« 前立腺癌に成って見て | トップページ | 越すに越せないという大晦日 »

幻のメールが

いきなり訳が分からない電話が携帯に来ました。

「高橋です今日いらっしゃるんですか」

という電話でした。

「え」どちらの高橋さんですか」「ヨノの高橋です」

所が電話での与野が分からない、

「南博人さんですよね」そうですが、

「来るってどこですか」

「ここ鹿沢ですよチケットを用意しておいてほしいとのメールでしたよね」

私は全く覚えが無いので。

「同性同名も有りますから、私はメールはしていませんよ。

そちらのアドレスも知らないし、こちらもアドレスは替えたばかりです

他の方では?」

「大先輩ですからそれは嬉しいと今杉本さんと話していた所です。

「杉本さん知っていますよね」「もちろんです」「今出します」

「モシモシ南さんですよね暫く、いらっしゃるんでは無いんですか?、、、」

まいりましたね、余りにも私の混乱に。

その後の話から、間違いなく電話の主は、(与野スキークラブの会長高橋さん)です、「

だって数年前に、三宅さんたちと福島の猫真 に来てくれたでは無いですか」

「話が合いますね。間違いなく僕はその時のお世話になった、南博人です、話が合い過ぎますね。」
「南さんが来てくれるなんて」

「いやーskiは遣りたいんですがね、医者から固く何度も止められているんです、、、、」

「病気だとは聞いて居ましたが」

「前立腺末期癌の全身骨転移悪性ですから」

「声えは元気大丈夫ですよ、私なんかとっくに前立腺は取ってしまいました、、、」

「不思議ですね、幻のメールですね」向こうも「まぼろしのメールですね」

私の発信歴には載っていません。

あの時にご一緒したという、三宅さは、昨年亡くなられているんです、お葬式に行っています。


若しかして昨年亡くなった三宅さんが幻のメールを打ったのかな?ー

それにしても別人でも同性同名の南博人と言う方が、スキーのチケットの用意をメールでするなんて、芝居でもそうとうなものですよ、有りそうな話では無いですか。

さらによほど事情に明るい方です。

だいたいが雪が無い?という鹿沢に高橋さんが来ていることを知っている人、私は知りませんでしたから。


私は鹿沢スキー場は1度も行ったことが無いので、そんなこと(チケットの事)は言いませんよ。

ましてや鹿沢館でお泊りなど知る由もないんです。

ましてや、

年中行くならともかく、3日や4日のチケット代はケチでも出せますから。

まして車は暖房完備ですから、日帰りパーキングは有りますか?なら話は分かりますが此れは知らない方ですね。


「鹿沢の何と言う旅館ですか」「鹿沢館ですよ」

旅館も知らないのにね。

だいたい今までは良く行くところはシーズン券ですから。

軽井沢初滑り券、富士天神、富士イエテー、ハンターマウンテン、昔は丸沼の夏券。

はじめ、だいたい良く行くところはシーズン券です。

其の僕がたまに行く鹿沢のリフト券ねだりますか?

「でもスキーがダメならお風呂だけでも入りに来てくださいお待ちしています山の大先輩ですから元気な声を聞いて安心しました」

電話に出た杉本さんと言う方は、ブランシュタカヤマ時代からの付き合いで、その後も良くスキーでおつきあいした方です。

始めにお会いしたのは13年ほども前です、鈴木さんは猫真でお会いしたのが初めてですが、彼は大学山岳部時代に私を知ったという話でした、2度猫真で教えて頂いたんです。

この時の紹介(誘い)が。

良く付き合っていた、技術研究会の会長さんの三宅さんです、この方の1級が与野スキークラブなんです、話の内に南博人は家のクラブ「技術研究会」に居るんですよ。」

此れを聞いた与野スキークラブの高橋会長が「ぜひ連れてきて」そんな感じですが、肝心の三宅さんは昨年亡くなられたんです。

杉本さんも大阪の山岳会の会長さんで、お会いする前から私を良く知っていらして、ブランシュタカヤマの食道で何度も有っているんです。
又高橋さんもお会いする前の、昔むかしの大学山岳部時代から私を知っていたと言う方です。

電話を替わった杉本さんは。野沢(大阪府の全日本予選)でもお会いしたし、安比でも偶然会っています。

猫真では教えて頂いた方です指導員です。

兎に角話は良く合う、寒気のする不思議な電話でした。

電話は本物ですが、高橋さんに伝えた方がいた。

可能性はそのあたりの経緯を良くご存知の方のいたずらではと高橋さんが直接メールを開いたのではなく聞いた話の様でしたから。

酒の勢いで時季外れのエープリルフールかな?、面白いのが如何にも有りそうな、リフトのチケットを、というくだりが面白いですね。

メールの主は私の懐は知らない方ですね、余っている訳では無いですがね来年家を建て替えようとしているんですよ。

リフト代をねだるより、たまに行くなら、焼酎の2リットルも持参しますよ。

先日の雲陵会の忘年会でも武藤君と二人で、、、、んですから。全忘年会費ですよ。
お釣は会に寄付しますってね。
出したばかりです。

|

« 前立腺癌に成って見て | トップページ | 越すに越せないという大晦日 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

面白い話でしょう、今年は鹿沢は雪が有るんですか。
先日大阪の桶谷さんから電話で、ジャイアンツや一ノ瀬はまだポールは張れていないと、スキーは今年は未だ1度も乗っていないと言っていました数日前の話です。

ポールは止めて静かに滑られっるようでしたらいつでも連絡くださいと言っていました。

それにしてもふざけが度を越していますね。

メールが来たよと誰かが言ったんですね。

高橋さんと杉本さん大きく担がされたんですね。

投稿: HIRO。 | 2015/12/30 13:21

おはようございます。

年も押し迫ってきました。
お元気そうですね。

スキーにまつわる
不思議なお話。

南さんならではですね。

私も鹿沢でインストの
お手伝いを
させていただいてます。

お風呂は、
鹿沢館のとなりの
鹿鳴館を利用してます。
(ちょっとややこしい)

温泉もいいところですよ。

投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2015/12/30 04:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻のメールが:

« 前立腺癌に成って見て | トップページ | 越すに越せないという大晦日 »