« おむつの1夜を過ごしました | トップページ | 手作り発芽玄米は大当たり美味しい »

旭川からやって来た玄米

昨日旭川からやって来たお米です。

以前岩原さんにも探して戴いたお米です。

このお米の私の出会いは

札幌の「なだ万」です。

何年か前、札幌のパークホテル(いつも使うホテル)で

食べたんです。

Img_1407

とりあえず3キロ。

なだ万は、一人1万2千円程の夕食ですから。

料理は吟味しながら(笑)食べます。

此れは何ですか?ってね。

初めての物や、

判らないものが出ると、

店員さんに聞くんです。

食事の最後の頃に

白いご飯が出たんです。

ところが、

一口食べると、

今までのご飯(まー、まーの無洗米、多分コシヒカリ?)

とは比べ物にならない程、

美味しいのです。

ご飯に粘りが有ったんです。

ご飯は、普通は、

見ればご飯と判るんですから、

普通は聞かないんですが。

あまりの美味しさに、

つい聞いたんです。

判らない料理を聞くのが、

私のステータス?みたいなものですから。

今回だけでは無い、

なーんでも、聞くんです。

私:「このお米美味しいですね、何処のお米ですか?」

ウエイトレスさん:「旭川のお米で、おぼろ月です。」

すっかり忘れていたんですが、スキー友&メル友の

イワッパラさんに、調べてもらったんですが、

「分かったけれど、netが繋がらない。」との事でした。

私は何とか玄米を食べようとしています。

美味しく食べるには、

美味しいお米の玄米を食べるか?

糯米玄米を混ぜるか、薄皮を剥いだ玄米か?でも美味しいだけで駄目で発芽玄米の無農薬が良い訳です。

無い物を一つずつ、クリアーしなければならない

まづはテストからと言う事で、前に書いた事はテストしてみた。

その間に本命の、「オボロ月」を探そうと言う魂胆。

「おぼろ月」は見付けたんですが、
発芽玄米は無く、低農薬玄米という事。

値段は5キロで手取り3150円、

思ったより安い。

所が手が掛かる、

ヨーグルト器で発芽させることに、

ヨーグルトは対流が無いでしょうが、水は有るでしょう?

細菌が出ないように、銅の金網と、備長炭を3個<PINNPONN玉の半分)でセット。

出来上がれば、おぼろずきの発芽玄米(無農薬)

大袋のほうにも、備長炭を3欠け程。

袋の中での僅かな空気の対流を期待。


日本には私だけの(美味しい無農薬発芽玄米)

低農薬から、更に私流。

銅の網と備長炭で24時間、漬けた水は中で対流が有るでしょう。

温度を30度に保てば、中の水は回っているはず。(笑)所が手が痛いのでこれまで。

|

« おむつの1夜を過ごしました | トップページ | 手作り発芽玄米は大当たり美味しい »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74876/63604055

この記事へのトラックバック一覧です: 旭川からやって来た玄米:

« おむつの1夜を過ごしました | トップページ | 手作り発芽玄米は大当たり美味しい »