« お父さんは修理の名人 | トップページ | サクランボの花が »

ヨモギサプリメント

サプリメントに、かなりのめり込みになってきました。

サプリメントはあくまでサプリメント。

普通なら、単なるヨモギ、スキー場の春どこにでも余るほど生えている。

雑草のたぐいでしょう。

所が体に自信が無くなり、

徳川家康の映画に刺激されて、天下を狙っている訳では無いが。

漢方薬に御熱心。

軍師官兵、の徳川家康に刺激される事大。

現代医学だってお金の世界によろめく、となると、漢方薬にも道が有るのか。

知りながら、1品ずつ魅力的になって来るから不思議です。

Img_0205

現在飲んでいるサプリメントが、此れでだいたい日に2回自家製のキノコフコイダンで飲んでいます。
左にある白い大きめのカプセルがIP6ですが数はだいたい日に6個です。

中ほどの白い3個の錠剤が、コンドロイチンで此れは1日に6個で私がサプリメントの最初の物で、痛かった膝が治ったという事で、今でも手放せませんね。

近くの整形外科では「あんなもの効くか」ですがね効くんです。

偶然にも前立腺癌、頚骨転移の写真でも、関節の椎間板に効果的に働いているのではと、なおさら止めることができません。

癌発見は後ですからね、関節に良いとなれば、癌転移は体全体の関節ですから、量を増やしたい程です。(笑)

もし貴方だってやめられないでしょう。

前立腺癌の転移は、頚骨だけでは無く、全身に転移しているんですから、全身の関節に関係が出ると見ています。

好運には偶然がつきもので、偶然は待つものでは無く仕掛けるもの、と思っています。


写真のDHCの文字はサプリメントの会社名で、全体に安いです、西友でも扱っています。

前立腺癌にはDHCでは無いですが、IP6が利いて居る様におもえます。

此れだけのサプリを飲んでいると、思ったより新陳代謝がよさそうです。

お風呂での垢がボロボロ出ます。


「何々の栄養 効能」で検索するんですが、もちろん興味が無い物は、検索しません。

例えば自分が好きな食べ物ですが、興味が出ませんか。

何が含まれていてどのように体に関係してくるんだろう?

知らなければそれなりに済ませますが、知れば、「此れは利きそう」となるんです。


例えばですよ、マグロの刺身ですが、マグロが青魚という事が判らなければ、お寿司屋で他の青魚ばかりを食べる事に成り、マグロが青い魚の大将だと判ると、すし屋で中トロが多くなるんです。

私は極最近、調べて知ったのです。

どちらにしても、おすし刺身は食べないと言う人には、関係が無いですがね。

特に血圧に関係が有る方は、知った方が良いですね。


此処が好奇心に関係が有るのでは、と感じます。

50歳近くで上が120ぐらいなら、何を食べても文句は無いですがね。

80歳で150以上だと私と同じ突然脳梗塞で入院となります。


私の好奇心は並の人より強いように思えるんです。


好奇心が色々なものに興味を抱かせ、自分としても不満を、できれば自分で解消できればうれしさが倍増されるのです。

又例えばですが、ジンジャエールの様に400円の値だんが殆ど只に近く飲む事が出来れば、それなりに嬉しさが大きいのですが、ジンジャエールの場合は、甘味料が作れば3分の1のカロリーで飲めると言う、販売品には無いメリットも味わえるものも出て来ます。

