« 懐かしい記事が | トップページ | 金銀花のど飴 »

前立腺がんと闘う

ガゴメ昆布を使っています。

Img_0759

函館から取り寄せています。

ガゴメ昆布のぬるぬるは、フコイダンです。

真昆布の4倍は多く含まれています。

Img_0761
此の記事には関係が無いですが、前の記事には有ります、コメントに関係が有るので此の男ですよ。

雲陵会の最古参級、昭和26年ころからの付き合いです。
3-4年前の東北の旅の写真です,

ここでダウン私も付き合いました。

なぜなら山頂がもくてきではないですから。

写真の爺様が屏風の初登攀の時にサポートに来てくれた爺様です、現在85歳?です。

下から応援してくれて翌日、結構雪が有ったのに屏風の頭で待っていた人です、何時に朝出たのやら、あの時間で上で合うのには、殆ど寝なかったと思います。



私は昆布自体は食べないんですが、ぬるぬるだけを飲みます、1日にコップ3-4杯は飲みます前立腺癌にも良いかは解りません。

癌は何処にでも転移すると言うんですから、癌には効かなくても転移予防と思っているだけです。

心配も有ります。

薬やサプリメントと比べたら値段は安いですが、心配は、カリュームです。

此れが痛し痒しで、食べ物の中で昆布がカリュームが一番多いのです。

所が慈恵医大では薦めるんですが、カリュームは『放射性カリュームと言って、危険なんです。

でも、高血圧気味では、塩が大敵です。

一度「脳梗塞で入院」強い坐骨神経痛もやっていますから、何れも血管系です。

この塩を減らすために、無塩パンをわざわざ遠くから、買って来て食べているんですが、他から体に入った塩は、カリュームが無いと、汗やおしっこに出せません、此処が難しい所です。

所がカリュームが沢山含まれて要るのが「フコイダンです」めかぶのぬるぬるです。

フコイダンを取るとカリュームといっしょに取れてしまうんです。

フコイダンは、癌自然療法のヒット版です。

私が話しても信じがたいでしょうから、貼り付けて見ましょう。

>また、1996年・第55回日本癌学界にて「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表され、中でも他の正常細胞に影響を与えず、がん細胞(異常細胞)だけを自滅させる働き「アポトーシス(Apoptosis)誘導作用」という内容で脚光を浴び、医学的メカニズムもほぼ解明されてきております。   

      さらに、全世界において100種類以上の論文も発表されており、がん治療の中で今一番注目されている代替医療であると言えるはずです。


日本癌学会と有ります、ですから癌にはフコイダンなんです、フコイダンの他にもありますが。

ニンニクや生姜、甘草、キャベツなどが筆頭です。こちらは(アメリカ発)

Img_0760

まーこれらを食べたり飲む様にしているんです。

スペインでもニンニクは可成り食べられていました、30日いたんですから、

例えば日本の蟹蒲鉾(世界中に輸出されています)を、強いオリーブオイルでニンニクと炒めるんです、ベーコンを少し入れると美味しいですよ、スペインの食堂で出たこんなところで蟹モドキ、スペイン風です。

蟹蒲鉾と言えがノルエーにも、沢山輸出されて日本からの観光客を喜ばせていますよ。


最近?はブロッコリーの若芽が取りざたされていますから毎朝キャベツのサラダに入れて食べています此れは最近です。

パンにはニンニクジャムで焼いています。

夕べは肉じゃがでしたが、生姜も入れて見ています、案外行けてますよ。

玄米からのIP6も本命です。

玄米自体は中ほどに記録されています、此れはアメリカの癌学会の発表ですよ。

全体に日本で見かける野菜が多いです。


前立腺癌末期悪性発見から。

1年が来ました、オリンピックぐらいまでは元気?でいたいですがね。

前立腺癌には大豆加工食品や茶カテキンも有効なんです(日本泌尿器科学会編)、この所熱いので毎日冷奴、豆乳は欠かしません。

癌の研究はスエーデンですね、引き合いが多いです。

儲けには関係のない研究の大大的研究が目につきます、多いようです。

アイスが問題ですが、熱いので抹茶ぜんざい、抹茶アイスを結構食べています。

抹茶は高級茶カテキンに入りますから。

今や二人に一人が癌ですから、食べ物に若い内から笑わずに気を付けましょう。

この本では、前立腺癌は日本よりはアメリカが多いようです肉かもね。

|

« 懐かしい記事が | トップページ | 金銀花のど飴 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんにちはコメント待ちに待って首をろくろ首の様にしてお待ちしていました。

何と言っても山屋さんからのコメントが無いのは私に取っては寂しい物でした。

スキーを続けられれば、まだしも、山も駄目スキーも駄目

小文字でうまく行きましたね、これからもコメントは力に成りますので、此の方ですよとsy心も出しますので、コピーしてください。

「面倒じゃー」と切り捨てない様に、時々願います。

今の所、お二人に応援して戴いて何よりありがたいのですが、3人に成ればかなり心強くなります。

新しい人からのコメントは皆さんも喜んで読みます。

有難う。

投稿: HIRO。 | 2015/08/11 17:47

前立腺がんと闘う 家の建て替え 懐かしい記事 等  なんだかんだと忙しい日常ですね
すべてと闘う 初登攀なみにすべてに 挑戦
現役時代と 比べられませんが すべてに挑戦は 84歳の年齢には 考えられない 記録が
生れそうですね これからも貴方の昔のパートナとして 何もできない親父ですが 心より応援いたします
  貴方の親父さんの記録も立派でしたが
  その記録の上をゆく 博人 頑張って
  頑張って 頑張れーーー 魔猿

投稿: 武藤 正 | 2015/08/11 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前立腺がんと闘う:

« 懐かしい記事が | トップページ | 金銀花のど飴 »