カテゴリー「スキーエッセーと絵画」の記事

写しそこなった風景

私は 風景写真家ではなく どちらかと言えば 絵画取材用写真

のことですが、今回3日間のスキーの間に 素晴らしい 風景が

出たんです 普通は スキー場では中々絵に成りそうな風景は

出ません、ところが今回 偶然に 吹雪が晴れて 磐梯山が出たんです

此れは昨年も出たので 今回も昨年のように 30分ぐらい出たんです

昨年は リフトの1番高いところで出たので 写真は撮りましたが絵には

成り難い磐梯山でした 今回は 一段低い所から見えたんです、

此れは 珍しくは無いんですが 時間的に 素晴らしかったのです、

それだけならば 諦めますが、前傾の人物像が 2度と無い動きでした

それで 未だに 残念に 思えるのです、しかもポケットにはカメラが有って

「良いなどうしよう どうしよう此れは絵に成る」と見ていたんですがなぜか

写せなかったのです あまりにも 素晴らしい 前景だったのです。

ですから 今回の風景を未だに忘れられないのです、非常に残念でした、

今考えるのに、なぜあの時カメラを出さなかったか、たとえ旨く写らなかったとしても

シャッターを切っていれば 諦めが付いたはず。

此れを逃しては チャンスは又来年を待つしかない、でも前景の同じ構図は

現われないだろうが 来年又行ってチャンスを 狙おう、

そんなスキーになるのでは、現われないかも知れないが、

私の頭ではあの時の前傾の人物の動きは 留める事は出来ないので

やはり写真に頼るしかなく、今一度 前景にいた高橋さんを

追うしかない高橋さんが良かったのです。

スキーも 大事ですが あの時の1枚はまさに つり逃がした

大きな魚のたとえが 未だに頭にこびりつくのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

怪我でも 転んでもただ 起きない

私が買ったのではないよ、
ヤフーのニュースに出ていたの「シトロエンのEVコンセプトカー スルブオル」 とか言う車でした、
乗って見たいね、電気だね、余りのかっこよさについ。
私のボルボもかなりボロボになってきたからね、株が上がったらの次のターゲットに考えておきましょう。
とはいっても たぶんですが 4千万はするのではないか、普通?のスポーツカーがシトロエンは 2500万はしますからね家が先ですね今度は 地震に強いやつね、重量鉄骨で太陽パネル付き、すかね。
2010031010
こんなやつに乗って下の写真のような橋の上を走りたいね、後ろにスケッチブックを載せてね、スキーは積めないね。軽井沢へゴー。

この怪我の日を入れて11月から 延べ 53日滑った事になります、月平均10日ですね昨年と同じペースです。
Img_0867jpg

素材を生かすも殺すも 腕次第 絵は素材が大事 此れが良いと、腕は悪くてもなんとかなるが、素材が悪いと
頑張っても 中々良い絵に成らない、したがって素材を見つける写真家の目と行動力が物を言うのです、

したがって優秀な?カメラマンが 絵を描くと 全てよしとなるのです、だからと言って、写真の通りには書きませんよ、うるさすぎますから 省略します、写真も省略の世界と思いますが、絵は絵空言というように、空言なんです、でも何かを描いてこれが 部屋の飾りになるかなーと思いながら 描くんです。橋だってわざわざ遠くから

見に行く方がいるんですから、更に私のように理想の姿を捉えに行こうかなという人も 居るんですから、この絵が有れば 他の人でも飾りたいと

思うかも知れない そんな人が私以外に居るかも?此れが私の絵の原点?です さて。 

この橋は 朝日が右側から当たれば 更に綺麗に見えると思います、旨く行けば バックの山肌に雪がいくらかでも有れば 更に効果的では?此れは狙っていくしかない、こちらを朝の4時に出られれば 条件次第で
行く事が出来ますが たいてい 安い高速代をねらって 日曜夜 12時通過で1000円で行くので、朝の橋を見るには 更に1400円は余計にかかります、からといって、必ず朝日が当たって新雪がある、などお金を掛けても この条件に当たるか?それが問題です、でも狙っていれば其の内に当たるかも。