コカ・コーラーは太らない甘味料を使っているものも有りますがあれです。

ぜんざいも同じで、結構甘いものが好きですから、太らないが心の安らぎになるんです。

これなどはかなり前から何十年も前から、普通のジンジャエールを飲んでいないと、新商品にも目が(止まらず)行かず、発展は無いのです。


常に使っているもので、「あれ」と思えるものにぶつかる(自分としては新製品)、此処が好奇心のたまものなんです。

好奇心は教わって出て来るものでは無くすでに備わっているものです。

本人にしてみたら「好むと好まざるとにかかわらず」、眼についてくるものです。

Img_0202

田舎にいた時からですからすでに80年?ですが、庭に幾らでも生えていた三つ葉の卵焼きが大好きだったのですが、ヨモギ餅も大好きだったのです。

此れが何故か東京ではヨモギ団子に変わったんですが、付かず離れずで食べていました。

有れば草餅も食べていました。

新宿追分団子があって、大好きでした。

最近では笹団子ですね。

年に2度程、新潟から取り寄せて食べているほどですから、嫌いな方では無いです。

となると、いつも昔から好きだった。

となるんですが、この様な食べ物は、検索の対象に成るんです。

普段は特に栄養面で食べているのでは無いですよ。

只風味的に美味しいから食べているんですが。

ヨモギは検索して見びっくり 、話半分でも、魅力的なものです。

「乾燥ヨモギ栄養効能効果」で検索なされば、私のパソコンだけでは無いと思いますから、どなたでも検索できます。

乾燥ヨモギは何と日本だけで100メーカーは出て来ます。

そこで外国品も引く訳です。

なぜなら、コンスタントに飲もうとすれば、カプセルでないと取りにくいからです、何故か日本ではカプセルでは販売していません。

所がアメリカではしっかり販売しているんです。

ヨモギ漢方薬のカプセルですよ。

所がアメリカでは、「ヨモギ+アルファー」でヨモギに無い栄養を足して販売しています。

値段も驚いた程高く無く『100錠1ケースで768円』で手元に届きます。

たかがヨモギがそんなにするの、はあるでしょうが、人それぞれというものです。

サプリメントとしては、月に800円は競争相手がいない値段ですね。


面白いのが取り寄せて見ると、倉庫がシンガポールにあるのか、アメリカ商品ですがシンガポールから送られてきました。

発注から2週間程掛かりました。


面倒なので6ケース頼んだのですが、私が4ケース娘に聞いたら飲むと言うので、彼に頼んでもらったので手間に2ケース上げます。

私が4ケースとなります、6ケース合計4、608円、高いか安いか仕方がないか、考えようですが。
先ずは届いたので、写真をご覧ください。(笑)

乾燥ヨモギは特に癌に効くと言うものでは無く、養分の効能を知った以上、体にたまっているであろう、農薬が少しでも体の外に出る作用が有るとしたら、(よもぎ以外には見当たりません)あやかろうと言う魂胆です。

どうせ食べるなら草団子の魅力が増したという事ですかね尚好きに成る、最もカプセルでは味風味はOですが。

コンスタントにいつでも飲む事が出来る、強みが有りますから、魅力な人は使って見よう、

試すことができます。

飲みずらいであろう、単なる粉末なら、それこそ手作りでいくらでもできます。


有識者が。「文化病なんだよな」とうそぶく.

無学の者の、、少なくても避けては通れないであろう、(無農薬パンやうどんやパスタ、を食べない限り)輸入小麦?の農薬排出で小さな自分に出来うる抵抗なのです。

知人に昔から、無農薬パンをわざわざ遠くから買って来て食べている方もしっています。

この方の話で、食パンの冷凍保存を知らされたんです。1度に10斤は買って来て冷凍すると言う。

無農薬どころか無塩パン(食パン)でも予約でないと買えませんから。


輸入品の?農薬による汚染の蓄積によって現れる、アトピー性皮膚炎や化学物質拒否反応や花粉症も全てが体内化学物質の拒否反応と見ているわけです、難病が文化病に入るかは分かりませんが、少なくても、アトピー性皮膚炎やぜんそくは、水を変えて環境を変えられれば治ると言われています。

食べ物だけでは無く。

建築素材でもノリが問題なのです。ベニヤしかりです。

現在は日本画で使っていた、膠をフローリングに使うほど、化学ノリが嫌だと、お客が言うようです、まずは科学物質排除を気にするようです。

文化病の原因はあるはずです。

私に言わせると、食品の農薬です、すこしずつすこしづつ、蓄積されてきているのでは。

これ等を文化病とやらの引き金に成っている、と信ずるのです。

一言で公害と言いますが、お金もうけの為に犠牲に成ってから戦うのは、遅いのです。

ならば無駄な抵抗でも、排出可能であれば、体から出すのに、何年か飲んでみようとなったのです、しかも自分が大好きだったヨモギにこんな力が有れば、避けられるものは避ける。

でヨモギなんです。

日本でのメーカーではたまたま私のおめがねにかなったものが見当たらなかったという事です。

IP6は日本製品も有りますが、やはりカプセルでは出ていません、でも味がほとんど無いですから、粉でも飲めますが、ヨモギは粉でどうでしょう、飲んだことが無いので解りませんが、カプセルで有れば、と買った次第です。

乾燥ヨモギ茶葉はありますが、葉は飲みにくいですよ。

よほど惚れこまないと、団子が好きで、と言う程度では、飲めませんよ。

「俺は飲める」と思う方はどうぞ。(笑)

値段が高ければ考えますが、サプリメントで一月1、000円以下はやすいほうです。

|

« お父さんは修理の名人 | トップページ | サクランボの花が »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

ヨモギは良いですよ、抹茶の上ですよ。

打越さんはブルーマウンテンでしたね。

そろそろ全日本ですね、来週かな?彼どうしたか?

コメント有難う。

投稿: HIRO。 | 2015/03/08 17:04

わたしのヨモギ好きは小学一年のヨモギ摘み遠足からです。摘んだヨモギの葉を餅つきの時に加えていました。古い行事なのに明瞭に覚えています。きっと食べたヨモギ餅が、その香りを好きにさせたんでしょう。
春菊やホウレン草なんかも子供の頃から好きでした。ヨモギに似ているとおもうから好きになれたんでしょう。

南さんのヨモギ感覚は当たっているような気がします。ブログを読んでいると勉強になります。
わたしもこれらを選んで積極的に食べてみますよ。

投稿: uchikosi | 2015/03/08 13:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨモギサプリメント:

« お父さんは修理の名人 | トップページ | サクランボの花が »