« 佃煮 | トップページ | ゆず種の黒焼き »

前立腺がん末期、お腹の注射を止めて見たいと言ったところ

その前に株の方ですが、今日も万々歳、元気よく上がりました。

さて癌の方ですが全面的に回復してきていました。

最も今日は血液検査の結果です。

先ず並べて見ましょう、血液検査採取日2014、09月19日より。 

ALPアルカリフォスファターゼ(骨転移マーカー)

                    1133   上限300      9月、19日

同じく                 4320   上限300    11月、14日

同じく                 1602   上限300    12月 12日

同じく                  409    上限300    3月  13日

上の骨の癌転移指数は11月が高かったことに成ります、この数値は癌の骨転移数値です。

今日は殆ど平常並だと言っていました。


前立腺がんPSAマーカーも

          9月19日  (31.94)

            12月12日 (0.23)
  
         11月14日は(0.84)

           12月12日(0.23)

            3月13日今日(0,15) 断然下がってきています。

今日の血液検査での栄養分数値も異常なしでした。

Img_0211

血液検査の数値も良いし、今日は、例のお腹の注射を見送りたいと申し出たんです。

思ったより反応がきつく

「途中で治療をおやめになる方は居ません。 最悪の状態になりますよ。 一生続けなければすぐにぶりかえします。 必ず死にますよ。 痛くてのたうち回ります。」

カンカンでした。

「今度悪化したら、間違いなく命取りになります。」

真剣な顔で「是非、結果を見たいものです。」

はやい話、慈恵医大の主治医は、絶対反対。

「ビタミカルドは続けたいのですが。」と言っても、

「ビタミカルドだけでは、効果が出ないので、注射を止めるなら飲み薬も出しません。」

意地悪をされた。

「こちらに、今お話ししたことを書いていきますので。」とパソコンに打ち込む。

「家族の方には話しておいてください。」

家族の反対で、3大療法を強制される人が多いことを、医者は知っている。

「ここに、あなたの方から、薬を見送りたいと言われて、見合わせますと書いておきますので。」

でも、ビタミカルドは続けたいと言ったのに、医師のいじわるで出さない事は書いていなかった。

自分に都合の良いように、書き変えている。

あんまりすごい剣幕だったので、驚いて隣の診察室から、他の医師が駆け込んで来たほどでした。

診察室内は一時騒然。

言葉あらわに、殆ど喧嘩状態で別れました。

そんなこんなで、お腹にブスリの注射液の名前を聞きそびれましたが、「脳からの指令を抑える薬で3ヶ月に1度です」と。(後日聞いてみた所、ゾラデックス3倍濃度だそうです)



ビカルタミドは、飲んで1か月でPSAマーカーが下がったので、私も効いて居る様に思えるんです。

何度か頼んだのですが、ダメでした。


私の考えでは、もしかしたら、医者の薬と、サプリのIP6の相乗効果で治ってきているのかもしれない。

私だって初めてですから、良くは解りませんが、可能性は有るんです。


効いて居るのではと思われている『IP6』が、

 
本当に聞いているのか、気持ちだけなのか、確かめて見たいんです。

これで近じか腕が痛くなれば、IP6は利いて居ない事になります。

人体実験です。

ビカルタミドは貰えるものなら、欲しかったのですが、慈恵医大では「けんもほろろでした」


仕方なく、近くの行きつけの医院に頼んで、ビカルタミドを1か月分処方してもらいました。

一月分がやっとで3ヶ月分は出せませんと。

「でも肝臓だけは調べさせてください。」という訳で、又採血をしました。

18日には判るとか。

「男性ホルモンが前立腺癌のエサですから、注射を止めると、たちまち戻りますよ。」

と凄まれました。

あれだけスゴまれると、断るのにかなり度胸が要りますね。


家内に言うと「調子が良かったんだから、そのままで行った方が良いのに。」と反対意見でした。

医者と家内に反対されて、普通の人なら断れないですね。

私は並の度胸では無いね。

医者は、自信たっぷりに「見ものです。ぜひ見せてください。」力強い言葉でした。

でも先生は見た所よさそうな先生でしたよ。

悪意があって言っているような感じは無かったっです。

お腹にブスリの2万円の注射を断って。

このまま快方に向かうか?

