« 孫とクリスマス | トップページ | 此処でも挑戦 »

お腹の其の後

少なめの普通食と言っても、朝はパンです、野菜サラダは止めてかぼちょとキャベツの味噌汁で済ませました、野菜ジュースは飲みました。

危ないかなーと思ってはいたんですが、何とかパスでしたね。

お昼は抜きで夜はやわらかめのご飯に刺身と鍋でした。

お腹の薬は飲みましたが今の所落ち着いています。

本当はおどろいたんです。

と言うのが。

25年ほど前、渋谷のお店に渓流会と言う山岳会の、長老山口さん、と言う方です。

此の方渋谷の方ですが、渋谷の店には1度来たことが有ったんですが。

私の好きな谷川岳の話、懐かしそうに話していたことが有るんです。

一ノ倉の開拓者、昭和6年頃登って居た方ですから、私が生まれた年ですから、可なりの先輩です。

何年かたっていきなりまたいらしたんです。

この時は様子が違っていました。

で話している内に「胃癌なんだよ」冗談ではなさそうでした。

私が「如何して分かったんですか」と聞いたんです、『いきなりな、ものすごく下ったんだよ、所がこれが何日も止まらないんだ」

そこで病院に行って分かったという。

そのときは、どうして良いか解らず、ビタミンCが癌に好い事は聞いて居ましたから。

もしまたいらしたら差し上げようと、大きなアスコロビンサンを買って心待ちしていたら、その後何度の見えるんです。

「ヤマへ行きたいと言うと絶対だめだというんだよ、ここに来るのが一番だよ」

3か月後ぐらいに亡くなりました。だから胃がんは死ぬ可成り間際まで杖無で平気で歩けるんです。

此の事が有ったので、実はギクっとしたんです。

幸い、こちらのお腹は何とか持ち直しそうですが。

意味も無く大きく下ったら危ないなとは思ってはいたんです。

この話を先ほど聞いて。

家内が今「死んだら困るから頼むから20、000円でも良いら、手段があるなら注射して、後はいくらサプリメントを飲んでも良いから。」と頼むんです。

|

« 孫とクリスマス | トップページ | 此処でも挑戦 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お腹の其の後:

« 孫とクリスマス | トップページ | 此処でも挑戦 »