« β―グルカンは | トップページ | 馬油石鹸が »

雪国まいたけのβ―グルカン

のサプリが来ました。

効くか効かないか飲んでみます(笑)

Img_0920
中身を出してみました。

面白く無いのが、

パッケージの何処を見ても、

『β―グルカン』と言う字が見えません。

でも。

米国におけるMD-フラクションの臨床試験

キノコ類としては唯一、難波名誉教授が発見したマイタケ抽出物(MD-フラクション)が選ばれました。

神戸薬科大学で開発されUSAの#404#パテントを得た製法によって作られた、雪国まいたけ製法のMD-フラクション()によるガン臨床試験が、米国を代表するがん専門病院 スローン・ケタリングがん記念病院(ニューヨーク市)で行われております。

この試験は米国国防総省の補助金によって、2000年から行われており、2005年には米国厚生省国立衛生研究所もその試験をサポートすることが各々のホームページに記載されています。

この治験の終了には相当の時間を要しますが、現在phaseⅡが終わり、2006年9月より最終段階であるphaseⅢに入る予定です。

※スロ-ン・ケタリングがん記念病院にて臨床試験に使用されているMD-フラクションは日本製です。

関連情報:MD-フラクション、MX-フラクションのアメリカ医療機関情報

とは有りますので、ベターグルカンでしょう。

ネットのHPでは、あれほど宣伝していたのに。

「舞茸エキスMXフラクション」とあるだけです。

netではこれがベーターグルカンと有ります。

騙されたかな?まさか。

値段は、一月分が6、200円です。

β―グルカンにしては安い方ですが、

問題のβ―グルカンが何ミリグラムとは

パッケージには書いてありません。

これでは面白く無いので

あとで電話で聞いてみます。

2か月分買いました。

運賃が無料になるからです。

アメリカと日本の特許を取得とは書いてあります。

他に、

別の会社のイースト菌からのβ―グルカンも頼んで有ります。

計5か月分になります。


サプリメントは、

日本では健康保健は効きませんので、

効果は解りません。

ドイツでは保健薬になっている様です。

雪国まいたけでは、

根の部分を大量に捨てていたものを、

これからは熱方式で抽出するらしいです。

まーエキスですねえ。

もとより、β―グルカンは熱には強いようです。

お腹の注射(抗がん剤)は、

前立腺のマーカーが、1~2になったらですね。

本当は、4が正常値の上限ですが。

今月の血液検査では、

私の数値は、0.2でした。

数か月前の0.01より少し上がっていますが、

近所の医者は

「まあ、そんなに心配しなくても、大丈夫でしょう。」と、

のんびり構えています。

「4になったら、お腹の注射を注文しておきますよ。」

だって。

サプリメントは、抗癌剤に比べると安いのでは。

値段が同じでも、後遺症が無いだけでも使ってみたいのです。

お腹にブスリ2万円注射は、保険で3割での値段ですから、

定価は7万円ってこと。

差額が、

どこかでしっかり

誰かの懐に入っているのが面白く無いんです。

高速道路の下走り運動の様な

わずかな抵抗です。

「戦争反対」に近いのでは?(笑)

単に「体に良い」だけでは飲みませんよ。

β―グルカンで検索すれば、

なぜ飲みたくなるか解ります。

いずれにしても癌はなってしまうと、

命乞いのお金が掛かるので(笑)

転移予防にこしたことはありません。

どうせ何かを食べるんなら、

キャベツとニンニクですね。

次が人参、生姜ですね。

前立腺癌に絞れば、更に大豆製品食が有効。

豆腐に納豆、えだまめ、豆乳と、

これらは安いし美味しいです。

大豆イソフラボンの効果で、

女性ホルモンが出ると言います。

さらに、

私は未だ飲んでいませんが、

頭の悪い、

痴呆症モドキには

東大マーク(東京都のシンボル?)の「いちょう葉エキス」に、

今流行りの「ココナッツバージンオイル」かね?

まあ、

あの手この手で。

私は、

揚げ物も、

炒め物も、

バターも、

白いパンも、

うどんも、

白米も、

甘い物も、

好きなものは

お腹いっぱいになるまで

食べ続けてですから。

いろいろ策を講じて、

予防頑張りましょう。

先程銀行から人が来て、

絵を取りに来ました。

「何枚飾る事が出来ますか?」と聞いたら

「2枚です。」と言う。

欲張って、4枚用意していた私は、ちょっとがっかり。

でもいっか。

私のお気に入りの、

「冬の梓川」と「釜石の五葉山」を渡しました。

今度銀行に行くのが楽しみです。

銀行のどこに飾ってあるのかな?

「画面に触ってもよろしいですよ。

だから、近づいて良く見える様に、

目線の高さに飾ってください。」と

付け加えてあげました。

それから、

「空き箱を大事にね。」と。

これで、私の絵が、

しばらく、銀行の何処かに飾られることになります。

期限は切っていませんが、

「支店長が変わったら、交換しましょう。」と

言っておきました。

|

« β―グルカンは | トップページ | 馬油石鹸が »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪国まいたけのβ―グルカン:

« β―グルカンは | トップページ | 馬油石鹸が »