?。

ポリフェノールが欲しければ、何を取ればいいか?だいたい解ります、植物で色の濃い物でしょう。

|

« やってきましたジンジャエール | トップページ | 成人の日前夜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメント有難う。

岩っ原さんでなくても人間にはいろいろな人がいます、冒険もしますし、いたずらもしますし、目を掛けた人には応援もします。

勿論気が合わない人もいます。

ただそれだけです。

誰が何と言おうとも、付かず寄らずで結構です。
打越さんだって、いろいろアドバイスは有りますよ、アドバイス大変ありがたいです。

勿論意見が違うところも、御指南ください。

投稿: HIRO。 | 2015/01/12 12:52

南先輩・・・!

私のおせっかいが・・
   お役に立てて何よりです。

三度目のおせっかいですね!

覚えてますか?

一度目は丸沼のサマーSKIで南さんの滑りを
ビデオに撮ってDVDに・・。
 あの時、私の悪い評判を否定して下さいました。

二度目は水切りヨーグルトの紹介です。

これからも、あっぱれ、がってん、がってん・・・と言っていただけるコメントがきれば幸いです。

投稿: 岩っ原で~す。 | 2015/01/11 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼き果物で10歳若返るを読んで:

« やってきましたジンジャエール | トップページ | 成人の日前夜 »