« 馬油自体が | トップページ | アマランサスとチアシード »

孫の初夢を買う

このタイトル素晴らしくないですか?

掛け合い漫才の題名では無いですよ。

元日の夜の食事に出たんです、此処までは知っていますよね。


勿論お年玉は家に来た時に家内が渡しましたよ。

この家内が、が問題なんです。

上の孫にはね「馬油クリームを上げて有ります。

下の子がサッカーをやって居ましてねゴールすると御褒美を上げる事に成っていたんですがね、作年後半は1度もゴールが無かった。

御コズカイを上げられない。

お祝い事は全てが家内が上げるんです。

ですから私の手からは殆ど上げることが無いんです。

貰ったほうはどう考えているかわ解りませんよ。

でも私も孫に上げたいのです。

懐はスキーを止めた事で、余っているんですよね、大好きな趣味を絶たれるとそんなものです。

自分の医者は全て私が払うんですが、最近はガソリンが要らない、高速もいらない、サプリメントは私ですが月に掛かっても2万でしょう、ですから余るんですね。

そんなことも有って。


食事を済ませてね、彼らはパーキングの薄暗い所で我々がレジを済ませて出て来るのを待っていたんですが。

夕べの初夢にね「左足でゴールを決めた夢を見たんだよ」

本人では無くか―さんが言うんです。

私はね、「良い初夢だったね」夢にまで見るという諺が有るように、彼女出来ないゴールにかなり神経を使っていたんだな?

中々夢には見ない物だよ。

私なんぞはスキーや山登りの夢は1度も見た事が無い。

外国で迷い道にはまった夢は何度か見ましたが、。

それが孫の元旦の初夢。


「よしその初夢じいちゃんが買った」

向こうのカーさんも父さんも、「それは無い駄目だ」と一斉に断りだした。

買ったとは言ったものの私はポケットに手を入れたが、お金が無い、。

賽銭の10円玉もカーちゃんから借りたばかり。

何時もは1円、孫は知っていて「今年は10倍払うの?

「うん癌が消えるようにな、借りるのを見ていたな」
にんまり。


其の内に家内がレジを済ませて出てきた。


「チョット貸してくれ、ちーちゃんがね初夢に左足のゴールを決めた夢を見たんだってさ。

その夢俺が買ったのでお金を払うんだ。」

細かいのは無いという。

ジャー仕方がない、此れで行こう、

「半分ごっこだよ、此処では割れないから後でカーさんに割ってもらいな、リックンはチーチャンの初夢のおこぼれだよ。」

嫌だというのに薄ぐらがりで無理やり渡しました。

家に戻って、家内に「ハイ返すよ」、

と言って渡したら、「あら返してくれるの」返さなくても良かったかな、さっさと家内はしまい込みました。

あーいい正月だった。

文字道り『夢を買った』話でした。

|

« 馬油自体が | トップページ | アマランサスとチアシード »

「エッセイ」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくね、夢の話面白かっでしょう?

あんなのは年に一度も出ませんよ。

今年もケチるところはケチって、出すところもケチって。

癌とも戦て、

私の感受性は人並み外れているのかな、人並みなのかな、

馬油クリームは、素人には分からないひどい指の皮がどんどん

剥ける皮膚病が直りだします、
皮膚の万能薬並で、薬では無いんですが、

訳が分からない皮膚病はあれに限りますね。

直らないのはおつむの中かな?頭でも皮膚はなおるよ。

(笑)時々コメント願います、えらい励みになります。

投稿: HIRO。 | 2016/01/04 12:28

おはようございます。

お正月に、
夢のあるお話し
読まさせていただきました。

さすが南さんですね。

今年もブログ
楽しみにしてます。

投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2016/01/04 04:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫の初夢を買う:

« 馬油自体が | トップページ | アマランサスとチアシード »