« 前立腺癌末期の嘆き | トップページ | 末期前立腺癌 »

前立腺癌 診療ガイドライン

文章追加しました、25日4時30分

この本は2012年版です、以後出ていません。

日本泌尿器科学会編

金原出版株式会社

裏表紙に3、600円とある225ページのかなり立派な医者用の本です。

慈恵医大の泌尿器科の担当先生が、3月13日に注射を止めて、20日肩と首があまりにも痛かったので、診察に行ったときに勧められました。

「近藤先生の本だけでなく、こちらも読んで勉強してください」と言われたんです。


さすがに肩があまりにも痛く、頭を下げて、「止めると言ったのですが、わずか1週間でこの痛さでは、がまんできないので、お腹の注射をして頂きたいのですが、」

と頭を下げたんです。

所が返事は、あの薬は、3ヶ月と言いますが4-6ッ月利く方も居ますから、癌再発の痛さでは無いでしょう」



色々説教される事数十っ分「整形に行って見てもらいなさい。」

となった次第です。

問題の進められた本です。

Img_0218

素人用では無いですが、読めます、最も自分に関係が有りそうな題目から読み出します。


軽く見た所、結構海外の例も出て来ますが、WHOについては文字が見当たりません。

今の所見当たらないのと、食事療法についてもほんの3行ほどで、ビタミンEは駄目だと書いてあります。

勿論サプリメントのの字も見当たりません。

今の所本のパラパラしか見ていませんが、、

Img_0221

写真が暗くなりましたが初めの挨拶です。


読んでみて気に成るところは、この続きに写真で出していきますので記事は進みますので本の記事はここに出していきます。

27日昼にMRIの予約が有るので行って来ますが、あの痛さが何からか、ある程度わかるのでは、癌の再発では無いと言っていましたが。

逆らう弱さで、パソコン疲れも癌再発の痛さに勘ぐる情けない所です。


7月と同じぐらい痛かったんです。

今の所此れは良かったと思えることが一つありました。

大豆イソフラボンが前立腺癌に有効と有りました。

納豆や豆乳に多いと有ります、本来は女性が取ると良いようですがどっこい、前立腺癌は男性ホルモンが多すぎですから、わざわざ高いビカルタミドを飲むんですから、まして更にゾラデックスまで注射しようと言うんですから、この注射を止めようとしているんですから、

持って来いの情報です、何故かここだけを信じるんです。

だいたい納豆1個分に含まれる、イソフラボンが標準で豆乳を飲み過ぎると、飲み過ぎに成る可能性が有るとか。

3600円の本から、嬉しい只一つの情報です、今一つあるとすれば、PSAのマーカー値ですが、2年間ぐらい、0,02ならよし、0,4に成ったら薬が必要と有りました。

私は3月13日時点で0,2です。
此処で医者の薬の片方を断ったのです。


怪しい数値ですが、初めは10でしたから、下がった方です。

全摘の方で、0,02で何度か計って0Kならと有ります。此れなら完璧なんですね。


本文では大抵の癌発見は骨転移に寄っての発見が多いと有りますが、(私は人並み)これに対する治療項目は有りません、此処で見つけたらこうやれは無いのです、この本は残念です。

私の場合は「手の施しようが有りませんから、ホルモンで行きます」と


出も知らなかったことが有効が一つでもあれば、本は安いものです。

私は娘の薦めで鼻から牛乳を止めて、豆乳にしていますが、当たりでしたね。

ラッキーIP6も当たればいいですね。。

大好きな厚揚げが沢山食べられます。

熱湯で油をバっちり抜いて、軽く焼くだけです。

|

« 前立腺癌末期の嘆き | トップページ | 末期前立腺癌 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前立腺癌 診療ガイドライン:

« 前立腺癌末期の嘆き | トップページ | 末期前立腺癌 »