« お気に入りの絵 | トップページ | 絵画日本画 五葉山 »

珍しく、高尾の絵がほめられました

高尾山荘には私の絵が7-8枚掛かっています。

家には未だ20-30本積んであるんです。壁は美術館並です。

その中の高尾と言う絵で1枚が彼の目に留まったらしいのです。

『絵描きが持って帰りたいと言った絵』

めったに無い嬉しいほめ言葉です。

夕べ息子が来て、高尾山荘のなめこ汁が美味しいと言っておいた事あって、味噌が美味しいとほめた事が有ったのです。

「自家製の味噌と、高級市販味噌を半々にして使っている」と言う。

息子が嬉しかったのか?其の高級味噌をわざわざ買って持ってきてくれたんです。

贅沢を言えば、本当は市販味噌では無く、息子たちが作った自家製味噌の味が食べたかったんですが、差し入れの味噌が玄米味噌で私の癌を考えて買ってきたものです。

市販味噌より不味くても、オリジナル味噌の方がありがたかったんですがね。」(笑)



所が所が話が話が長ながとなったのです。

泊り客「彼」に絵を描いている方がいらして(芸大出)で日展に公募している方と言う。

最も公募自体は誰でもできます。、

日展は公募のかたは沢山いるが、上野とかで公募展に出る日展入選作家と思いきや、ここの所ははっきりしていませんが、どうも芸大出の画家は話から本当らしいのです。

入選すると、日展作家と言うレッテルが付く公募展です。


今では芸大をしのぐ美術大学出は五マンとあって、それらから毎年何千人も絵描きが吐き出されて来るんです。

この人たちの中には、日展や院展に公募トライできる方は五マンと居るのです。

芸大だって各県に1個はあると言ってもいいほどたくさんあるのです。これらの方達が競って公募するんですから、先ずは入選はしないのです。


さておいて、珍しくこの方が連泊したそうですが、俗に言う連泊客です、珍しい方です、私の高尾と言う絵を見てよほど気に入ったのか?

大きさは。

A1大の絵ですが、私としては大きな方の絵です。もしかすると半切かな?



(高尾)

は新聞見開きのサイズ?よりはいくらか大きいですが、マット紙を入れて立派な額縁に入れると、8畳の部屋では飾る事が普通は出来ない壁が空かない程の絵に成っています。

家具や窓が全くなければ入りますが。

又はマンションで壁が多い角地以外の場所は何とかなります。

此の絵は高尾山荘のロビーに掛かっているのです。それこそ常設展示ですよ。

まー此の方が

この絵にぞっこん惚れたと言う話です。

よくよく息子の前でも褒め批評をしながら眺めたと言います。

「この絵は可なり書き込んだ方の絵です素晴らしい」

芸大出の現役絵描きはまずほめませんね。自分の絵を褒めてもらいたい口ですからね。

所がべた褒めだったと言います。


「高尾」と書いて壁に張ったタグを、絵の名前、(高尾)の位置で揉めたと言います。

絵に手を当てて「こういう流れだから、名前はここが良いと言って手で絵をなすりながら、何度も、此処が良い、、、」「ジャー此処で良いですか、、、?」



泊まった部屋にも8号ほどの額無の絵が飾ってあるんです、この絵も御覧に成って、

こんな好い絵どうして額装しないんだと言われたそうです。


実は此れは息子の指示で、わざわざ額に入れないで飾っておいたもので、この方が売り安いと息子の指示です、ならば簡単。

結構額はお金が掛かるんです、2万から気取ると5万は掛かります。最高は無反射ガラスなどを入れると10万以上出ます。

だれか私の絵を買って無反射ガラスを入れてくれと言わないですかね。


絵は額縁が絵そのものの価値を上げるんです、絵と壁の境を額がしちる大事な役目ですが、部屋飾りですから、人間の衣裳の様な眼鏡の様な、化粧品の瓶の様な、働きをしているんです。

なのに額縁が要らないと言うので、1本ぐらいあっても売り易ければ良いか?と思って額無で持って行ったんです、「アーこれで良い」こちらはラッキーてなものです。

絵描きとしては額縁が結構負担なんですが額によっては絵が良く見えるものです。

、だから個展はなかなかできないでいる訳です30本は要りますから。

1本なら話が分かりますが売れもしない絵に額だけで4万平均、を掛けるのは財布が容易では無いので、ざっと120万がでます。

額が要らないとなれば、願ったりかなったり。

喜んで額無で1本持って行ったんです。まだ売れませんがね。

絵は年に3本から小型も入れると5本は描いています、サボりサボりでそうですから、」少なくても、4か月に1本。ブログ並に力を入れたら、全部額装したらお金がたまったものでは無いのです・

私は絵で食べているのではないです、それ程お金には困っていないのですが、全部入れたら大変ですよ。個展ではではほかに100万は軽く飛びます。

パネル代も大変だと言って、パネルからはがして丸めてしまう方も沢山いるぐらいです

此れが30年も続いているんですから、私の場合たまたま売れる事も有りますので、私は何とか絵のコズカイは有るんですが。

此れも額無も指摘されたと言っていました。

この高尾の絵の写真も出したいですが、写したのが日にちが判らないので、絵の写真が出ませんが。

其の内に光ってしまいますがロビーの絵を写真に写して出しましょうか。

楽しみにね。

生とは全然違いますが、白紙よりは解りますよね。

高尾山荘ではいつでも見る事が出来ますから、もし高尾におい出の機会がありましたら覗いていただければ、褒めたほめちぎった芸大出の方の眼力とあなたの眼力と比べる事ができますよ。

何だ此れか?と見るか、此れは持って帰りたい絵だとおもうか?


是非高尾山へ。山も絵も体には良いですよ。

土日以外は無料で駐車も出来ます。息子に話せば近くに止める所は沢山有ります。


場所は旧登山道ですから、JR高尾駅と京王線の高尾山口の間です。

20号から少し1分入ります。電話でナビなら。0904-430-1856です、高尾山荘ー南です。

焼き肉屋看板の信号がポイントです八王子方面からくると右せつです。

そんな絵を眺めるドライブ旅も、何もついでが無いドライブよりはお勧めです。

近くに美味しい御蕎麦屋さんも20号に看板も有る焼肉屋も流行っています、など有ります。

|

« お気に入りの絵 | トップページ | 絵画日本画 五葉山 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珍しく、高尾の絵がほめられました:

« お気に入りの絵 | トップページ | 絵画日本画 五葉山 »