« ノーベル賞グラス | トップページ | 雲陵会のやや古そうなのが »

井草八幡宮で、癌消える願掛けに行って来ました

忘年会を兼ねて。

井草八幡宮に行って来ました。

雲陵会のお札返しでこの所毎年集まっています。

Img_1167

今見るまでは菊の御紋だと思っていましたが、デンデン太鼓で。

思ったより大きな神社でした。

 

私は癌が消える様に、願掛けでしたが賽銭10円では消えないか、まさしく神頼みですね。

神はお金では無いのでは、金で頼みを聞くのは、自民党ですよねだから賽銭は音がするので10円は投げました。

癌が引かなければ、地獄の沙汰も金次第ですかね。

結構集まりましたよ、でも横を見ている方も何人か。

現在は雲陵会は女性が沢山集まっています。

でも直ぐには止めないで何とかつながっています。

昔は高山不動でしたが、車でしか行けなかったので、此処は西荻青梅街道、荻窪からバスです。ですから集まります。

来年はもう少し増えますよ。ウーちゃんも石橋君も藤君も見えませんでした。

まだまだ居るんですよ。

私の方はもし神が見放されなかったら来たいですね、賽銭は少なく、新年会費は多い方が好いのでは?こちらの方が御利益が有りそうです。

賽銭箱に投げるなら、若い会員たちが喜ぶのでは、でしょう武藤君。

Img_1171 Img_1166

面々はこんなところです。

帰りに近くのお蕎麦やさんで乾杯、予約してありました。

さらに荻窪で。

山の専門店フレンドに10人程が押しかけました、店主の大坪君が昔渋谷の家のお店で番頭さんをやって居た方です、フレンドは渋谷の店の3倍は有る立派なお店でした。

あっぱれですね、だってスキーと山の専門店、東京地区で70店舗は倒産やなんかで殆どが消えました。
私の商売で鍛えた彼は私の所と同じで生き残りです、5軒ほどは残っていますよ。

奥さんともどもひさい振りでした。

帰って見ると、


札幌の兄の所から、毛ガニが届いていました。

Img_1177

さて冷凍ですが半分にでも割って仲良く食べますかね、毛ガニは久し振りです。

冷凍を戻してむしるのが美味しいのでは?

今夜は蟹は見送って、紅サケのお茶漬けですね。
ワンパック3切れでした、一切れは半分ごっこ。

Img_1178

蟹も紅サケも癌にはよさそうです、癌が消える食べ物に出ていました。

皮も美味しいのですが、止めておきます、焦げは最悪なんです、スルフォラファンもタップリ入れました、減塩塩の塩加減もわさびもバチリでした。

癖に成りそうです。

この本売れていますよ、4年間で14版です、癌様様ですね、完璧は私には出来ませんが、参考にはなります、迷った時の、2者選択は選べます。

スーパーでどうせ買うなら癌が消えると有る方を買います。

キャベツと人参ブロッコリーの芽蟹モドキサラダは毎朝戴いていますが、二人で大き目のサラダ入れに1杯です。


|

« ノーベル賞グラス | トップページ | 雲陵会のやや古そうなのが »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井草八幡宮で、癌消える願掛けに行って来ました:

« ノーベル賞グラス | トップページ | 雲陵会のやや古そうなのが »