« ゆず種の黒燒は | トップページ | G山想 »

暑さ寒さも彼岸まで

昔の人は旨いことを言ったものだ。

今日は未だ17日、だから彼岸の21日までは4日程あるが、今日はかなりの暖かさだ。

間違いなく、暑さ寒さも彼岸までに当てはまりそうだ。

実は今にも枯れそうなのが、昨年植えたブルーベリーだ、暗闇祭りで買ってきた1本と近くの園芸センターから買ってきた1ほん、2本先に植えてあったんだ。

其の2本にチャンドラー1本が巻き添えを食って3本が怪しい。


所が、昨年春ですよ。

調べているうちに、500円玉と並んだ果実の写真を見て、どうしてもチャンドラーと言う品種が欲しくなり、探したところ茨木に有る事が分かり、頼んだら3本一組しか駄目だと言う。

仕方なくこの3本を頼んだ、時期的には少し遅かったが残り物に福という事も有るので買って植えた訳です。

庭は狭く良く日も当たらないのに欲張ったものです。

だいたいが私は慾が深い。

その後どうしても欲しくなったのが、サクランボ、此れもスぺアも入れて2本になった、おまけにどうしても杏子が欲しくなり、この年(昨年は8本の果物の木を植えた事に成る。

ブルーベリー2本やられても仕方がないか、3本残れば良しとしよう、


ただ植えれば良いと言うものでは無い、まだ寒い1月、成績が悪いので、ブログでこぼすと、
佐藤さんからアドバイスが来た、娘さんがブルーベリー農園に勤めでいると言う、

聞くと茨木だから私が買った農園かもしれない。

土が悪いと言われた。

早速プロの?アドバイス、ピートモス土を買ってきたんだが、余りにも寒いので少し暖かくなってから植え替えようと実は暖かくなるのを待っていた訳。

そして一旦暖かい日が有ったが、寝坊してパス。

今日こそはと植え替えた訳です。

今日一気にチャンドラー3本と前に買ってあった5本植え替えました。

100パーセントピートモス1本にバケツ2杯ずつ。

所が木の芽を見ると、2本は今にも枯れそう。

だめかも?3本は何とかなりそうです、花芽が沢山ついて居るよう。


サクランボの方は売れ残りの(鉢植え)貧弱な1本が芽を見た限り、元気そう、下に植えた方も元気は良い、飾り用暖地用の美味しくないさくらんぼ。

すでに花は終わっています。


昨年3個生った杏、今年は10個が目標だったんですが、今年の花の数が全部で情けないかな4輪しか花が咲いていない。

全部実が付いても、わずか4個しかならない。

昨年と同じだが昨年は4個摘果して3個生ったんです、味は最低の杏子でした。

何故杏子かは、前に書きましたよね。




暖かかったので、往復1時間強、生協と銀行ハイキングに行って来ました。

暖かい今日は、5本のブルーベリーを植え替えと、銀行ウオーク。



今夜は夕べと同じ、昨日の残り牛肉が有るので同じ野菜炒めです、昨日は胡椒を利かせたら美味しかった。

味付けは何時もオイスターソースとメンつゆ、胡椒。

本来なら肉は全部使ったところ、半分残したんです、予算の関係では無いですよ、メタボの関係です。

今夜も続けて同じおかずですが、今日のは油を引かえ目にしました。

渋谷で店をやっていた時には、殆ど飽きるまで、同じ中食でした。

くらべたら、二日同じものは全く問題ないか。

でも私が食事を作り出してから20年、続けて二日同じ夕食は初めてです。

週に1度は外食も有りです。

大抵は、魚魚魚肉。此の肉料理に変化があるんです、と言うように、外食や出かけた時は別にして、野菜炒めは肉料理ですよ。

魚はエビ、貝も魚です。

何時も書くのは夕食の話です、私は3食請け負って?います。

朝は100パーセントパンです。

パンにはサラダか大抵はハクサイなどのタップリ野菜スープを付きます。

スープには、パプリカの赤や青ものも入れます、幾らかは考えているんですよ。

太り気味なので朝遅く起きた時には、なるたけ昼は抜いていますが、多少の間食はします。



野菜炒めはややカレーに近いですがね。

カレ-も一応肉料理?。

でも鳥の時も有ります。

マーボ豆腐は肉に入ります。




癌の方は今の所「お腹ぶっすり」の注射は抜いていますが、変化は未だなさそうです。

多少は心配です、なぜなら、IP6の本には前立腺癌云々は何処を見ても書いてないからです。
他の癌ははっきり出ています。

何時腕が痛くなるか、肩が痛くなるか?(発見は肩が痛くて発見でした)気にはしています。
1週間に成ろうとしています。

利くか効かないか、IP6も2個多く飲んでいます。

夜のおしっこの方は100点は気まぐれです。

大きい方も未だゆず種が効いているとは言えないですね。

|

« ゆず種の黒燒は | トップページ | G山想 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑さ寒さも彼岸まで:

« ゆず種の黒燒は | トップページ | G山想 »