カテゴリー「登山 旅行 喰」の記事

この1件で600件の記事、今回の山で嬉しかった事

 
今回 私のもち版以外で スクールに役に立ったことがあります、

此れは 本来なら 私の仕事ではないんですが、私の思いつき

で 良かったな?と感じた ことでした したがって 上から言われた

事ではないんです。

一つは 帰りの急斜面を下りる練習に下り方をやったのですが、


上からは下に何人かいてください、とは言われたんです、


私も下に下りてみたんですが、雪渓の最後が 雪ノ下が

硬い氷になっていたんです、勿論 ぎりぎりではなく

3メートルほど 上でしたが、若し上からスリップしてきたら

立っている我々だけでは 止められないのでは、と思ったんです

此れはかなり前50年ほども前に やったことが有って、滑落してきた人間は

素手では止まらない事があったのです、

其処でだれに言はれた訳でもなく、我々の立っているラインにピッケルで

溝を掘ったのです、ドシンと尻がはまらないと 止まらないんです、

その場を見た私が 此れでは危険だと思ったので、

それなりの溝を掘ったのです、案の定、大半の人、10人以上

の人が、この溝のお世話になったのです、この溝に落ちた所を

つかまえるんです。

あー、溝を掘って良かったな、一人4回はやりましたから

160回やるわけですから、30人は溝の世話になったことに

成ります。

もう一つ、此れは 私は 特に班は持たされていなかったのですが、

偶然私の5-6人前の方が 始めてらしい 膝つきで(腰)下りだしたんです、

いかにも恐そう 、見ている方も恐そう、思わず私のピッケルを人手

伝いに渡したんです、「一寸待って」本来なら 80の爺 手伝ってもらいたい

所でしたが 私は何とかなるだろう、そう直感で渡したんです

行って見ると思ったより恐いんです、

此れは参ったな偉そうに ピッケルを渡して、

此処で杖が無くて スリップしたのでは

元有名登山家?何と言われるか分らないし、

転び様によっては

怪我をします。

このピッケルを貸した方から 嬉しかったと見え、真っ先に此処に

コメントを戴いた事です、

黙って見ていれば 其れはそれで済んだ事ですが

貸してあげてよかったな、今に成って事故にならなくて良かったな、

これらが今に成って 大変 嬉しく思いました。

俺でも 約に立てる。

更にかなりの方からコメントいただき 此れも嬉しく思います。

此れらが記事600回目の 目出度い記事に成りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南 博人  様

此れが写真メッセージです。

南博人 様

都岳連、松本です。18日~19日とご一緒させて頂き、ありがとうございました。
日本登山史に偉大な足跡を残された南先生は、私の子どもの頃からの野球の王選手や長嶋選手と同じ遙かなる遠い遠い存在でした。
目の前でお話を伺え、一緒に山を歩くこともでき、本当にうれしい限りです。
写真を送りますので、メールアドレスをお知らせ下さい。
本当にありがとうございました。

投稿: 4班リーダ- 松本 | 2011/06/20 13:01

此れはコメントに隠したのでは もったい無いですからね、

記事にさせていただきます、又 写真有難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何とか 中央アルプス 行ってきました

思ったより雪が沢山残っていました、全体から言うと、

大変良かった山行でした。Img_2952jpg残念だったのは やはり足が弱っていました、帰りには

ビッコ引き引きでした、特に新宿で 打ち上げ ご苦労会をやるんですが

此処が地下3階?で皆さん講師さんたちは、元気ですから、階段で下りるんです

私は痛い膝をかばって手すりで 半歩ずつ下りなければ成りませんでした、

いやはや 参りました、バスの長乗りは 痛い膝に効きますね。

今回の飲み代なぜか 私はおごりと言うことで 3000円ラッキーでした、

ビッコ引き引き階段を下りた甲斐がありました(笑)

