« この所絵に力を | トップページ | 「Tレグ細胞」とは? NHKスペシャルで4/5放送 »

日本泌尿器科学会

本の大半がPSAで埋まっています。

問題の基準ですが、年齢によって違います。

更に今後は高齢者の指数を上げたいようですから、今後は変わって来るでしょう。
2012年版では、

Img_0246
これが現在の基準です。

私の場合、

昨年の8月は初めての血液検査で、PSAは38ありましたが「ビカルタミド」1ヶ月で下がりだしました。

38の時は、「全身骨転移で悪性末期」でしたが。

サプリメントIP6も手伝ってか、現在は0,1以下まで下がりましたから、数値だけで、驚くことは無いと見ます。

臓器転移ではありませんが、手足・頭蓋を除く骨全身転移です。

PSA40有っても、6ヶ月で下がるということです。

今後は解りませんよ。

IP6です。

体は快適です。

痛みは全くありません。

おしっこバロメーターもまあまあです。

明日亜鉛の数値と、骨密度が判ります。

臓器転移に成らなければと願っているところです。

肝臓の異変は今のところ、検査結果では、異常無いと言いますが、医師によると、癌は分からないとのことです。

|

« この所絵に力を | トップページ | 「Tレグ細胞」とは? NHKスペシャルで4/5放送 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本泌尿器科学会:

« この所絵に力を | トップページ | 「Tレグ細胞」とは? NHKスペシャルで4/5放送 »