末期癌で、医者に反対して、悪化しても文句の言うところは無いが。

これで悪化しても本当のクライマーだった私は悔いなし。

その時は、頭下げて「やっぱり駄目でした。」と兜を脱ぎます。

でも良かった。

3か月後に、元気であの診察室を訪れられられるか。

「やっぱり駄目でした。」と頭を下げるか、自信は無く、

あぶななかったので「一旦、見合わせたいのですが。」といったのです。

「完全に止めたい」のではなく、とは言ったのです。

近代医学とサプリのIP6とどっちが効くのか、本番の実験台です。

医者はIP6は全く眼中になさそうでした。

盛んに「近藤 誠先生は話にならない。 駄目。 放射線の先生は分かっていない。 

あの先生は放射線科です。 そのうち訴訟になりますよ。」と何度も言っていました。

でも私としては戴いている薬と、IP6の相乗効果が有りうるとも思っています。

話は変わりますが。


水虫の話です、皮膚科にいくら通っても2年も通っても治らない、

所が、民間療法で「お線香で叩くと熱くないし殆ど1っ発で治るよ。」

2年間がですよ。

所が、「線香で叩いた後で、医者からの薬を塗らないとダメだよ。」

なるほど、実験の結果、どちらか片方では治りません。


水虫は医者では絶対に直らない。

絶対がつきます。

私が実験済みです。

お腹にブスリで2万円ケチって、命を短めるかな?

今日はそんな話です。
                  

|

« 佃煮 | トップページ | ゆず種の黒焼き »

コメント

有難う

中村先生と仲良くしていたのがここで生きるとはね、

出さないのは意地悪としかおもえなかったんですが、診察室は今回騒然としました。

兎に角断ったので、本来は次回からと言ったのですが、無理やりに「今回から見合わせましょう」おしうり帳でしたが、逆らう事は出来ませんでした。

3か月後元気に診療室のドアを叩きたいものですが。

向こうでビカルタミドの話はしません、中米良先生も。慈恵医大ですから、まずいでしょう(笑)

投稿: hiro 。 | 2015/03/13 17:15

こんにちは。

ビカルタミド(商品名:カソデックス)単剤投与(他の薬を使わない)でも、

進行性の前立腺がんは、

臨床試験で63%が縮小してます。


慈恵医大の泌尿器科の医師が、

素人でもネットで簡単に手に入る

この情報を知らないのは、

変ですね~(笑)

 

以下、コピペです。 ご参考までに。

>男性ホルモンの中でも

テストステロンが有名ですが、

前立腺の組織にテストステロンが到達すると

、酵素の作用によって、

さらに強力な男性ホルモン作用を示す

ジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されます。

このジヒドロテストステロンが

前立腺がんの増悪に関与します。



ビカルタミド(商品名:カソデックス)は

ジヒドロテストステロン(DHT)が

アンドロゲン受容体へ結合する過程を

阻害する薬です。

これによって、

前立腺がん細胞の増殖を抑えるのです。



ビカルタミド(商品名:カソデックス)の特徴

1日1回1錠という簡便な方法によって

前立腺がんを治療する薬が

ビカルタミド(商品名:カソデックス)です。


男性ホルモンは

ステロイドと呼ばれる骨格を有していますが


ビカルタミドはステロイド骨格を有さない

構造(非ステロイド骨格)の薬です。



臨床試験では、

未治療の進行性前立腺がんに対して、

奏効率(がん細胞が縮小したり、消失したりする割合)は

単剤投与で63.0%であったことが

分かっています。



細胞毒性によって

がんを治療する薬ではないため、

脱毛などの副作用は少ないです。

その代わり、

男性ホルモンの働きを抑えるため、

主な副作用としては乳房腫脹、乳房圧痛、

勃起力低下などが知られています。



このような特徴により、

性ホルモンの作用を

コントロールすることによって

前立腺がんを治療する薬が

ビカルタミド(商品名:カソデックス)です。


お大事に。

投稿: お姉ちゃん | 2015/03/13 16:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前立腺がん末期、お腹の注射を止めて見たいと言ったところ:

« 佃煮 | トップページ | ゆず種の黒焼き »