結果は今回の昼の旧道を下がったことによって ある程度のことが見えたと言う事です、スキーの(怪我の)副産物ですがね、私にはこちらも大事なんです、(絵の取材で)どうせ描くなら良い条件でがモットーです。

桜は 4月の中ですから、カルスキは終わっていますから 望みは薄いです、其の頃は 丸沼か 三つ叉です、こちらを偵察すると丸1日潰れます 必ず咲いているとは決まっていませんし、桜は他にもあるでしょう、山屋としては 遠景の裏妙義も魅力ですがね そんなこんな考えながらシャッターを切りました。
欲が深いですね、でもそれが私なんです(笑)
Img_0870jpg


今回は 怪我で早々と尻尾を丸めて引き上げました、ところが明るい内に旧道を走る事は先ず無く
かすんではいましたが 絵の取材に成るのではないか?と写真を撮りながら理想を夢見て下りました、

素晴らしい桜の木がありました、未だ花は咲いていませんでしたが バックが裏妙義で古い建造物や民家があって逆光でしたが、此れが桜が5分咲きになったら、素晴らしいのでは、少し上にはダムもありましたが、ダムサイトまでいかなかったのでカメラポジションが無く、絵には成りそうも有りません、アーチ橋は素晴らしいのがありましたが、此れもこのままでは絵には いかがな物か?家内は「良いじゃない、」と言ってましたが。

皆さんの腕でもう1度確かめてみたら、私よりは腕が良いのでは?きっと1腹の絵がつかめるかもよ、
スキーだけなら 中々昼に旧道は走りませんが、絵か写真が目的なら この桜は見事だと思います、

裏妙義の連山のシルエットも見事ですし杉の木立も良いです。桜、民家、杉、山、4っつそろっています
Img_0851jpg
怪我の前 此れでも朝は1番に滑るんです、あっせつ車の跡はとても気持ちがいいですよ 2本とも私のシュプールでした。
次が花の無い桜Img_0880jpg


こちらの方が良いかも?夜走ると分かりませんが 絵が好きな私としては此れもいいのでは?
もう1枚縦でも良いですよ、
Img_0891jpg

橋は話には聞いていましたが 赤レンガの良いアーチ橋ですね アーチ橋は珍しいですね、昔の信越線の橋ですね、上に上がる新しい歩道が出来ています、私は足が痛いので車を止めて降りるのがやっとでしたから上がりませんでしたが きっと素晴らしい眺めが待っているのでは。写真の桜は此処橋よりやや下です。


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

丸沼高原ー3

続きを読む "丸沼高原ー3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

丸沼高原ー2

続きを読む "丸沼高原ー2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

丸沼高原スキー

続きを読む "丸沼高原スキー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ペンション なちゅらる

続きを読む "ペンション なちゅらる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今夜は雪ですね

今夜の雪は 富士山にも降るでしょうね、旨く行かないものですね、明日は
富士には スキーにいけないんですよね、明日は絵画教室です、
 ですから行っても
狭山です、国立から狭山は案外近いんです、新しい雪で滑りたいですね、
また絵の帰り仕方なく 狭山へ行こうと思ってます。
11日からは志賀高原です。

年賀に使った絵の画像が出てきたので 出しますが、前に出したような
気もするんです、少し大きく出しますので(年賀では上場をかなりカット
しましたから、この絵がほとんどカットしていない絵です)
木のこずえと空が出ています、 もう1度ご覧ください、絵は
何度見てもいいものです、壁に飾ったら5年も10年も毎日眺めるんですから
この絵は「スクールホーユー」と言うグループの10周年記年号にも出ます、
Img_0049jpg


年賀では 評判が良かった絵です、53センチ×45センチの「護摩斑岩流し技法」で 
羊蹄山です。
前の白ヶ門の絵は いかがでしたか?私は近年に無い良い絵だと思っている
んです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

富士天(富士山の天神スキー場、河口湖側)

続きを読む "富士天(富士山の天神スキー場、河口湖側)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|