« かぼちゃとザクロは本当に | トップページ | ノーベル賞グラス »

ノーベル賞

今日はノーベル賞受賞の日でしょう。

実はね30年ほども前に観光でスエーデンに行ったことが有ってね、ストックホルムも観光したんだよ。

所が此の観光パックには、

ノーベル賞受賞会場と晩さん会料理がついて居たんだよ。

勿論食べてきたよ、思ったより料理は質素だよ。解説でもそのように説明が有ったよ。

先程のテレビでは料理は晩さん会料理は25、000円と言っていたがね、

日本ではあの料理なら大きなホテルでも8000ほどの料理だったよ。
お酒が高いのかもしれない。

最近は知らないよ。

所が面白いのが、シャンパングラスだね。

Img_1157

受賞者も持っては帰れないのにね、私はここに持っているんだよ、というのは会場の近くの小さな古そうなガラス器具店でね、同じ形のものが販売していたんです。

一目見て、此れは面白い、たぶん受賞者は土産は買わないだろう?会場からも駄目だろう。
ならば日本では俺一人かな?と直観、値段は忘れましたが買った訳、当時私は羽振りが良かったからね、

記憶では1万4千円程に記憶しているがね、料理の半分はしたような気がしているがね。

個性的なグラスだよ。

写真だけでも出すね。
高さ12センチ広口11センチ,下の方には丸いゴールドの4センチ程のふくらみだね、

ゴールドは内側にメッキだね、触れない、24金の色では無く銅が入っている色だから18金でも銀は入っていないね。

銅の18きんかね?

此れが私の観察。

お土産品だが安くは無かったよ。

でもよほどの好奇心が強くないと買わないよ、多分だが日本にこれ1個かな(笑)

他にも金箔のガラス器は有るんだが24金は色が分かるんですよ。

日本画でも使うしね。

シャンパングラスとしては大きい方だよ。

晩さん会テレビで映ったら見て見たいね、まだ同じ形でやって居るのかな?面白い。

何方かお持ちですか?

|

« かぼちゃとザクロは本当に | トップページ | ノーベル賞グラス »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

読んでますね有難う。
私も飲めないのにグラスだけ高いやつ買ったんです。
徳利やぐい飲みも好きですよ、花器も好きだから陶磁器かな。

絵も好きだから、何か共通点があるのかな。

スキーは別だな、岩山も陶磁器に近いよ。

盆栽も好きなんだよ。植木かな?

癌は好きではないが、治らないな、此処が嫌い。指数が下がると思いきや上がってました。

投稿: HIRO。 | 2015/12/11 11:58

こんにちは。

世間はノーベル賞で
盛りあがってますね。

生き方にノーベル賞が
あれば、間違いなく
南さんが受賞でしょ。

まんまが一私が受賞となったら
お酒は飲めないし、
食べ物も合わないので
おにぎり持参となりそう。
(爆;)

雨でゲレンデの雪が
とけますね。

暖かいですしね。

投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2015/12/11 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞:

« かぼちゃとザクロは本当に | トップページ | ノーベル賞グラス »