Dsc019482011jpg


天気はご覧の通り、まずまずでしたが 登りは何とか登ったのですが

下りで 化けの皮がはがれました。

夕食前 私の出番がやってきました 例によって少し興奮してつい

長話になりましたが 私が80歳で 夢を追って頑張っていますよ、

岩壁の 初登攀は 良き時代に生まれたから出来たのではなく、

その他色々な 遺伝的な 他力の 力が 働いたんです、火事場の

馬鹿力的な、 自分の本来の力以外の影の力が出て登れたんです、、、、、。

等など、考え方としては。

オリンピックの金メダルは素晴らしいが 此れは4年後に記録は

ヤラレル運命にあります、ところが 岩壁初登攀は 後々までやられる

事が無い永遠に私達だけ、 と言う魅力を 当時他の方より強く感じて居たのです、

したがって時代ではなく 何に魅力を感じたか 此れでしょう、

ズームの焦点を、、、でしょう、

ですから今の時代に岩壁初登攀は 難しいですが だからと言って

無いか?諦めるか となると そうでもないですよ、、、、、、、

視点を変えれば 有るんですね、日本1?が

今私に出来る事 塗り替えられない 魅力、此れに挑戦しています、

此れがやられると 後は節は 90歳以上でとなります、細かく切って85歳

いずれにせよ又更に遠く逃げます、この私も85歳に成るかも?

それでも此れはこの様に 年齢の後進はあります 。

此処に永遠的?の魅力をおまけで感じています 現在の他の方はどうでしょう。

諦めているのか?何かの理由で 未だにいないのです

其れは何か?

80歳以上で スキーの「テクニカル」を取った方は居ないと聞きます

ならば と 80歳以上での最初にテクをとりたいのです、取るには先ず1級を取らないと

挑戦権がもらえません、ですが今の所 未だ駄目です、仕方なく

コブの練習をやっています、、、、、。

こんな夢は 時代ではないと言う話でした。

自分が手が届きそうな夢、此れを勝ち取る為、何をやればよいか

80歳になって 新たにコブに挑戦、此れは本来は無理な話なんです。

今回の山では  左ひざが痛いのでサポーターをはめて かばいながら歩いたのですが

今度は右ひざが痛くなりました、此れをかばって 本来痛いほうの左足に

力が入り 膝ではなく ふくらはぎ と太ももが 痛くなりました、

此れでは足全体が弱いと言う事に成りますよね、でもこの痛さは スキーとは

違う筋肉ですね。

何とか 頑張って 歩いたのであちこちの鍍金(メッキ)がはがれました。

Img_2967jpg


Img_2962

 先ほど 松本敏さんから 集合写真が届きました、もっと早く出したかったのですが

保存場所が分らなくなって 散散探したんです、やっと出てきました、困った物です。

早速使はせて戴きます 木曽駒ヶ岳山頂は 松本さんの4班です、
Dsc01947jpg


全員写真には スキーW-ルドカップ の選手の方もいらっしゃるとか

紹介してもらいたかったですね、他の指導員の話に寄ると、私のスキーに

掛けている夢の話で 新しく30歳での 夢と力を戴いたとか 、ちょっと 恥ずかしい

様な くすぐったいような、気がしました、何故なら 金メタルよりも 得がたい

初登攀の魅力を説いたからです。

でも相手は世界ですからね わたしの夢は日本です。

練習ではなく 世界を相手に やってみたいですね、岩登りは駄目ですよ。

まさか金メタルに近い 日本代表が いらしたとは、

3枚目の写真は 急な雪渓を下り終えて やっと一息付いた所

班は3斑が多いが 混ざっています。Dsc0195020111jpg写真でお分かりのような 私のO脚が 実は
スキーでは邪魔になるんです(笑)仕方なく靴の改良です。


さすがは 都岳連ですね、あんまり自慢できないですね。 

80に成っても それなりの 残された 日本1?を狙う、これは此れで

夢を見る価値が有ると見たんですがね。

松本さんからの メッセージ、気に入りましたので次の記事に

貼り付けて見ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日からは山です

18-19日は 東京都 山岳連盟の トレッキング特別講師

です。

中央アルプス 宝剣岳ーから 木曽駒ヶ岳。

私にして見れば 願っても居ない スキーの基礎体力トレーニング

です、此れが何がしかになる、喜びながらのトレーニング?

雨が心配ですが、ね 行ってきます。

雨ではなく 雲が多いと 絵になる取材が出来ます、一石3鳥?

夜は私の話ですから これまた、遠慮無しの自慢話、此れが

私の 主 な仕事なのです、(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中央アルプス駒ヶ岳

前の記事前夜に書いたばかりなのに

早速の電話

>大和田さんの様に何か稼げないかな。

面白くトレーニングしながらね。

面白いものです 翌日先ほど降ってきました。

先ほど東京都山岳連盟 の講師として中央アルプスの依頼電話

が有りました。

思いが通じたんですね?

