« PEAKSの取材は谷川でした | トップページ | お気に入りの絵 »

早くも家の夢破れる

家内が言う「暖かい家」という事で手持ち金が出てきたので借金無しなら建て替えよう。

此れが原点でした。

Img_0558

所が、どっこい。

暖かい家なら現在の家でも改築で何とかなります。


壊して建て替えようと言うにはそれなりに考えが有ってです。

死ぬ時には綺麗な家で死にたい、死に場所探しです。

探すと言うより夢です。

家内の夢に私の夢、娘の将来などでお金を借りずに建て替えが出来れば何とかしたい。


となれば私の死の夢をかなえる家は夢が多い。

当然です家内の夢は只一つ暖かい家、

問題は資金。

予算は3千万円、

早い話3千万では私の夢はかないません。

昨日頼んでおいた秋山さんが2度目の打ち合わせに来たんです。

頼んでおいた耐火煉瓦の流通市場の調べと、此処での建て坪の最大容積?を知らせに来ました。

此れが2回目の顔合わせ。

此処で夢が壊れてしまいました。



私が思っていたのが、家内の暖かい家。

ならば外壁は耐火煉瓦の中古、直感で耐火煉瓦なら暖かいのでは。

暖房冷房最小限。

ドイツでは断熱材に30センチの発砲スチロールを内側に張っている。

所が構造物に煉瓦は使えないと言われたんです。

強度が全く足りない、私は強度が足りなければ、2重にすればとか鉄芯と言ったんですがダメです。

70センチぐらいの厚さがいると言う。

日本では制限があって、壁を厚くすると中が狭くなる。


こだわったのが余り使われてはいないが、熱交換器は思ったより安くクーラー並の値段で買えるが。

煉瓦が壁に使えなければ、それこそ鉄筋コンクリ―トとレンガの2重に成る。

上下で40坪ぐらい建てられそう、普通の家でも3200万は掛かるという。

耐火煉瓦はと言うより、煉瓦自体構造物(力学的な)は0と言うから、鉄筋の外に飾りで張るなら使えるがという事だから、煉瓦を安く買っても。タイルの代わりに使うだけ。

私は煉瓦を2重にして壁全体に使おうとしていたから、此れがダメだとなると、話が変わってしまう。

第一の夢が断たれたという事。さてその先は。時間はあるどう変わっていくか?。

絵でも描きながら考えるか、21センチ×26センチのパネルモドキが有るので松葉ボタンでも描くか?、先に出した写真、菓子箱の空き箱が有る。

Img_0577
此れがパネルの裏で、絵には関係が無い。この表に紙を貼って描く。

パネル代かせぎです。見た所総桐。

悪くわない。

空き箱利用だ。「初めて咲いた白大輪」

此の良さが理解できない方は盆栽の高得点は取れないのでは?

自然の偶然を大事にしたい、此れが私の絵の原点、イレギラーの美の追求。

形の整ったものは魅力に欠ける。

後は筆では描けない「岩流し技法の魅力」

数日前にPEAKS取材で立ち寄った、水上山岳資料館に飾られていた、自分の絵「水面の岩団扇」改めて見てきましたが、可なりの岩流し技法効果が出ていました、どれがと思う方は、お寄りください。常設展示です。

やや今回の描こうとしている松葉ボタンの絵に近いかも、同じようになるものです、頭が一つですから、惚れるものが似ています。

|

« PEAKSの取材は谷川でした | トップページ | お気に入りの絵 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早くも家の夢破れる:

« PEAKSの取材は谷川でした | トップページ | お気に入りの絵 »