カテゴリー「絵画」の記事

昨年の東北の旅

下北半島の 恐山(大尽山(おおつくしヤマ)?読み方が解らない の絵が出来ました

恐山よりは おおつくしやまの方が 聞こえが良いかな?とおもってさ、Img_1928jpg


日本画 「胡麻符岩流し技法 8号のPサイズ(45,5センチ×33センチ

値段ですか 此れは8号だから本来は 64万ですがPだから
Fよりは少し小型ですので6号

の値段で行きましょう、成らば  48万ですが6号よりは大きい 

あいだを取って「55万」で如何ですか?。

ノート型パソコンの方は 画面を倒してご覧ください、色が綺麗に出ます。

勿論額装付です、空と山はだが、特徴的胡麻符が良く出ました、

でサインがなくても私の絵ということが分かる絵です。

このような だれだれと解る絵が 良い絵なんですよ、サインが

なければ 誰が描いたか、解らないのが 現在の絵に多いのです、此れでは

値打ちが出ないですよ。(笑)

誰にでも描けますからね。

絵の値段に明るい方に聞いてください。

大抵は サインがないと 高くて3万ですよ 100年立ってもね。

其の点 私の絵は 特徴の有る描き方で 何万と言う数の中からでも

私の絵は直ぐに誰でも分かります。

どうせ飾るなら 世界に此れが一枚、しかも作者がわかる、貴重品?の部屋飾り

ですがね。
問題は作者が誰かですから作者の目と自然からのトリミング 絵を作る

感受性、此れが絵の価値を決めます、決めるのは私ではなく お客さんです。

幾らなら買いますか?此れに近いですが、初めて買った人が私の絵に値段を

付けた人です、後は モット高くても買います、この方が値を吊り上げた事に

成ります、安ければ良いではなく、この人の絵なら 此れだけ出しても欲しい

此れですね、だから私を高く評価していただいている方この方が値を付けるんです。

私の絵を気に入ってね。

この私の「胡麻符岩流し」技法は 私が付けた名前ですから他にはないんです。

日本画の大家に聞いてください、私の師、小滝雅道先生「ネットで出ます」に聞けば何とか

解りますがね 。

只の岩流し技法の方は居ますよ、此れを駆使したやり方なんです、

安い絵が欲しかったら それは他にたくさん有りますから、でも 孫に

捨てられますよ、息子かな?

それを大事もっこに飾られる方 カレンダーの方が宜しいかと。

私の絵は クライマーの目で捉えた風景です、此処も他の絵とは 違うんです。

多分この絵も見たことがないと思います、400年以上前から此処の場所は

人が見ています、でも時点を変えないと 此処には立ちません。

其処が私なんです。

違いを 強調しましたが 同じので宜しかったら 凸版印刷で 宜しいでしょう、

シルクスクリーンでも 300枚は出ますよ。

私のは 絵ですから 世界にこれ1枚ですね。

商売の家は別として 普通の家に飾るのはこのくらいでしょう額装して飾ると大きいですよ。

話変わりますが 今夜伊勢丹へ行ったんですがついでに肉売り場

を見たんです、

ステーキ用霜降り和牛、100グラム2000円でしたよ 先日

食べた近江牛のステーキは 確か230グラムで1600円

でしたから、やはり安かったですね、指し方はいくらか違いましたがね

同じ目方で4600円ですね。

此れでもステーキやの3切れよりは 大きいのではね。

帰りに、ブルーマウンテンのコーヒーを買ってきました

パックコーヒーが無くなったんです、なぜブルーマウンテンか

此れはいつも此処を覗いている方は分ると思いますが、

スキーで合う ブルマンさんが自慢が ブルーマウンテン

なんです、あのスキー場で戴いた味が 家で出ますかね、

美味しかった。

でも値段を見て驚き、100グラム2000円でした 10杯分だそうです

此れが あの高いと思った 霜降りステーキと同じ値段だから、

コーヒー1杯 200円で10杯ですよね、

もっとも肉は4600円

同じ100グラム2000円が面白いですね。

キッチンコートのお買い得は 当たりでしたね、安かったですね1食

の夕食としては 安くは無かったんですが、又あそこへ行って

多分覗くのでは?今度はどんな面構えの肉が幾らで 出ているか?

