« トイレ掃除 | トップページ | 巡音 ルカ »

輸入?小麦が問題

これまでに

>アメリカで、2000人もの患者に小麦抜きの食生活を実践してもらったところ、

高血圧、肥満、糖尿病、心臓疾患、内臓疾患、脳疾患、喘息など、現代人のほとんどの生活習慣病に顕著な効果がみられたというのです。


これが本当だとしたら、驚くべきことです。

17年ほど前、この年まで医者に行く暇が無く、長い間苦しめられた水虫退治をしようと決意しました。 

まずは近くの変わり者皮膚科に通ったんです。

結果は2年通っても治りませんでした。

何故17年前と知っていたか?

私は65歳で渋谷の店の表舞台から引退したんです。

息子に会社経営を任せて、自分は会長の身分で、給料だけ頂くことになりました。

だからこの年月だけは忘れないんです。



薬を塗って電気を掛けて、、、2年。

だめですね。

通い続けていると、健康保険会社から電話が来て、「間違いないですね」と念を押されたほど通った」

有る時、水虫の話では無く、アトピー性皮膚炎や花粉症の話になったのです。

電気を掛ける間、客が無ければ、医者は暇ですからね。

「あれはね、東南アジアやアフリカなど後進国には無いんだよ。ほこりまみれ泥まみれの方が、アトピー皮膚炎にはならない。」と言う。

勿論水虫も無いと言う。


こんな話を聞いていたんですが、

有る時雲陵会に、農学部の確か博士?卒がいて、SN君、話をすると、彼曰く「そうなんだよな文化病っていうんだよな。」とけろり。

私は何か食べ物に関係が有るのでは?と切り出したものです。

所が、れっきとした大学講師もやる「有識者」このような人が文化病として片づける。

彼らが商売抜きで、不思議に立ち向かわない限り、多くの患者が苦しむのでは?

と思うんですが。

今回目についたのが「ウイリアムス デェームス氏」なる人物。 

アメリカ人かな?

私は「さもあらん」と。

勇気ある人もいるもんだ。日本ならたちまち職を失う。

 

応援しようと思って、今日は私の記事に取り上げたんです。

問題は農薬や抗生物質の様な気がします。

輸入小麦が犯人ではないか?

日本での牛乳も農薬や抗生物質が問題は判っていて。

有る医師が「現代の生活習慣病は、牛乳犯人説」を唱えて、4大乳業者と訴訟になり、負けて発言力が無くなった。

他の医者は以降「牛乳を殺菌すると劇物になる。」や

「牛乳の脂肪分が発がん性物質」等と表現を柔らかくしている。

これは、牛乳を薦めている国家が、関わっていたのではと思えてなりません。

発言力を止めたら、不思議を追及できなくなるのでは。

後になって、時代が来て。

やっぱり、犯人は、給食の牛乳やパンが真犯人だったとしても。

誰か、初めに言う方が叩かれても、戦争中の憲兵の様に、終戦後には責任を持たない。

国の指導者が国民が本当に大事なら、数少ない賢者を大事にしないとね。

水俣病の二の舞に成るよ。

私はね、無塩パンは食べています。

でも、最近、牛乳はね、極力止めようと思い始めました。

生協で売っている、無農薬契約栽培の豆乳を、

牛乳の代わりに飲んでいます。

最近は豆乳でも、カルシュウム入りが出ていますからね。

味は豆乳も牛乳も思ったほど違わない、今までは「カルシュウムが無いからな、」でしたが。

牛が悪いのではなく牧草がダメなんですね。

農薬漬けの牧草。時に「放射能」

それが牛乳に混ざってしまうらしい。

北海道の一部には無農薬・抗生物質なしの牧場も有ると聞きますが。



文化病の嫌な方ウイリアムス ディビス氏の警笛に、耳を傾けたいものです。

末期癌と戦っている、サプリメントのお客さん83歳。

|

« トイレ掃除 | トップページ | 巡音 ルカ »

「エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輸入?小麦が問題:

« トイレ掃除 | トップページ | 巡音 ルカ »