日にちは 6月の18-19だと言う来週です。

此れこそが前に書いた お金に成る 快感が出るトレーニングです

待っていました と言うことですが 私は直ぐに80歳

に成る おじんです 校長の松本さんは 「足腰大丈夫か」

と念を押しての依頼です、「余り激しい歩きでなければ」

「例の中央だけど、」此処はすでに何回か講師で行っているのです。

此処ならだいじょうぶ、千畳敷きまでケーブルですから

歩く所2時間弱、大抵は 5月の谷川岳に声が掛かるんですが

今年は無かったんです 地震でやめたか?中央は 大抵11月の秋が多かった

所です。大体大型バス1台集まります。

此れこそが 望んでいる僅かですが お金に成る トレーニング?です、

夜の小屋でのミーティングで話をするのが私の主な仕事。

これまた 初登攀などの経験や感想を話すんです。

歩き方など 呼吸法も教えまし、準備体操も意味や基本も教え、

見えるであろう 南アルプスの名前なども教えます、高山植物もある程度

は教えなければいけないんですが 知らないので省きます。

一応3千メートルですから 普通に歩いては持ちません、呼吸法が

歩きに物を言います。

実際は私も 高山には弱いのですそこで呼吸法?を高山用?

に切り替えます、此れを私より弱そうな方の自分の班に教えるんです。

生徒より講師は経験も豊かだから強いと思い込んでいますから

実際はこの年ですから 生徒の方が強いです。

せいぜい呼吸で 家では台登りで補っているんですが、

この呼吸法をより弱い方に伝えるんです 弱い人居なかったら

困るなー 

先日のスキーの息子さんに教えたやつの、歩きながらバージョンですかね。

この都岳連の講師は まー講師と言うより 私を紹介して

こんな立派な?山歴の方の

お話を聞きましょう、此れが私の役です、早い話 歩く技術云々

より 夜の食後のミーティングで 客にサービスと言うのが

私の主な目的です。

話す内容はだいたいが同じですが 同じ方も何回か見えますので

幾らか アドリブを変えます、でもやってきた自慢話ですから

私にしてみれば 得意中の得意な所です。

でも私の話は高度な登攀の話ですから使っている言葉が

生徒さんに通じない事もありますから話の間に時に助っ人が入ります。

 話と言えば 其の後の7月の3日にも 座ざん会が 谷川のケーブル駅で朝にあります。

このときは4人で話を進めていきます。

この時に話が変わりますが

私の絵画個展も其処でやるようです、此れは7月3日のお知らせですね、

此れは歩か無いので トレーニングにはなりません ま 宣伝ですね。

しかし今度の中央は翌日も歩きますので 適当なトレーニングになるのです

しかもいくばくかの銭になります 此れは西調布から西調布まで あご付き

ですから、昼は持参ですが、いくばくかのこずかいには成るのです、同じ

山ですが 此れは 大和田さんの 鮎では無いですが、「やめられないよ、」

元々山登りが好きなんですから。

という嬉しいお知らせでした、もう少し足腰が強ければ、この講師は

望めば月の1度は有るんですが、私の足におえない山行が多いので

係りの松本さんは 私をおっかなびっくり 使うんです。

台登り40分では足りないかな、他のスキー屋には出来ない

美味しい登山講師が目の前に

ぶら下がっているのに、私でなければ出来ない仕事なのに

膝 腰 体力が 付いて行かないのが歯がゆく残念です。

でも1度でも2度でも 参加したいですね、此れで良しと

喜ばなければね80歳の歯がゆさですね。

全日本マスターズ優勝の島村さんの男体山 夏だけで20回

此れには及びませんが、私の方は喜びが有るんですね、此処は

大和田さんに近いですね 回数は桁違いですがね。

自分ではスキーの基礎体力のトレーニングが目的なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BELGHAUS-バグハウス

続きを読む "BELGHAUS-バグハウス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑山岳会70周年記念パーテー

続きを読む "緑山岳会70周年記念パーテー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恒例になった 紅葉と温泉とハイキング

続きを読む "恒例になった 紅葉と温泉とハイキング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有る投稿のコピー

続きを読む "有る投稿のコピー"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トレッキング教室の講師

続きを読む "トレッキング教室の講師"

| | コメント (0) | トラックバック (0)