お陰さまで最近良く爪が伸びます、まさかステーキ1枚では爪は伸びませんよね

食いすぎだね。

明日入れてみますが、今夜は眠られなくなりますからね、

高価なブルーマウンテン 楽しみに寝ます。

ブルマンさん読んだらコメントください。(笑)

同じ中南米で100グラム1100円のやつも有りましたが

次の機会ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

嬉しい商談成立

有難うございます、返事は其の後直ぐに ブログのコメントに出してあります、

他のかたからも、此れに関してコメントが有ります、

では発射させていただきます、宜しかったら ブログに此れを張らせてください。

北: 峠の夕焼け.夢でしたから。

> :お世話になります。
> 「竜飛崎」で、ある。無しは。僕には関係無いのです。
> 前にも申上げましたが、初めて銀座の個展を
> G登攀の藤田に誘われて見に行き、物凄く
> 感銘を受けました。以来、なんとか手に入れたかったのですが、
> 薄給の私には、手が届きませんでした。

> ある時、三宅さん?磯部さん?が、僕は買って、絵を持ってるよ。と言われ、非常に
> 悔しく、嫉妬した事を強くおぼえておいます。r

> ☆南さんから、返信無く、正直、これは拒否されたと受け取るべきと随分考え
> ました。
> 何はあれ、我が家に南さんの絵画の弟1号が飾られるだけでも
> 今夜は、僕の最も不好きな日本酒張り鶴の「大吟醸の金ラベル」で
> 乾杯します。嬉しいご連絡、誠に有難う御座いました。

北澤徹"
> Subject: 峠の夕焼け
>
> 北さんへ
>
> こんにちは 絵 買っていただけるとのこと 有難うございます、
>
> 所がこの峠は>                               北澤徹。

竜飛岬ではありません、私はまだ 行っていません(笑)ですから
>
> 其のはずが無いんです 夢を壊してどうかな?と思いましたが、後でばれては
>
> 人を見られますから、先に言っておいたほうが良いのではと思って、
>
> 夢が壊れて 商談が壊れるのが恐いですが、絵そのものがお気に入りなら
>
> 壊れる事は無いと思って、、、、、、
>
> この絵は 309号道だと思いますが 此れは定かでは有りませんが
>
> 東北道の鹿角(カズノ)から 森吉ダムの近くの「木へん に山」 なんと読むのか
>
> 解らないが の湯に行く途中にある小さな峠です、
>
> 旅行の計画を立てた人に聞いたんです、調べて見ましたら 
>
> 「トマの湯」だそうですが 私のパソコンには有りません。
>
> 次の日は森吉山を登ったんです、
>
> これから額装に行きますので、良悪の返事願います、返事待ってから行きます
>
> よろしく、
>
> インタビュー がありました「PEKS」山岳雑誌 ですが今月25日発売と聞きました
> ので
>
> 買って 応援してください(笑) カラーページ5頁の特集です。
>
> この本にも この時の 取材の絵「縫道石山」 が出ると思いますが 此れは12号
> の大きな絵です、
>
> したがって値段も 高いです(笑)北さんには 高い絵であれば衝立の絵のほう
> が、、、、、、、は


