« 今夜もお茶漬け | トップページ | フコイダン »

癌の免疫抑制を解くのがカギか

問題は『抑制』 解除効果

を解くのがカギのようです

多くの医療者が取り組みはじめる免疫抑制の解除

患者さんの体の状態という点では、先述のように免疫抑制と患者さんの栄養状態や全身の炎症反応は密接に関係しています。栄養状態が悪い患者さんは、炎症反応が高く、抗がん剤の効果が乏しく、予後が悪いこともわかってきています。

まだヒトで証明し切れてはいないものの、栄養状態や炎症反応を改善することも、免疫抑制の改善につながる可能性もあります。とりわけ、栄養状態の改善は、がん患者さんにとって負担が少ない方法です。したがって、がん患者さんに適切な栄養を摂取してもらうことが、免疫機能の回復を図って治療効果を増強させる、という治療の方法も注目され始めています。

現在、従来の「免疫の活性化」だけを重視するのではなく、「免疫抑制の解除」の重要性も多くの医療者に認識されるようになってきました。こうした基盤が構築されたうえで、がん治療の効果を高め、より多くの患者さんにメリットをもたらすことを目指して、免疫抑制を解除する研究は積み重ねられているのです。

此処で出て来るのが、アラビノキシランという養分です。

此れは何か、

本で調べようと探すんですが、見当たりません。

私は小林製薬の「椎茸菌糸体」という癌に効くと言われている、サプリメントに含まれて要ると

書いてあったのです。

素直に買えば事済むんですが、月に8、260円掛かるのです。

此処に(椎茸菌糸体)に含まれて要るβ―グルカンは、イイストキンや舞茸からも取れています。
一番沢山含まれて要るのがリグニン(ポリフェノール】で50ミリです。

仮に、DHCで150ミリノポリフェノール買うと一月分1350円です。

バラ馬エアに買った方が、可成り安いと思うんです。


後はβ―グルカンとアルファーグルカンが僅かずつで(6ミリ)です、他にシリガン酸と
バニリン酸も僅かですから。

問題はポルフェノールとアラビノキシランです、

小林製薬に電話では、相乗効果で免疫抑制を解除?すると言います、相乗効果だと言います。

アラビノキシランはそれほど多く無くリグニン(ポリフェノール)がほとんどです。

其処でリグニンは分かりますので、アラビノキシランですが。

アラビノキシランもトウモロコシや、米ぬかからも取れるんです。

これは私が始めから飲んでいた、IP6では無いか?と思うんで、IP6は別名イノシトール6リン酸とも言います。

一応別物としましょう。

此処ではアラビノキシランと言うのではないか、(私の推測?です)

ならばβ―グルカンとIP6を飲めば、同じではないかと思うんです、ポリフェノールは加えられます。

ポリフェノールはリンゴやレモンゆずなど至る所で取れますしサプリメントでも安いです。

勿論、未熟りんごのポリフェノールは値段が高いですが養分量は、普通りんごの10倍です(月に2200円)ですが、小林製薬は50ミリですから、DHCの安い方で3倍入っています。

発表はしていませんが、シイタケから採れる「レンチナン」も抗癌作用が強くサプリも有るようです。

此れも小林製薬に聞いて見ますかね。

どちらにしても100パーセント効くは無く、IP6も抗癌剤との相乗効果でより効くとは有り利くとはあります。
椎茸菌糸体は月に8265円ですよ。

数値から言と、私が呑んでいるIP6は高いです月に5000円しますが、安いのも有ります。
アメリカの外のならもっと安いかも調べて見ます。

癌に成りたくなかったら、肉では無く、玄米やトーモロコシ舞茸キャベツという事ですかね。

度の癌も掛かってから、高いとか安いと言っても、間に合いませんね。

癌になる前に食べ物を選ぶのが第一です。

少なくても魚や肉の焼いたやつには、レモンかビタミンC を掛けるか飲むかで、癌から逃げられますよ。
前立腺がんはそれだけでは掛かりますよ。

塩と油特に肉の油が敵です、野菜果物、豆は、全粒粉、癌が嫌なら、これらと仲良くでしょうね。

例えばですよ、鮭を焼いて、焦げたところは勧誘は油剤でレモンを掛けると、まか不思議

癌誘発剤は消えるんです。焼き肉も同じですよ。

孫と焼き肉に行くときは,ビタミン Cを忘れない様にしよう。

我が1族の為に。 

|

« 今夜もお茶漬け | トップページ | フコイダン »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 癌の免疫抑制を解くのがカギか:

« 今夜もお茶漬け | トップページ | フコイダン »