« 丸沼からやって来た2人 | トップページ | 家の建て替え »

スルフォラファンとは

食べて治す。予防する。特効薬的な食べ物。

初めて知りました。 ご参考までに。

Img_0667
今は写真が無いので大輪松葉ぼたん白です。

買ってきました、見た事はありました。

Img_0696

Img_0695

上の写真が問題のブロッコリーの数十倍の効果と言うブロッコリーの種からの芽です。

此れを頻繁に食べる事によって、(週に3回)癌から逃げられる確率が上がります、私は既に重病ですので、溺れる者藁ではなく、水茶や、IP6や、スプラウトですかね。


その食べ物と言うのが、「スルフォラファン」です。

早い話、すでに市販されている、カイワレ大根のブロッコリー版ですね。

此れに含まれて要るようです。


末期癌でありながら、初めて知りました。

何を食べれば良くて、何ががんにつながるのか、知らなければ。

これでは癌に罹りますね。

知っているだけでは掛かります。食べないとね。

野菜を作る側は、前から知っていて、特許を取っていて、近くのスーパーで販売されていながら、

私の様に、その効能を知らないばかりに、

目の前を素通りしている者もある。(笑)

今から既に20年前に、、、。

私は数年前に脳梗塞で入院していた時にですよ、夜とお昼のおかずに必ずといってよいほどブロッコリーが入ったおかずが出たんです。

所がブロッコリーの数十倍の効能と有りますから、2倍だって凄いのに、10倍以上は殆ど薬です。

あんなにテレビで注意を呼び掛けているのに、振り込詐欺が無くならない。

散々テレビで予防注意が出ていても、、、、

引っかかる人は居る訳です。


見た記事を貼り付けて見ましょう。

がんを食事療法で治す事に自信のある方は、飛ばしてください(笑)


スルフォラファンとは?

 

1994年アメリカのジョンズ・ホプキンス医科大学のポール・タラレー博士によって、

ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの姉を発芽させたもの)に含まれる

スルフォラファンという物質が、

強いがん予防効果を持つことが明らかにされた。

 

スルフォラファンの作用は以下のとおり。

 

解毒作用(がん予防)

タラレー博士が着目したのは、ある代謝酵素。

その酵素は、

がんの原因となる発がん物質や、活性酸素を解毒し、

体外に排出するという働きがある。

スルフォラファンは、

その解毒酵素を生成するスイッチを入れる働きを持ち、

体内の酵素を増やしてくれるのだ。

しかも最近では、

スルフォラファンにアポトーシス(がん細胞を自滅させる働き)があり、

がんの予防だけでなく、初期のがんにも有効であることが新たにわかった。

がん予防とスプラウトの関係は、

他の研究機関でも進められており、

乳がん、前立腺がん、肝臓がんや大腸がんなど

各種がんの予防について効果が報告されている。

イリノイ大学のエリザベス博士によると、

ブロッコリースプラウトひとつまみ(約8~10g)を

週に3~4回とれば、

がんになるリスクを50%軽減できるそうだ。

 

 

抗酸化作用

スルフォラファンの抗酸化作用は、

ビタミンCやビタミンEといった代表的な抗酸化物質とは異なり、

長時間作用し続けるという特徴を持つ。

ビタミンCが摂取後数時間でその効果を失うのに対し、

スルフォラファンの効果は約3日間持続することができる。

これは、スルフォラファンの抗酸化作用が

抗酸化酵素によるものであり、

スルフォラファンがこの抗酸化酵素の生成を促すという

間接的な働きをするためだ。

~引用終わり~

ここにしっかり前立腺癌も有るのです。

早速近くのスーパーを覗いてみます。

漢方薬はじんわり効く。

食べ物は、もっとじんわりかも。

でも、食べないよりは、食べた方が良い。

何いずれ効いてくるのでは?

美味しくないと問題ですがね。

少し工夫しても頑張る価値はあるのでは。

知は力なりといいますから。

知っていても食べないのは自分の勝手。

でも、目の前に有ったのに、知らなかったから食べなかったのは、ちょっと悔しい。

そこに、違いが出るのでは。

これも、今日帰ると言う娘が、

「FBで入っているコミュニティーの

『がんを食事療法で楽しく治す会』の投稿に出ていたよ。」

と、教えてくれました。

サンキュウ。

ブラシカマークも初めて知りました。

Img_0698

「発芽マークですよ。」

スプラウトの生野菜だけでなく、発芽玄米などにもついているらしい。

これが付いていると、健康に良いらしい。

もちろん、がんにも良いらしい。

ブラシカマーク、今度からは、生協でも気を付けて見よう。

イマひとつ気を付けたいのが、

最近、「食べて応援」なんて言って、福島産の作物を大企業の商品に使用したり、

大手スーパーが積極的に販売したりしているが、

買う時に産地を選べるならまだしも、

福島産なのに、九州にいったん送って「九州産」のシールを貼る業者が有るらしい。

まあ、いまのところ、噂の域を出ないものだとは思うのだが、

どっちが本当でどっちが嘘なのか?

しかも国が奨励しているので、訴えられることもないらしいとか・・・

そうすると、産地の表示の意味が無くなるね。

変な国だからね。

嫌な渡世だね、、、。

今までは20パーセントOFFの札ばかり探していましたが、

安い物は、福島産が多いらしい。

放射能は、嫌いなので、気を付けたい。

慈恵医大で、レントゲンは嫌なので、MRIにしてくださいと願い出たばかり、何と言ったか。

「飛行機にも乗らないんだね」だってさ、飛行機も同じぐらいの放射能を多くかぶるんだてさ。

前回7月5日は内臓のエコー診断(放射能の出ないやつ)検査まだOKでした。

内臓転移は無られませんでした。

エコー検査は慈恵医大ですが、泌尿器科には関係が無く、自分で勝手に申し出たんです。

|

« 丸沼からやって来た2人 | トップページ | 家の建て替え »

「エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スルフォラファンとは:

« 丸沼からやって来た2人 | トップページ | 家の建て替え »