« 勉強が嫌いだったのに | トップページ | 孫とクリスマス »

レプチンを

検索していたら、肥満解消に関係があるようですさて。

少しだけカロリーを減らすには、咀嚼することがもっとも簡単です。
よく噛んで食べれば、脳内にセロトニンやヒスタミンが分泌され、早い段階で満腹中枢が刺激されます。そうすると我慢しなくても、簡単に食事量を減らすことができるのです。セロトニンとヒスタミンの力を借りて食欲を抑制しているうちに、だんだんとレプチン受容体の働きが回復していきます。
そうなると、いずれは三つの物質の相乗効果により、さらに食欲を抑制しやすくなっていくのです

此れは前立腺癌の本に出て来ましたので、ウィキペデアーで引いたんですが、訳が分からず。

検索をつ続けていたら、出てきたんです読めない字も有りますが、これなら私にも判ります。

Img_1197
だそうですよ、置きおつけください(笑)

|

« 勉強が嫌いだったのに | トップページ | 孫とクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レプチンを:

« 勉強が嫌いだったのに | トップページ | 孫とクリスマス »