« ゆずの種黒焼き編 | トップページ | 日本泌尿器科学会 »

この所絵に力を

花見も終わって?、暖かくなってきた。

私の絵は日本画。

日本画は膠を溶いて、接着材に使うんです、所が冬は水では膠は解けません。

お湯を使います。

頑張っても1日に1色か2色で乾燥させてから再び塗りますがその間に膠が固まってしまいます。
中々はかが行きません、つい暖かい日を選びます。

岩絵の具も、可成り取り揃えてはいます。

描いている内に、テーブルが岩絵の具でごちゃごちゃになってきます。

こんな状態になってきます。

Img_0245

裏にはかなりの岩絵の具が有ります、2色ぐらいずつ探し出してきます。

その裏がこの写真です。

Img_0244

一箱に多い箱は130色ぐらい入っています5箱は有ります、大瓶の箱も有りますが、箱は9箱程あります、所が1枚の絵を仕上げていくと、大抵は色が不足してきます。

そこで先日も14色ほど追加したんです。

これはどの絵を描いても大抵は無い色が出て来ます、同じ絵はかきませんから、色数がだんだん増えてくることに成ります。宿命です。

全部買えば5、000色程になりますから、はなから揃えるという訳にも行きません。

値段も高い物は5両目で5、000もするものもたくさんあります、ですから足りなくなっても先日の様に1両目ずつ買った方が、100号200号の大きな絵でないですから、1両目で色数が有った方がやりやすいです。

30号の絵は可なりの量を使いますが、今回は8号ですから、幾らも使いません。

まー足りなくなってから買いに行くことに成ります。

でも絵は楽しいですよ、特に日本人ですから、日本画は、やり替えが有ります。

最近は中国には有るようですよ、やり方は多少違うようです。

昔は絹織物に書いたようですが、私の絵は厚塗りですから、絹は使えません、厚手スケッチブック用の紙です。

紙の上に、胡粉と言う、繊維の無い漆喰かな?胡粉は貝殻を精製したものです。

其の上に書いていきます。


今書いている絵はそろそろ仕上げですが、何日かにらんでいて、嫌な所に手を入れていきます。



サクランボ佐藤錦のつぼみがかなり大きくなってきましたよ、此れも楽しみです、成るともっと楽しいですがね、まずは花が咲かないとね、鉢植えですが、未だ小指ほどの太さです、美味しい味はまだ無理かな?

せめて花だけでも咲いたら写真出しますね。

ブルーベリーは5本中4本は何とかなりますが花が咲いて来たのは3本です、西のシルバー倉庫は無いよりは良いようです。(笑)

|

« ゆずの種黒焼き編 | トップページ | 日本泌尿器科学会 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この所絵に力を:

« ゆずの種黒焼き編 | トップページ | 日本泌尿器科学会 »