追加  本の取材はG山想の寺倉さんの息子さんです、今までの取材の中でも

大変気に入った 文章です かなり忙しいらしいです。

お陰で嬉しい事が重なりました。
>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

昨日は1日

絵画教室でした
NHKの 本校です すでに 習いだしてから 20年になりますね

20年 授業料を払い続けていると言うことです 2時間2500円

ぐらいですかね月に2~3回ですが 私は午前と午後受けています

勿論先生も 二人です、一人は絵全体に 一人は 部分的に指摘

されますから 困ることはありません、 先ず1回も同じ箇所の違う指摘

は無い物です、勿論 教室の仲間でも上手い方には 見ていただきます

3人とも変わった所の指摘になります、私は全部直します。

ですから私は 音楽のプロデューサー見たいな物です、

此れを同じ絵で何回も受けます、昨日は 先生のOKが出ました

中々OKは出ません 家で書き込んで 学園?で見ていただき 此れを

何回も繰り返します、表現方法は自由ですが、一寸見た目には

先日此処に出した ピエトロの絵に手を4時間も加えたとは

分らないでしょう パソコン画面では発見が難しいと思います

かなりの違いが有るはずです、4時間僅かずつ手を加えるということは

かなり変わっているはずです、此れでも午前中の先生のOKは出ていません

次回は新しく書き出した絵を大体仕上げて 一緒に持って行きます、

此れを毎回OKが 午前の先生からも OKをもらうんです。

此れを20年繰り返しているんです(笑)結構大変ですよ。

参考までに 両方出して見ましょうか。先に前の写真を出しますね、青っぽい方、
Img_1264
此れが前回出した 絵ピエトロの写真です 次に出すのが 先ほど写した手を入れた先ほど写した

写真です。中央にだします 、午後からの先生のOKが出た絵です 得と比べてください、

こちらはあれから4時間 手を入れて有りますImg_1301

一寸写真の失敗ですね カラーバランスが違いますね 写しなおして交換します、
今度は大体カラーバランスが合っています 全体の色目は未だライトの

関係が 前と違うんですね、 カラーバランスの違いか

ライトの違いですね。さー4時間の違い得とご覧ください(笑)

絵はかなり何箇所も手を入れてもこんな物です、ですから 自分では

言われるまで 中々発見できないんです だから習うんです、

必ず何か言われます、

直すと「あー楽に成りましたね」と言う言い方です最後に OKでしょうか?

首を立てに振ったら OKですね、中々OKが出ませんよ。

見る人によっては 「大した違わないじゃない、」此れでも直に絵

を見ると誰が見ても違いますが ブログの 絵では 分らないと

思います ですから ブログのしかも素人写真では絵は20パーセントです、

最後の4時間の修整はこの20パーセントに入ってしまうんですね。

大体の 構図や色が分る程度なんです、見ないよりは分ると言うところですね

でも「絵をやっている 」此れだけでは まったく分らないですからね ネットでも見れば

細部は分らなくても イメージは分るんですね、なんと言っても 良く分るのは 

展覧会でじっくり見ることですね(笑)


| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

光彩が無事終わりました

続きを読む "光彩が無事終わりました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ラミネート マシーン(パウチッコ)

続きを読む "ラミネート マシーン(パウチッコ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

絵のサイズ

続きを読む "絵のサイズ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

チカちゃんの運動会で見たリックンの絵

続きを読む "チカちゃんの運動会で見たリックンの絵"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

続いて1の倉の出会いとコップ状岩壁

 1の倉沢旧道出会からの絵で8号45,5×38㎝です
Rimg1031


下の絵は 1の倉沢内部の 略奪点からの コップ状岩壁です

この壁は 初登に破れ第2登に甘んじた壁ですが

続きを読む "続いて1の倉の出会いとコップ状岩壁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

続いて絵でいきます

Rimg1036


昨年山渓に出た エッセイの時の小川山の取材です時は新潟地震の日でした。

今はノーカット版が G山想に掲載されています、ウンチクの有る絵です、
 矢張り 岩流し技法の日本画で
大きさは同じく76,5×55㎝です、 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007 「光彩」日本画展

いつもの様に グループ展をやります
光彩展も 13回を迎えることになりました
是非ご高覧賜りたく ご案内申し上げます

日にちは  4月5日(木)曜ー4月10日(火)

ギャラリー「悠」(ゆう)JR中央線 国立駅
南口3分

11時ー18時・/最終日17:00分まで

東京都国立市中 1-9-38 
TEL042-575-2051

駅前から見て右斜め前 マクドナルド 脇はいるとすぐ左10メイトル。

私は土日には出てますが 連絡頂ければいつでも行きます

連絡は 0424ー83ー4168か メール叉は此処のコメントで願います。
私は4点出していますが1枚はウインドウ越しに外から見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|